さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

RNC7 ブレーキシュー交換

RNC7のブレーキシューを交換しました。

RNC7納車から2年。すり減るまで使いました。以前はアルミ片がシューに刺さって除去してもまた刺さってを繰り返す過程で交換する事が多かったのですが。

R55C3より、R55C4のほうがトラブルが少いのかも。ただし、RNC7では雨天走行をあまりしなかったので…。

シューフォルダーの位置調整は納車時のベストセッティングのままなので、フロントホイールを取り外してシューだけ交換。

メンテナンススタンドは使わず、後輪とフロントフォークで自立させた状態で作業。

フロントホイールを外さないと、新品のシューは厚みがあるのでフォークの内側にあたって擦ってしまうんですよね。
シューフォルダーごと取り外してしまえばフロントホイールを外さなくても作業できますが取り付け位置再調整に。

シューがタイヤに接触してバーストした事例もあるので、弄らなくていいところはそのままにしました。

ブレーキシューR554C

Wiggleでタイヤを買った時についでに買ったものかも?

Wiggle |自転車ブレーキシュー Shimano - BR9000 R55C4 カートリッジインサート (ペア)

キャリパーブレーキクリアランス調整 インナーワイヤープライヤー

ホーザン(HOZAN) インナーワイヤープライヤー C-356で、キャリパーブレーキのクリアランス調整。

インナーワイヤープライヤーが無くてもできる作業ですが、あると便利です。
インナーワイヤープライヤーでワイヤーを引き、シューとリムの隙間を目視で確認しながらワイヤーを仮止め。
トルクレンチで6N·mで固定。

ブレーキレバーを少し引いただけでブレーキがかかるほうがいい人もいれば、私のように遊びが欲しい人も…。
そして、シューが減るとその分遊びが大きくなるのでまた調整する事に…。

P.S.
調整している本人の覚え書きにしかならない事ですが、シートポストを1mm下げ、シートクランプ部からサドルレールまで95mmに変更。
クリートを数ミリ後ろに下げた分、使う事のできる脚の長さも短くなっている筈なので。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

RNC7 ブレーキシュー交換へのトラックバック