さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

アウターに入らない

FDをいくら調整してもアウターに入らないという相談を受けました。
クロモリバイクならコンポを組めるというレベルの経験しかありませんが以下やりとり。
結末はあー、それで解決なの?でした。
さとぴーさん、だいたい組み終わったのですが、FDの調整が出来ないです(T ^ T)、何度もやってるのですがどうしてもアウターに上がりません(T ^ T)、何かアドバイスありますか?タースーケーテー(T ^ T)
たしかダウンチューブのところのシフトワイヤーむき出しですよね?そこのワイヤーを手で引いてアウターに入るならケーブルの引きが弱い。それでも入らなければ、H側ボルトを反時計方向に回すです。
手で引けばアウターに入ります。
ワイヤーの引き方のコツは、シフト操作でアウターに入れる→クランクを回さないでインナーに落とす(チェーンアウターのまま)。ワイヤーがたるむので引く。何度か繰り返す。インナーワイヤープライヤーという工具もあります。
手でディレイラーの上を押せば動くんですよ。インナーワイヤープライヤー買った方が良いですかね(T ^ T)
シフトをインナーに入れて、手でFDをアウター側に動かすとワイヤーがたるむのでその状態でワイヤーを引いてみては?
それが、締めようとすると手が足りなくて緩むんです(T ^ T)手で引っ張るワイヤー引っ張る、FDを押す、六角で締めるとFD押してる手の力が抜けて緩むんです(T ^ T)昨日は結構やったんですが。
手の数が足らないのならインナーワイヤープライヤー。
このやりとりのあと、手でFDをアウター側に押し、ワイヤーをもう1人に引っ張ってもらいながら固定したところアウターに入るようになったそうです。

なるほど。手の数が足りないのなら二人がかりで作業すれば…。

ホーザン(HOZAN) インナーワイヤープライヤー C-356
ホーザン(HOZAN) インナーワイヤープライヤー C-356

これがあれば、一人でも簡単にワイヤーを引く事ができます。
FD-4500で使うと、トリム操作分の余裕を出すにはワイヤー引きすぎに。
FD-5800ではインナーワイヤープライヤー大活躍。11速のFDは強くワイヤーを張らないとダメなようです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

アウターに入らないへのトラックバック