さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

和田峠

和田峠頂上まで自宅から20kmというめぐまれた環境にありながらしばらくご無沙汰していた和田峠に行って来ました。

和田峠へ向かう道

もうすぐ峠の麓というあたりから急激に気温が下がり路面の脇には霜。

陣馬高原下バス停 陣馬高原下バス停

登坂開始地点、陣馬高原下バス停。

路肩の葉っぱが凍って…。

和田峠

和田峠頂上、タイム25分49秒。ここ一ヶ月で落ちた体力がすさまじ過ぎる…。
そんなに大変な思いをしなくても、22分台だった筈。

しかも対向車を避けるためだったとはいえ、一瞬足付き_□○_

しかし収穫も。

たしかペダリングで力を入れるのは1時から3時までであとは力を抜くんだったよなぁ…とペダリングの仕方を思い出しながらここしばらく乗っていましたが、アップストロークの重要性をすっかりわすれていて。

バイシクルライディングブック DVD BOOKp42-43。ペダルを踏むと反対側のペダルが上にあがって来るのでそれにあわせて脚を上げ、踏み込む力にブレーキをかけないようにする。

なんだ引き脚かと言われておしまいのようなそうではないような。
ビンディングシューズでぐっとペダルを引き上げるのではなくて、そっと持ち上げるだけ。

乗っていないと読んで覚えた筈の事も忘れてしまうという…。

和田峠

表を登って表を下る。

ウィンドストッパーインシュレーテッドサイクルグローブ ジオラインL.W.インナーグローブ

ウィンドストッパーインシュレーテッドサイクルグローブ+ジオラインL.W.インナーグローブ

この装備でも頂上からのダウンヒルでは役不足でした。頂上の気温約2℃。

PEARL IZUMI 5℃

上下ともPEARL IZUMIの5℃。

アンダー、mont-bell ジオラインL.W.ハイネックシャツ

最高気温10℃でしたが、5℃装備でも寒かった…。
暑くなりすぎて汗冷えをおこして凍えるよりよほどましなので、少し寒いぐらいでちょうどいいんですけどね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

和田峠へのトラックバック