さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

ステムのボルトを交換

RNC7のハンドルを下げるため、スペーサーを入れ換えコラム側のステムのボルトを緩めて再度締め込みました。

しかし、1度締めたボルトは塑性変形しているため再利用するのは好ましくないという話も。
でもあれは折れやすいと言われているチタンボルトの話だったか…。

とはいえ、こういった事に関しては小心者の私の事なので、年に1回交換でもいいじゃないとステムのボルトを交換しました。

Ruler(ルーラー) ステンレスボルトセット 6本入り M6x18mm

Ruler(ルーラー) ステンレスボルトセット 6本入り M6x18mm

ワッシャーの径も含め、NITTOのステムUI-85BXにちょうどいいサイズのボルトなのですが…。

TRUSCO 六角穴付ボルト ステンレス全ネジ サイズM6X20 28本入 B440620

こういうボルトと比べると1本あたりの単価は確かに割高なんですよね。
その事を指摘された事がありましたが…。
平座金(ワッシャー)/よくわかる規格ねじ

M6 6.5×13×1.0 6.5×11.5×0.8 6.4×12.5×1.6 6.4×11.5×1.6
これじゃステムに入らない。

ルーラーのステム用として販売されているボルトは、頭部の径が約9.5mm、ワッシャーも同じサイズなのでステムのくぼみに頭がちゃんと収まります。

M6で頭部10mmの六角穴付ボルトならごく普通の規格なので手に入りますが…。頭部も少し大きいしワッシャーが。
元から付いていたものをなくしていなければワッシャーは流用できるかもしれませんが。

あと、ネジ1本の単価は100本以上なら安くなったり…。そのネジの単価を知っているとステム用として販売されているとはいえ6本でこの価格は無いと思うのも無理はないのかもしれません。

でも、繰り返しになりますがワッシャーが規格外なんですよね。ステムのために既存のワッシャーを加工している方もいらっしゃるみたいですが。

SHIMANO(シマノ) ST8S20 インナーエンドキャップ(φ1.1mmディレイラー用/100個) SHIMANO(シマノ) ST8S20 インナーエンドキャップ(φ1.1mmディレイラー用/100個)

SHIMANO(シマノ) ST8S20 インナーエンドキャップ(φ1.1mmディレイラー用/100個)

こういうものも10個入りより1個あたりの単価は安く…。100個あったら一生もちそうですね。

面倒なので、私はステム用にどうぞと用意されているボルトを使います。それに、パッケージにステム用という記載がある以上、強度に問題があったらメーカーに何かしらの対応を求める事ができるかもしれないですしね。

RNC7 コラム側ステム固定ボルト交換

一度使ったネジは再利用しないという事なら一発で決めなきゃ…、と思いましたがハンドルがまっすぐついていませんでしたとさ。
ちゃんちゃん。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

ステムのボルトを交換へのトラックバック