さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

米油VSべに花油

油抜きの調理をやめ、炒め物を中心とした食生活にしてから5ヶ月。
腱鞘炎、そして家族の糖尿病ともによい方向に向かっているようです。
以前はオメガ3脂肪酸を多く含む荏胡麻油を積極的に摂っていましたが、今はまったく口にしていません。
炎症には荏胡麻だと思っていたのですが…。

油Q&A 油とビタミン類

油を使って調理すると、ビタミンAの吸収率が高まり、ビタミンB1を節約、ビタミンCを壊さず、ビタミンEを摂取できる。

炒め鍋

パール金属 炒め鍋 20cm ガス火専用 深型 フライパン フッ素加工

業務スーパー 冷凍野菜

野菜価格が高騰している時期だったので、冷凍野菜を買うようになり、豚肉、玉ねぎ、業務スーパーの冷凍野菜で野菜炒めを作る事が多くなりました。結果的に食べている野菜の種類が多くなりました。

食用油と健康に関するブログをいくつか読んでみると…。

べに花油はリノール酸が多い。リノール酸は過剰摂取傾向にあり、総コレステロール値を下げるが、善玉コレステロールも減らすと…。

この5ヶ月の間、ずっとギフト解体セールの日清オイリオのべに花油を使っていたけれどあまりよくなかったのか…。

ボーソー 米油

ボーソー米油 600g

米油はオレイン酸が多く、べに花油とほぼ同量のビタミンE…と思って買いましたが、なぜかべに花油のほうがオレイン酸が多い。

日清オイリオ べに花油 600g

「天然ビタミンEをたっぷり含んだハイオレイック種べに花油を100%使用。健康維持に大切なオレイン酸をたっぷり含んでいます。」

ギフト解体セールで買って使っていたべに花油は、ハイオレック種=オレイン酸の多いべに花油だったようです。

14g中、オレイン酸11g。米油のほうがリノール酸が多い。
なたね油(キャノーラ油)にもオレイン酸が多く、ビタミンEは通常の食事をしている限り欠乏する事はないらしい。

という事は、キャノーラ油で十分だったのかもしれません。

しかし、油抜きはやめたけれどせめて上質な油を使いたいと思っているので、ハイオレックのべに花油を使いづつける事にしました。

AJINOMOTO べに花油 600g

近所のスーパーで取り扱っているべに花油。
これも、ハイオレックで11g中9gがオレイン酸。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

米油VSべに花油へのトラックバック