さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

カーボンは割れるクロモリは錆びる

ANCHOR RNC7のハンドルを下げるためステムとコラムスペーサーを抜きました。

RNC7 アヘッド コラム錆 ハンドル下げる ポジション調整 RNC7 アヘッド コラム錆 ハンドル下げる ポジション調整

すると…。クロモリコラムは錆まみれ。

納車されてちょうど1年…。BASSO Viperにばっかり乗っているので、そんなに距離走ってないんですけどね。

小雨の時にも乗ったからなのかもしれませんが…。知人のカーボンバイクは、クラックが入ったり、破断して買い替えというケースが多く、ほらカーボンは割れるから…とよく言っていたのですが、クロモリは錆るという認識で乗らないとダメなんですね。

ステムのところにグリスを塗布すると滑ってしまうので、コラムスペーサーの箇所限定で、デュラグリスを塗布していましたがそれでもこの錆です。

そして各チューブの中は内視鏡でも使わないと見えない。ガンガン雨天走行しているママチャリもおそらく錆びているんでしょう。2008年から修理しながら乗ってますが。

RNC7 アヘッド コラム錆 ハンドル下げる ポジション調整

ラスペネRP-C 業務用をしみこませたワイプオールで錆落とし。



RNC7 アヘッド コラム錆 ハンドル下げる ポジション調整 RNC7 アヘッド コラム錆 ハンドル下げる ポジション調整

錆を落として組み直し、5mmのコラムスペーサーをステムの下へ、10mmのコラムスペーサーをステムの上へ。ハンドルが5mm低くなりました。

Ruler(ルーラー) ステンレスボルトセット 6本入り M5x18mm M5x18mm

ステム用のボルトが届いたので、近いうちに交換します。一度使ったボルトは塑性変形しているので再使用しないほうがいいらしく。
ハンドル操作に関わる場所なので、過剰すぎるくらいの心配性でちょうどいいんじゃないかと思っています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

カーボンは割れるクロモリは錆びるへのトラックバック