さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

あざみライン 富士山須走口五合目

くまさん1号さんと、あざみラインに行って来ました。

富士あざみライン - ルートラボ - LatLongLab
富士あざみライン

走行ルート。

自走、道志みち経由のあざみライン。

昨年、富士の三本締めであざみに行った時は、くまさん1号さんの車で須走まで行ってそこからあざみでした。
2010年に自走で行った時は3km近く押しました。

自走であざみなんて無理、と言われる事も多いのでどうなる事かと。

山伏峠

道志みち山伏峠。標高1100m。ついていこうと努力するものの、くまさん1号さんの背中が見えなくなり…。
そんなに登った気がしないのに都民の森と標高が変わらない。

トンネルを越えて山中湖側に出ると急に気温が下がりました。

須走のローソンで補給して、あざみライン登坂。

5km程登り脚が削られているような感覚があるのに馬返しはまだ先。
あざみラインは馬返しから先がきついんですよね。

5kmから8.5km地点あたりが激坂区間だったようで…。コースレイアウトをもう少し調べておけば良かったのかも。
昨年も登っていますが、細かなところは忘れていて。

馬返しまでは25Tで、馬返しから先は28Tで登りました。

頂上が近づくにつれ雨。濡れたグレーチングの上で踏むと滑る事は知っていたので、そーっと通過…するつもりがシッティングなのに後輪が少し滑りました。斜度があるからでしょうね。

1時間33分52秒

タイム1時間33分52秒。
遅い…。でも、自走で来たのに足つきなし蛇行なしで登れたので…。

富士山須走口五合目 富士山須走口五合目
富士山須走口五合目 富士山須走口五合目

富士山須走口五合目。標高2000m。

あざみライン 馬返し

下り時撮影。馬返し。道が険しくなり乗ってきた馬を返すので馬返し。
ここまでも急な坂ですが…この先が…。

あざみライン

下り時撮影。平地のように見える12%。

あとは246で帰るだけ…と思ったら。

谷峨駅方面からの大野山 谷峨駅方面からの大野山

谷峨駅方面から大野山に向かう坂。◎コンクリート舗装が出現したり…。

都夫良野地蔵堂

都夫良野地蔵堂。

セブン-イレブン松田惣領店

セブン-イレブン松田惣領店で休憩。

さすがにこの先は246をまっすぐ…と思ったら。

大井町篠窪の坂

大市町篠窪の急坂。渋沢の峠に向かう道。

獲得標高3300mになりました。

■出費

補給 2238円

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 8時間56分30秒
走行距離 184.11km
平均速度 20.5km/h
積算距離 43555km
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

あざみライン 富士山須走口五合目へのトラックバック