さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

SPD-SLで城山湖

ペダルをSPD-SLに交換したRNC7で城山湖に行って来ました。

城山湖

城山湖。

SPD-SL PD-R540-LA

スプリング設定がより初心者向きで、ステップイン、ステップアウトが容易なPD-R540-LA

約7年半もの間SPD+MTB用シューズ…SPD-SLにしたら立ちごけするかもしれないのでこれにしました。
安くてアルミで丈夫そうだからというのも。

SHIMANO SH-RP200 SHIMANO SH-RP200

RP2 SH-RP200 SPD-SL シューズ、SH-XC30より110g軽くなりました。SPD-SLのクリートは歩行向きに作られていないとよく言われていますが思っていたほどでもなく、下り坂で下向きに立つとクリートの厚みでちょうど良くなったり…。

ペダリングが点から面に変わる?違いがわかりませんでした。ペダルの軸がどこにあるのかペダルを踏むとわかるので…。ソール剛性が6で柔らかい事も関係しているのかも。
シューズとペダルあわせて160g軽くなったのは、すぐわかりました。

ライトアクションなので、ビンディングのスプリングテンションが弱いタイプ。
坂で引き脚を使ったらペダルから外れるか?最弱から8クリック分スプリングテンションを強くした状態でテスト。

横に捻らない限り抜けず、真後ろに強く引いてもペダルから足が外れる事はありませんでした。

ゆるすぎるかと思いきや十分な固定力?

シューズが軽くなったら楽になるかはX。ケイデンスがあがり、呼吸循環器系の負荷が高くなるようです。
速く走ろうとしなければいいんでしょうけどね。

城山湖22%

城山湖22%で登坂をあきらめて足を付く練習&坂道発進の練習。

足元を見ないでステップインできるようになるといいのですが、もうしばらく練習しないと…。
ペダルの表を踏んでいるのか裏を踏んでいるのか、やっとわかるようになってきたので、裏ならつま先でペダルをひっくり返す…。
コメント
この記事へのコメント
シューズ周りが軽いとケイデンスが上がるというのは興味深いです。総重量軽減と合わせ坂道で効果が顕著になりそうです。自分自身はフラットペダルなのでSL化というのは現時点では関係ないのですけど、シューズをスニーカー(片方350g)からランニングシューズ(同150g)にすると同じような効果が期待できるのかも?と思いました。
2017/03/25(土) 18:25:15 | URL | kzym #TY.N/4k.[ 編集]
こんにちは。
城山湖の登坂時にはケイデンスがあがりましたが、今日行ったもう少し急坂の和田峠では、タイムが27秒速くなっただけでした。この27秒を大きいと思うかたったの27秒と思うかですね。
2017/03/25(土) 18:50:55 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

SPD-SLで城山湖へのトラックバック