さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

PEARL IZUMI 「ウィンドブレークジャケット」届く

注文していたPEARL IZUMI ウィンドブレークジャケットが届きました。

PEARL IZUMI ウィンドブレークジャケット

PEARL IZUMI 3500BL ウィンドブレークジャケット 3500BL

PEARL IZUMI ウィンドブレークジャケット 再帰反射材

背面の再帰反射材。これぐらい光ってくれるとありがたいです。再帰反射プリントではなく、縫い付けてあるので、剥がれる心配が無い。
反射材そのものの劣化は仕方がないですけどね。

PEARL IZUMI ウィンドブレークジャケット 背面 エアーベンチレーション PEARL IZUMI ウィンドブレークジャケット 背面 エアーベンチレーション

背面に設置されたエアーベンチレーション。

ウィンドブレークジャケットも、全面防風から前面防風に仕様変更されたという事ですね…。

ウィンドブレークジャケットより想定気温が5℃高い想定気温10℃のソフトシェルジャージですら全面防風だったんですよね。
前のジッパーを下げても内にこもった汗の逃げ場がなくて蒸れて蒸れて…。

背面にベンチレーションがあれば、ジッパーを下げて入った空気が背中へ抜けるので茹で上がらなくてすむ筈です。

PEARL IZUMI ウィンドブレークジャケット バックスタイル

背面の黒い箇所、袖の赤い箇所は通気性のある素材。

PEARL IZUMI ウィンドブレークジャケット プリント PEARL IZUMI ウィンドブレークジャケット プリント

デザインのためのプリントはいまいちですね。剥がれてきそうなので。
それにウィンドブレーク素材の透湿性を高めたいのなら、プリントしないほうが。

PEARL IZUMI アシストジャージ プリント PEARL IZUMI アシストジャージ プリント

もしかして…とアシストジャージを確認してみたら、一度も使っていないのに、プリントが剥がれかけていました…。

フィット感。

身長168cm、チェスト91cm、ウエスト82cmでMサイズ。
少しきついような気がします。

サイズ表/メンズ/トップス&パンツ・タイツによれば、Mサイズでチェスト88~94、ウエスト74~82。

トップスの場合ウエストはあまり関係ない筈なんですけどね。
どうやら、あまり伸縮性がないのできつめに感じるようです。前傾姿勢を取ると胸のあたりの生地があまるのでサイズが小さすぎるという訳では無さそう。
肩幅が足りないような気もしましたが、こちらも前傾姿勢を取ってみたところ大丈夫でした。
ロードバイクに乗るためのウェアなので直立姿勢でフィット感を確認してはダメという話しですね。

しかし、SHIMANO パフォーマンス ウィンドブレークジャージのヨーロッパ S(ASIA M)よりPEARL IZUMI M のほうが若干小さめなのは確かです。

LサイズからMサイズに切り替えてよりタイトフィットにして空気抵抗を減らしたいと考えていたので、すこしきついかもしれないと感じる位タイトでいいんですけどね。
でも、ジャケットって重ね着前提で大きめに作ってあるんじゃ…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

PEARL IZUMI 「ウィンドブレークジャケット」届くへのトラックバック