さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

8mmペダルアーレンキー

PD-5800をクランクに取り付けるには8mmのアーレンキーが必要。ペダルレンチを使うことが出来ません。

パークツール(ParkTool) ハンドル付ヘックスレンチ サイズ:8mm HT-8

普通の8mmのアーレンキーは短すぎるし力を入れにくいので、ペダルレンチの代わりになる十分な長さとグリップのあるパークツール(ParkTool) ハンドル付ヘックスレンチ サイズ:8mm HT-8を用意。

そして、グリップをしっかり握り、ペダルの反対側を足でしっかり踏み全体重をかけてペダルを締め込んだら…。

パークツール(ParkTool) ハンドル付ヘックスレンチ サイズ:8mm HT-8

レンチの角が削れました。

後輪のブレーキをかけて増し締めする程度で良かったんでしょうね。
角が削れたレンチでもペダルの脱着はできるものの…。

HAZETのヘックスのソケットを使うと精度が高くていいようなのですが…。
思っていたよりスピンナーハンドルが重かったので見送りました。
ペダルが固着してはずれなくなっら導入するかも…。

あと、大型のトルクレンチを持っていないので、スピンナーハンドルを使ったら締めすぎてしまいそうなのが…。
グリップ付きでもアーレンキーならしなるので、それ以上締まらない、ペダルの六角穴は無事で削れるのは工具側。

SPD-SLのペダルを交換 PD-R540-LA → PD-5800

PD-5800 城山湖 PD-5800 城山湖

RNC7のペダルを交換しました。

SHIMANO SPD-SL PD-R540-LA

スプリングテンションが弱く、ビンディングを解除しやすいPD-R540-LA(ライトアクション) を立ちごけを警戒して購入。

しかし、多くの方が書いているようなSPD-SLのシューズとペダルとの一体感があまり感じられず。

もしかして…、グレードの低いペダルだからあまり違いがわからなかったのでは?という疑問が浮上。
レースでの使用を想定した105以上の製品で比較しないと、SPD-SLの評価にならないのでは?

SHIMANO SPD-SL PD-5800

PD-5800

買ってしまいました。

PD-5800

出荷時のスプリングテンションは中強度。ガッチガチでした。
しかし、最弱にするると思っていたより緩く。

ライトアクション、最弱から8クリック=PD-5800、最弱から3クリック。
ステップイン、ステップアウトともに問題ありません。

PD-5800 城山湖 PD-5800 城山湖
PD-5800 城山湖 PD-5800 城山湖

PD-5800で城山湖。

PD-5800のほうが、ペダルとシューズとの一体感があり、ペダルの剛性があるからなのか踏むと進むのでさらに踏んでしまい、城山湖22%の頂上手前で脚が売り切れ。なんとか頂上まで。

ペダルを交換しただけでこれ。ガチガチのカーボンフレームに乗ったら…。

機材をグレードアップしたら楽になるかというと…より速くなって体への負担は増えていくのかもしれないですね。
フレームが柔らかいクロモリなので、まだ何とかなっているのかも。

SPDシューズ SH-XC30

和田峠

夕やけ小やけふれあいの里

夕やけ小やけふれあいの里の電光掲示板。
陣馬高原下-和田峠、幅員狭し通行注意。

和田峠の路面が雪で埋まっているという情報が数日前にあったのでその確認をするために来ただけだったのですが…。

和田峠 23分31秒

積雪も凍結も無かったので途中からTTモードで。
タイム23分31秒。

SPDのペダルとシューズがものすごく重く感じられ。
ただ、その重いシューズとペダルで7年も乗って来たのに今更という気がしないでも…。

MTB用シューズ SH-XC30

SH-XC30。

PD-5800を注文してしまったので、RNC7に、PD-5800を取り付け、RNC7からPD-R540-LA(ライトアクション)を取り外してBASSO Viperに取付ける事に。

ロードバイク2台ともSPD-SLにするとSPD専用シューズSH-XC30を使う機会が…。
まだ十分使えるのにもったいないような?
でも、4年使ったからいいのかな。

夕やけ小やけふれあいの里

思っていたより寒く夕やけ小やけふれあいの里で缶コーヒー。

SPD-SL 5日目

SPD-SL5日目。

城山湖 城山湖

城山湖。

水位がかなり下がっていました。

RNC7 ポジション調整 シートクランプ部からサドルレールまで95mm

RNC7のサドルが低いような気がしたので、2mm高くしてみたところ高すぎ、1mm高く。

シンワ測定 ポケットノギス 100mmでシートクランプ部からサドルレールを測定し95mmに。

ペダルを交換するとペダルハイトが変わってしまうのでサドル高も再調整する事になる場合が…。
クリートの前後位置による影響も…。

SHIMANO ペダル SPD SPD-SL

ペダル軸の中心からアウトソール表面までの値。

PD-R540-LA(ライトアクション)はスプリングテンションが弱いですよ~という表記はあっても、廉価ペダルのペダルハイトに関する情報は…。

上位グレードになると、よりロープロファイルになりますよとアピールしたいだけなのかも…。

PD-R540-LA PD-R540-LA

自転車をペダルでささえて立てかける事が多いので、アルミ製のほうが…という事もありPD-R540-LA(ライトアクション)

カーボン製でもそれほど気にしなくていいのかもしれませんが。

城山湖22%

城山湖22%を登って…。

穴川林道

穴川林道経由で帰宅。

ペダルの軸が馴染んで来て、スプリングのあるほうが下を向くようになり、クリートを嵌めやすくなりました。

グリスを入れ換えたり玉あたり調整したりする方もいるようですが、100km走っただけでここまで回るようになるのなら何もしなくてもいいのかもしれません。

BIKE HAND コンパクトトルクレンチで、5N·mで取り付けたSPD-SLのクリートボルトが緩みかけていたので6N·mで増し締め。

つま先が若干広がるようにクリートを斜めに。

つま先まっすぐで屈伸すると膝が内側に。つま先を少し開いて屈伸すると同じ位置で膝が上下する。
個人差があるので、私の場合はという話です。

和田峠 牧馬峠 城山湖

TEAM山武者のメンバーで和田峠、牧馬峠、城山湖に行って来ました。

コンビニで合流前に…。

SHIMANO RP2 SH-RP200

RP2 SH-RP200 SPD-SL シューズ

最高気温11℃、最低気温0℃。ロード用のシューズは通気性が高いので、シューズカバーが必要なのでは?と思いましたが大丈夫でした。

mont-bell ウィンドストッパーサイクルグローブ

ウィンドストッパーサイクルグローブでは役不足で指先が痛くなりました。

PD-R540-LA

SHIMANO(シマノ) SPD SLペダル PD-R540-LA(ライトアクション)

SPD-SL、4日目なので問題なくステップイン、ステップアウトができるかどうか…。

和田峠

和田峠登坂開始地点、陣馬高原下バス停。
トレインの巡航速度が速く、最大努力でやっとここまで辿り着き…。

和田峠

SPD-SLで和田峠。効果はいかに。

和田峠 タイム22分53秒

前回より27秒短縮し、22分53秒。

ここしばらく23分を切る事はなかったので、SPD-SLにした効果だといいたいところですが…。
和田峠は短いので、27秒でも大きい…のかな。

しかし、グループライドでメンバーについていくために機材をという観点で考えると27秒差でしかない。
ヤビツ峠でいいホイールを使うとタイムを1分短縮できると聞きましたが、メンバーをおまたせする時間が1分変わるだけ…。

何のために機材に費用を投入するのか考えないと底なし沼が…。

とはいえ、トレインでちぎれると風よけの恩恵を得られなくなり、ちぎれてしまったという気持ちの問題もでてきます。この場合の数分は大きいですね。

牧馬峠 牧馬峠

牧馬峠。写真を撮っていたらすでにダウンヒルが…。

このあと、道志みちで、クリートが嵌まらなくてトレインからちぎれました。
思っていたより簡単に嵌められると思っていたのに、嵌まらない時は数分かけても嵌まらない…。

城山湖

私のRNC7のホイールは平凡なWH-6800ですが、平地に強いリムハイト高めのカーボンホイールがずらり。
平坦の巡航速度も速くなり、ついていくのが大変です。

城山湖22% 城山湖22%

離脱後、心安らぐ城山湖22%でSFR。

SPD-SLで城山湖

ペダルをSPD-SLに交換したRNC7で城山湖に行って来ました。

城山湖

城山湖。

SPD-SL PD-R540-LA

スプリング設定がより初心者向きで、ステップイン、ステップアウトが容易なPD-R540-LA

約7年半もの間SPD+MTB用シューズ…SPD-SLにしたら立ちごけするかもしれないのでこれにしました。
安くてアルミで丈夫そうだからというのも。

SHIMANO SH-RP200 SHIMANO SH-RP200

RP2 SH-RP200 SPD-SL シューズ、SH-XC30より110g軽くなりました。SPD-SLのクリートは歩行向きに作られていないとよく言われていますが思っていたほどでもなく、下り坂で下向きに立つとクリートの厚みでちょうど良くなったり…。

ペダリングが点から面に変わる?違いがわかりませんでした。ペダルの軸がどこにあるのかペダルを踏むとわかるので…。ソール剛性が6で柔らかい事も関係しているのかも。
シューズとペダルあわせて160g軽くなったのは、すぐわかりました。

ライトアクションなので、ビンディングのスプリングテンションが弱いタイプ。
坂で引き脚を使ったらペダルから外れるか?最弱から8クリック分スプリングテンションを強くした状態でテスト。

横に捻らない限り抜けず、真後ろに強く引いてもペダルから足が外れる事はありませんでした。

ゆるすぎるかと思いきや十分な固定力?

シューズが軽くなったら楽になるかはX。ケイデンスがあがり、呼吸循環器系の負荷が高くなるようです。
速く走ろうとしなければいいんでしょうけどね。

城山湖22%

城山湖22%で登坂をあきらめて足を付く練習&坂道発進の練習。

足元を見ないでステップインできるようになるといいのですが、もうしばらく練習しないと…。
ペダルの表を踏んでいるのか裏を踏んでいるのか、やっとわかるようになってきたので、裏ならつま先でペダルをひっくり返す…。

Wiggleに注文していたSPD-SLのシューズが届いた

Wiggleに注文していたSPD-SL対応シューズSH-RP200が届きました。
タイヤは1週間で届くのに2週間かかりました。
しかし、国内通販サイトで買うより3000円近く安かったので…。

SHIMANO SH-RP200 SPD-SL対応シューズ

SHIMANO SH-RP200

SPD、SPD-SL両対応のエントリーモデルにしては比較的軽量。バックルがなく3本ベルクロなのでその分軽くなっているようです。

MTB用のSH-XC30との重量比較。

クリート込みの実測値。

SH-XC30(760g)
SH-RP200(650g)

重量差、760-650=110g。

両面SPDから、SPD-SLへの変更で、ペダルも軽く。

PD-M520、380g→PD-R540-LA330g。重量差、50g。

シューズとペダルで160g軽量化する事ができました。
重いクロモリを選んでおいて軽量化?という気がしなくもないのですが、クランクの回転にそって持ち上げたり振り下ろしたりする所が軽くなるは大きいですね。

SHIMANO SH-RP200

クリートの位置を決めるための目盛り。

SHIMANO SH-RP200 SPD-SLのクリートを取付

SPDのSH-XC30もクリートを一番深い位置にセットしているので同じく。

脱着の練習のため日没後に走行。
うまく嵌まらずシューズがペダルの上で滑って困りました。PD-R540-LA固有の問題ならペダルを交換…と思いましたが、どうやら問題はシューズ。

MTB用のシューズと違いシューズの裏にゴムの部分がないので、ペダルの裏面を踏んだ時に滑ってしまうようです。
シューズの裏側にゴムを貼り付けている方も…。

ペダルの裏面が上を向いている時にペダルを強く踏まなければ何とかなりそうな?

クリートワッシャー クリートボルト

黄クリートは遊びが多い…にしては動きすぎでは?と思い自宅に引き返して確認してみると、クリートワッシャー、クリートボルトが緩んで脱落…。夜道を探しましたがみつかりませんでした。

SHIMANO製品ならスモールパーツの設定がある筈…と思い探してみると…。

シマノ PDR600 クリートワッシャー(ブラック/1個)

Amazonだけなぜか高い事があるので他も探してみましたが、どう考えても、新しくクリートを買い直したほうが安上がり…。

SM-SH11 SPD-SL 黄クリート SM-SH11 SPD-SL 黄クリート

SHIMANO クリートセットセルフアライニングモード ペア M5×8mm SM-SH11から、クリートナット、クリートボルトを取り出して使いました。

バイクハンド コンパクトトルクレンチ クリートボルト締付けトルク5N·m

BIKE HAND コンパクトトルクレンチでクリートボルトを取付け。
締付けトルク5N·m。

4mmのアーレンキーできつめに締めたつもりだったのに、どんどん締まって行く…。
こんなにきつく締めるんですね。

山の中でトラブルにならなくてよかったです…。

和田峠TT

和田峠

夕やけ小やけふれあいの里 夕やけ小やけふれあいの里

夕やけ小やけふれあいの里近くの電光掲示板。
和田峠手前昼間工事中。また止められるのなら登れてもTTは無理かもしれないので、ゆっくり登る事に。

和田峠TTスタート地点 陣馬高原下バス停

和田峠TT、スタート地点。陣馬高原下バス停。

和田峠 和田峠23分20秒

登坂開始直後はゆっくりでしたが、工事している様子が無かったので強度をあげて、23分20秒。
平凡なタイムですが、インナーローではなく、34x24のほうが楽に感じたりと筋力の回復を確認する事ができました。

乗る頻度と強度を上げれば、日常的生活に必要な強度だと体が判断して適応していくようです。LT値向上。
ミトコンドリアが速筋にも増え、比較的高めの運動強度でも有酸素運動の範囲でおさまるようになるようですね。

バイシクルトレーニングブックと、ネット上のマラソン関連の資料を読んだ程度なので、いろいろと間違っているかもしれませんが。

和田峠表 グレーチング 和田峠表 グレーチング

和田峠表 グレーチング 和田峠表 グレーチング

和田峠のグレーチング。

破損した箇所も割りと角が丸まっていましたが、それでも、運悪くタイヤが切れる角度で踏んでしまったら。
隙間のところはできるだけ踏まないほうが良さそうな感じでした。

夕やけ小やけふれあいの里 缶コーヒー

夕やけ小やけふれあいの里。

和田峠頂上まで自宅から20kmしかないので、このコースで補給する事はほとんどないのですが、急に寒くなり缶コーヒー。

シームレスジャージ

15℃帯のシームレスジャージ。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 2時間19分34秒
走行距離 40.73km
平均速度 17.5km/h
積算距離 49429km

V坂 尾根幹 パンパティ ゼブラカフェ 宮ヶ瀬湖

TORの宮ヶ瀬湖ポタリングに参加してきました。

V坂 尾根幹 パンパティ ゼブラカフェ 宮ヶ瀬湖 - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

よみうりランド V坂

矢野口集合だったので、ついでにV坂。

ゼブラカフェ ゼブラカフェ

尾根幹経由でゼブラ コーヒーアンドクロワッサン 津久井本店。

店の入り口に駐輪して店内へ。あれ?自転車を押して店内に入ってくる人たちが…。店内にバイクラックがありました。

ゼブラカフェ

砂時計が落ちたらコーヒーをプッシュ。

道志みち経由で宮ヶ瀬湖。予定していたレストランの前にはロードバイクが山のように…。
激コミだったので、湖畔から少し離れたところにあるSTUMPへ。

宮ヶ瀬湖 STUMP 宮ヶ瀬湖 STUMP

STUMP。

業務スーパーの冷凍ハンバーグをしょっちゅう食べているのでハンバーグのメニューをさけ、チキン。

原宿公園下

原宿公園下でお見送り。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 4時間40分49秒
走行距離 98.16km
平均速度 20.9km/h
積算距離 49388km

3日連続で城山湖

17日から19日まで3日連続で城山湖。

城山湖 城山湖
城山湖 城山湖

本沢梅園一般開放期間中だったからか、ロードバイクで来ている人の数が例年よりさらに多く、景色を撮ろうとするとロードバイクが写ってしまいそうになるほどでした。

しかし、3日連続で来ているのにひょろっと追い越されてしまいます。
機材と年齢と練習量と素質なのかな(いや練習量か)。

城山湖

城山湖22%。

自宅からそんなに遠くないので、行って帰って1時間しかかからないところなのですが、短時間でもちゃんと脚に負荷がかかりますね。

いい加減体が適応してくれたらと思うのですが、ゆっくり登っているのに酸素負債…登坂したあともゼーハーが続く…。
無酸素運動領域に入ってしまいます。

同じ運動強度でも繰り返し練習すれば有酸素運動ですむようになるらしいのですが。いわゆるLT値向上…。
呼吸状態で確認するほかなさそうですが、走る頻度を上げたらどうなるのか試してみようと思っています。