さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

吾妻ひでお(著)「ちびママちゃん[完全版]」読了

復刊ドットコムの、ちびママちゃん[完全版]をやっと読み終えました。

吾妻ひでお(著)ちびママちゃん

ちびママちゃん[完全版]

吾妻ひでお(著)ちびママちゃん

秋田書店の単行本。
はじめて買った吾妻ひでおの単行本でした。
買ったのは高校1年の時なので36年前…。

どの作品が未収録なのか、1977年と1978年に秋田書店から出た最初の単行本、そして朝日ソノラマのネムタくんに収録されている3編、21世紀のための吾妻ひでおに収録された1編と比べながら…。

どの作品が未収録だったのか確認しながら読み進めたので、時間がかかり…。これは読んだことが無い、おそらくこれは未収録だと思ったら秋田の単行本に入っていたり、何度も読んでいるのにほとんど忘れているという…。

解説によれば、11編未収録、他の単行本2冊に4編、それでも7編が未収録で、それらの作品を雑誌で探すのは極めて困難。
未収録分の原画をふくめ、すべて残っていて良かったです。

表紙のイラストは、デザイナーによるトレスのようですが…。難しい絵柄なんでしょうね。模写してみましたが、ななこや、ミャアちゃんより似せるのが難しい…。

そういえば、買ったまま読んでいなかった吾妻ひでおさんの単行本があったような?という事で、書棚から、1995年に出版されたOh!アヅマ (Bunka comics)を見つけ出し読む。

失踪日記p125でふれられている、コスプレ奥様、マニアックるいちゃん等、漫画家として復帰した頃の作品が主なのかな?と思ったら…。

いなおり天使 1989年

1989年のいなおり天使も収録されていました。頭身が高いですね。そういえば、1986年に出版されたスクラップ学園の表紙のミャアちゃんの頭身も高くなっていて…。

スクラップ学園3 1986年

スクラップ学園3 PLAYCOMIC SERIES SPECIAL 1986年。
本編は4頭身半位。

80年代後半はこういう絵柄だったのかと思いながら読んでいましたが…。

「89年11月わたしは某社の原稿をほっぽって逃げた」失踪日記p5、と連載されていた時期が一致…。

これは、あまりふれないほうがいいのかも…と思いましたが、逃亡日記p21では二度目の失踪の直前に連載していた作品という事になってますね。担当の方との関係は今でも良好。

ワンダー・AZUMA HIDEO・ランド

ワンダー・AZUMA HIDEO・ランド

復刊ドットコムから刊行された、ワンダー・AZUMA HIDEO・ランドも読了。
刊行されたらすぐに買うようにしないと次の本が出ないかもしれないので、買うだけ買って梱包もとかずに積ん読になっている事が多くなってきているのですが…。

濃い本でした。最新作の短編はアンソロジー本や雑誌で既読のものが多かったものの、ちゃんと描き込んであるのに未発表になっていたものとか。収録して欲しかったパロディもののイラストも入っていたり。

気がついたら、ちびママちゃんからかなり話しがそれてました…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

吾妻ひでお(著)「ちびママちゃん[完全版]」読了へのトラックバック