さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

和田峠 牧馬峠 城山湖

TEAM山武者のメンバーで和田峠、牧馬峠、城山湖に行って来ました。

コンビニで合流前に…。

SHIMANO RP2 SH-RP200

RP2 SH-RP200 SPD-SL シューズ

最高気温11℃、最低気温0℃。ロード用のシューズは通気性が高いので、シューズカバーが必要なのでは?と思いましたが大丈夫でした。

mont-bell ウィンドストッパーサイクルグローブ

ウィンドストッパーサイクルグローブでは役不足で指先が痛くなりました。

PD-R540-LA

SHIMANO(シマノ) SPD SLペダル PD-R540-LA(ライトアクション)

SPD-SL、4日目なので問題なくステップイン、ステップアウトができるかどうか…。

和田峠

和田峠登坂開始地点、陣馬高原下バス停。
トレインの巡航速度が速く、最大努力でやっとここまで辿り着き…。

和田峠

SPD-SLで和田峠。効果はいかに。

和田峠 タイム22分53秒

前回より27秒短縮し、22分53秒。

ここしばらく23分を切る事はなかったので、SPD-SLにした効果だといいたいところですが…。
和田峠は短いので、27秒でも大きい…のかな。

しかし、グループライドでメンバーについていくために機材をという観点で考えると27秒差でしかない。
ヤビツ峠でいいホイールを使うとタイムを1分短縮できると聞きましたが、メンバーをおまたせする時間が1分変わるだけ…。

何のために機材に費用を投入するのか考えないと底なし沼が…。

とはいえ、トレインでちぎれると風よけの恩恵を得られなくなり、ちぎれてしまったという気持ちの問題もでてきます。この場合の数分は大きいですね。

牧馬峠 牧馬峠

牧馬峠。写真を撮っていたらすでにダウンヒルが…。

このあと、道志みちで、クリートが嵌まらなくてトレインからちぎれました。
思っていたより簡単に嵌められると思っていたのに、嵌まらない時は数分かけても嵌まらない…。

城山湖

私のRNC7のホイールは平凡なWH-6800ですが、平地に強いリムハイト高めのカーボンホイールがずらり。
平坦の巡航速度も速くなり、ついていくのが大変です。

城山湖22% 城山湖22%

離脱後、心安らぐ城山湖22%でSFR。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

和田峠 牧馬峠 城山湖へのトラックバック