さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

タイヤ交換の時に使うチューブ

Wiggleからの荷物 郵便局受け取り

Wiggleに注文していたGP4000S2を郵便局に取りに行きました。

Continental GP4000S2

箱の中。Wiggle|Continental - Grand Prix 4000S II フォールディングロードタイヤと、ブレーキシューR55C4。

タイヤ2本では送料無料の8000円にならなかったので、特に安かった訳でも急ぎで必要だった訳でもないブレーキシューも買いましたが3月から、5000円以上で送料無料(バイク・フレームは除く)に。

わかっていたら、3月になってから買ったのに…と。

MAXXIS ウルトラライトチューブ仏48mm

MAXXIS ウルトラライト チューブ 700x18/25C 仏48mm2段式も国内通販サイトでまとめ買い。

品薄気味の事が多いチューブなので。

され、これから、先日傷が入ったBASSO Viperのタイヤ交換作業なのですが、チューブをどうするか。

パンクしていないのだから、タイヤだけ交換して、入っていたチューブをそのまま使うというのもありかもしれません。
また、パンクに備えて携帯しているスペアチューブを使うのもありなのかもしれません。

しかし、下り坂でかなりの速度が出ている時に前輪がバーストし転倒落車したり、停車中にもバースト。
停車中にバーストなら笑い話ですみますが、もし下り坂や交通量の多い道だったら…。

タイヤ交換したら、チューブも新品にし、スペアチューブはあくまでも緊急用。帰宅したら新しいチューブに交換。
スペアチューブも1年をめどに新品と入れ替える。

まだ使えるのに…という気もしますが、タイヤ交換したら新品のチューブを入れる事にしました。

その前に0.6mm厚の軽量チューブを使うのをやめて重いチューブを使ったほうが…という気もしますがツーリングで全体のペースについていく事ができない現状では、やむなしといった所です。

ANCHORの完成車で使われているチューブも0.6mm厚のCST(MAXXIS)製なので、ウルトラライトチューブと同じもの。それほど気を使うチューブではない筈なんですよね。

熱海峠 箱根峠 大観山

TEAM 山武者の修行で熱海峠に行って来ました。
山は路面が凍結しているので熱海まで行って往復するという話だったので、参加表明。

ところが、湯河原のカオスバーガーがおすすめですよという話が発展して、なぜか、熱海から熱海峠を登坂して芦ノ湖、大観山を超えて湯河原、カオスバーガーというルートに…。

熱海峠 - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

そして、参加者はいつも鍛えている人…。今回は辞退しようかな?でも、ここで辞退してしまったらと迷いながらの参加となりました。
私と同じ位の脚力の人がもう一人いてくれるといいのですが…。

待ってもらう事が前提での参加だと、全体のペースをひとりで遅くする事になってしまいますから。

セブン-イレブン熱海中央町店

熱海に到着するも海でも観ましょうかという事もなく、熱海峠へ向かう途中のセブン-イレブンへ。

トレインに乗る事ができれば遠くまで楽に行く事ができる…のがロードバイクなのですがなんどもちぎれて頑張って追いついての繰り返し。
あとで聞いたら峠がひかえているのに熱海までの道も上り区間は全力で走っていたそうです。

トレーニングのじゃまをするのはまずいし、かといって無理してついていこうとして自力で帰れなくなるのもまずい…。

さじ加減が難しいです。もっとも計算して手を抜こうにもトレインは進んでいくし、熱海峠も普通に登るだけで脚力ぎりぎり。

熱海峠 分岐

分岐で待っていてくれた訳ですが…。ヘルメット取ってますもんね。
かなりお待たせしてしまったんじゃないでしょうか。

熱海峠 熱海峠

熱海峠。

ふくらはぎとハムの筋肉が痛くなり…。
下手に強く踏むと関節を痛めそうな予感がしたので、ここから先はだましだまし引き足だけで進むペダリングで。
まったく余裕が無い状態。

道の駅箱根峠

道の駅箱根峠。

道の駅箱根峠 ヱヴァンゲリヲン 第3新東京市専用自販機 綾波レイ 道の駅箱根峠 ヱヴァンゲリヲン 第3新東京市専用自販機 綾波レイ

道の駅箱根峠のエヴァ自販機。

箱根 大観山 箱根 大観山

大観山スルーで行きましょうという話だったのですが、写真を撮らせていただきました。
神奈川のTEAMなので箱根はめずらしくないのか、それともトレーニング第一だから関係無いのか…。

私の場合は走ったルートの写真をブログにのせたいからというのも…。

大観山から湯河原へ 椿ライン

椿ラインを下って湯河原へ。

湯河原 カオスバーガー 湯河原 カオスバーガー

カオスバーガー。あまり乗り気では無かったのですが、イタリアバーガーを注文したら上質な鶏肉のバーガーでした。
ハンバーグは食べたくなかったので、鶏肉で良かったです。

まだ湯河原にいるのに、参加者それぞれ筋肉のダメージを訴えはじめ。
どんどん先へと登って行く事のできる人たちには余裕があるのだろうと思っていましたが、追い込んで脚をけずっていたようです。

帰路は何とかトレインに乗る事ができたので、座間までは何とか。
離脱後、トレインも無く疲労蓄積、一人では速度を上げる事ができず15km/h。
朝6時出発、夜8時40分帰宅。走行距離210km。

より距離を走るには、ペースを一定に保ち無理をしないほうがいい筈なのですが、あえて脚を削る走り方。
峠ありのロングライドでインターバル走。

まもなく50代後半だしよほどトレーニングしない限り大きな成長は期待できない。いつまで参加し続ける事ができるのかわかりませんが、状況をみながら…。
ホイールを変えたらちょっとは違うのかな。機材の差も。

ただ、機材よりライダーの差のほうが大きいとは思っていて。
新しい機材を買ったらモチベーションがあがって練習量が増えてという流れもあるのかもしれないですね。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 9時間20分12秒
走行距離 210.21km
平均速度 22.5km/h
積算距離 49147km/h

PEARL IZUMI「コールドブラックレーサーパンツ」届く

注文していたPEARL IZUMI コールドブラック レーサーパンツが届きました。

PEARL IZUMI コールドブラックレーサーパンツ PEARL IZUMI コールドブラックレーサーパンツ

左右側面には空気抵抗低減素材「スピードセンサー」を配置。

PEARL IZUMI コールドブラックレーサーパンツ 大きな再帰反射

大きな再帰反射材。

PEARL IZUMI コールドブラックレーサーパンツ 3Dネオプラスパッド

3Dネオプラスパッド。150kmを超えるようなロングライドの時でも快適でした。

3Dネオプラスパッドのタイツが欲しくなってウィンドブレーク レーサー タイツも買いました。

コールドブラックアームカバー

コールドブラックアームカバー

ぎゃー。Lサイズですね。間違えて注文してしまったようです。返品手続きして、改めてSサイズを注文しました。
腕が細いので、Sサイズじゃないとずり落ちてくるんですよね。

PEARL IZUMI「コールドブラックレーサーパンツ」を注文

PEARL IZUMI コールドブラックレーサーパンツを注文しました。

昨年、試しに買ってみたら快適だったので…。上のクラスのパッドの良さを知ってしまうと戻れなくなってしまいますね。

50km程度の走行の時は安い3Dネオパッドのコールドブラックパンツ、ロングライドは3Dネオプラスパッドのコールドブラックレーサーパンツという使い分けになりそうです。というのも、まだ使っていないコールドブラックパンツが手元にあったりするからなのですが。

とりあえず昨年使ったコールドブラックレーサーパンツはあるのだからもうひと夏…でもいいような?でも、落車で少しだけ擦ってしまっているので…。

10%オフクーポンにつられ…。

PEARL IZUMI コールドブラック レーサーパンツ 2933DNPと、PEARL IZUMI 401 コールドブラックアームカバーを注文。

アームカバーのすべり止めが改良されラッセルテープになったので、昨年使っていたものでもずり落ちないかもしれないのに、アームカバーも買ってしまいました。

レーパンもアームカバーも来年まで衣装ケースで保管の可能性…。

PEARL IZUMI コールドブラックレーサーパンツ

昨年買ったPEARL IZUMI コールドブラック レーサーパンツ

なぜか、10℃対応のタイツは3Dネオパッドの製品しかなく、コールドブラックレーサーパンツと5℃対応のウィンドブレークレーサータイツのみ3Dネオプラスパッド。
レーパンとレッグウォーマーを組み合わせて使ってくださいという事なのかもしれません。

ということは10℃対応のタイツは買わなくてもいい事になりますね。
今使っているレッグウォーマーは2010年に買ったもの。そろそろ買い替えてもいいような気もしますが、今のところ問題ありません。

ウエスト82cmでレーパン、タイツともにMサイズ。サイズ表 | パールイズミによれば、Mサイズのウエストは74-82なのでギリギリ。しかし、Lサイズをはいてダンシングするとパッドがぱたぱた跳ねるので、ヒップサイズを考慮するとMサイズが最適という…。

和田峠ポタリング

BASSO Viperで和田峠に行って来ました。

和田峠

和田峠。

タイム24分41秒

無理をしないようにセーブしながら登坂してタイム24分41秒。

和田峠 法面工事

2月恒例の法面工事。工事区間は押して歩く事になるという情報がずっと流れていたので今日も押して歩く事になるものだとばかり…。普通に通過する事ができました。道幅がせまくなっているためすれ違う事ができない車がバックしてきたりはしましたが。

GP4000S2

踏んでしまったグレーチングの端が尖っていたような気がしたのでタイヤをみてみると…切れてました。
チューブが顔を出すところまでは行っていないようなのですが。

もう少し中央よりなら、トレッドの厚み+ブレーカーという構造なので気にならないのですがサイドより。
路面の状況を素早く判断してライン取りをすればタイヤが切れる確率は下がる筈…と考えていたらこれなのが…。

そんなに摩耗していないのに切れては交換なので、タイヤ貧乏状態ですが、安全にはかえられないので交換します。

Wiggle | Continental - Grand Prix (グランプリ) 4000S II フォールディングロードタイヤ


今回もWiggleで。
8000円以上送料無料なのでブレーキシューを追加して調整。

RNC7 ブレーキシュー交換

RNC7のブレーキシューを交換しました。

RNC7納車から2年。すり減るまで使いました。以前はアルミ片がシューに刺さって除去してもまた刺さってを繰り返す過程で交換する事が多かったのですが。

R55C3より、R55C4のほうがトラブルが少いのかも。ただし、RNC7では雨天走行をあまりしなかったので…。

シューフォルダーの位置調整は納車時のベストセッティングのままなので、フロントホイールを取り外してシューだけ交換。

メンテナンススタンドは使わず、後輪とフロントフォークで自立させた状態で作業。

フロントホイールを外さないと、新品のシューは厚みがあるのでフォークの内側にあたって擦ってしまうんですよね。
シューフォルダーごと取り外してしまえばフロントホイールを外さなくても作業できますが取り付け位置再調整に。

シューがタイヤに接触してバーストした事例もあるので、弄らなくていいところはそのままにしました。

ブレーキシューR554C

Wiggleでタイヤを買った時についでに買ったものかも?

Wiggle |自転車ブレーキシュー Shimano - BR9000 R55C4 カートリッジインサート (ペア)

キャリパーブレーキクリアランス調整 インナーワイヤープライヤー

ホーザン(HOZAN) インナーワイヤープライヤー C-356で、キャリパーブレーキのクリアランス調整。

インナーワイヤープライヤーが無くてもできる作業ですが、あると便利です。
インナーワイヤープライヤーでワイヤーを引き、シューとリムの隙間を目視で確認しながらワイヤーを仮止め。
トルクレンチで6N·mで固定。

ブレーキレバーを少し引いただけでブレーキがかかるほうがいい人もいれば、私のように遊びが欲しい人も…。
そして、シューが減るとその分遊びが大きくなるのでまた調整する事に…。

P.S.
調整している本人の覚え書きにしかならない事ですが、シートポストを1mm下げ、シートクランプ部からサドルレールまで95mmに変更。
クリートを数ミリ後ろに下げた分、使う事のできる脚の長さも短くなっている筈なので。

V坂 連光寺 いろは坂 中央大学 南陽台 城山湖 三増峠

チーム山武者の修行で多摩丘陵の坂めぐりをしてきました。

V坂 連光寺 いろは坂 中央大学 南陽台 城山湖 三増峠 - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

19日走りましょうという話しになったので、それ参加しても大丈夫ですか?と質問していたらルートが思い浮かばないので凍結していないルート引いてくださいとこちらに。

凍結回避優先で、市街地のSTRAVA区間TTを意識したルートになりました。

道案内のため先頭を走り、前半だけでしたが平坦区間を飛ばし気味で。
思っていたより速度が出ました。腿を下げると加速するので面白くてついつい。

よみうりランド V坂

最初に登ったよみうりランドV坂。

写真を撮るような所では無かったので以下写真無しですが…。

よみうりランド 0.7km 8%のあと…。
連光寺 2.1km 3%
いろは坂 0.7km 8%
中央大学 0.5km 8%
南陽台 0.9km 7%
城山湖 2km 6%

ゆっくり走ればどうという事の無いコースなのですが、先頭では、速い人にくらいついていく、速い人は追いつかれないように逃げる、そんな感じになっていたようです。

南陽台を過ぎ昼食を取りこれから城山湖という時点で脚が終わった宣言がはじまり…。
ボロボロになりながら城山湖を小松交差点より登坂。
最後の三増峠に行きたくないという声があがりはじめ…。

TT区間をマイペースで登ったのでそこまで脚は削られなかったのですが…複数あるTT区間を本気で登った人達にとってはかなりきつい修行だったようです。

しかし、短距離高強度なのでになってしまったので競輪よりのトレーニングメニューになっていた可能性…。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 4時間53分22秒
走行時間 102.39km
平均速度 20.9km/h
積算距離 48897km

アイウェア「ビナートX」壊れる

アイウェア「ビナートX」のフレームが折れてしまいました。

ビナートX フレーム破断

フレームが折れやすいとは聞いてましたが…。
何年使ったのかな?と思って調べたところ、2014年3月購入…という事はほぼ3年。

この価格帯の製品で3年持つのならまぁいいのかも…。

ビナートX 買い直し

という事で、ビナートX 買い直し。

まったく同じものです。付属レンズは3種類。速攻でクリアレンズに交換しました。
夏も冬も紫外線と虫が避けられればいいのでクリアです。

フレーム オークリー レーダーパス レンズ ZERO

こちらは買い物などの普段使いで使っているオークリーのフレームにオリジナルブランド ZERO オークリー サングラス用交換レンズ RADAR PATH レーダーパス をはめ込んだアイウェア。

オークリーのフレームのフィット感がいまいち、ZEROのレンズが重い、この2つがあるから遠くまで行くサイクリングには使っていないのですがフレームもレンズも丈夫ですね。


3年使って視界に問題を感じた事はなく、軽くて私の顔にはあうようなので同じもの。
レンズは付属のクリアに交換。

三浦半島一周182km

チーム山武者のお散歩ライドで三浦半島を一周してきました。
横須賀から南下し時計回りで城ヶ島。

横須賀 横須賀

横須賀。

宮川公園風力発電所 宮川公園風力発電所

宮川風力発電所。

城ヶ島 しぶき亭

城ヶ島、しぶき亭で昼食。
ロードバイクの客だらけ…このあとさらに予約で32台。

山の民が凍結で山から追い出され海沿いに?
隣のテーブルのサイクルジャージを着た人達も、こちらも子ノ権現の話しをしていたり…。

それにしても、山武者メンバーのでてきた料理への反応が…。
普通盛りなのに多いと。多くのクライマーが食事を我慢して体重を落としているのに、こんなに食べられないという…。

城ヶ島 城ヶ島

山中湖に行っても雲の中の事が多い富士山がはっきりと。

葉山教会

葉山教会の話題をついだしてしまい行きましょうと…。

げろげろ、2ヶ月ぶりのロングライドで帰宅できるだけの脚を温存しなきゃならないのにどうしようかなぁと。

坂では頑張るかもしれないけれど、平坦がほとんどのユルユルという話しだったのですが…。

葉山教会

くまさんの神がかり的な激坂ヒルクライム。

葉山教会

葉山教会撃沈の現場写真。

しかし、ロングライドに出かけて無事帰宅するというミッションはコンプリート。

2日経過した現在も大腿四頭筋が筋肉痛。
普段からできている事をただ繰り返しても強くはならないという事なのかもしれないですね。
一人で走っていると自分のペースになってしまうので…。

それにしても…山武者の「お散歩」は「ポタ」ではなく、速い人たち同士の競い合いが先頭で繰り広げられなんですよね。
私が主催して「修行」のイベントを開催する事もありますが「修行」のほうが「お散歩より」ゆるかったりして…。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 7時間44分38秒
走行距離 182.69km
平均速度 23.5km/h
積算距離 48794km

和田峠法面工事

和田峠 和田峠

一週間前、26分22秒。

体力が落ちてどん底の時でも25分台だったのに…。

では、リベンジしましょう。

夕やけ小やけふれあいの里

夕やけ小やけふれあいの里で小休止。
いつの間にこんなこじゃれたバイクラックが…。

和田峠TT開始地点

和田峠TT開始地点、陣馬亭。

和田峠 法面工事中

法面工事中でした。工事区間は押して歩いてくださいと…。
以上TT終わり。

和田峠

2月上旬から2月下旬にかけて車両通行止、歩行者・自転車通行可。しかし、通れるだけでTTは無理…。
その日の工事内容によるんでしょうけどね。

和田峠

和田峠。

筋トレ峠の異名を持つ峠だけあって、登るだけでもいいトレーニングになりますね。