さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

WH-6800フロントのメンテナンス

WH-6800フロントのハブのメンテナンスヽ(´ー`)ノ

WH-6800 フロント ハブのメンテナンス WH-6800 フロント ハブのメンテナンス
WH-6800 フロント ハブのメンテナンス WH-6800 フロント ハブのメンテナンス

ホイールの左側から分解し、右側からハブ軸を抜きました。

WH-6800 フロント ハブのメンテナンス

リテーナーごとベアリングを取り外し。

WH-6800 フロント ハブのメンテナンス

リテーナーをグリスアップして元の場所に戻すだけ。
なんて簡単なんでしょう(*´∀`)。

WH-6800 フロント ハブのメンテナンス

ハブのクリーニングも簡単で、ワイプオールのような、糸くずのでないウエスで拭き取るだけでOK。

WH-6800 フロント ハブのメンテナンス

玉あたリは、デジタルアジャストシステムなので誰がやっても同じ結果になるという記事を読んだ事がありましたが…。
締めすぎてゴリゴリ、緩すぎてガタ、ちょうどいい玉あたリの位置を何度もさぐらないとうまくいきませんでした。

玉押し保持間座をはめ込むとハブ軸と玉押しが固定されます。

ギザギザのどこかで固定しなければならないので、微妙な調整ができないのは確かですが、そのギザギザのどのあたりで固定したらいいのか考え込んでしまう状態。

ガタが無く、かつ軽い位置…。ひっくり返した車体にホイールを装着してゆすってチェックしているのでガタは無いと思いますが…。もっと玉あたリを緩くしても良かったのかどうなのかは…。

砂が入ったようなジャリジャリ感が無くなり回転もまぁまぁ。

壊してしまったリアは、スモールパーツが届き次第直します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

WH-6800フロントのメンテナンスへのトラックバック