さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

和田峠ポタリング

RNC7で和田峠に行って来ました。

和田峠

登坂開始地点、陣馬高原下バス停。

タイムは計測開始地点の陣馬亭の柱が雪で倒壊してしまったので、柱の土台から。
計測区間を変えてしまうと、これまでより速くなったのか遅かったのかわからなくなってしまいますからね。

前半、きつい…。自転車をサボっていたツケなのか?この程度できついと感じてたらどうにもならないな~と。
後半は、タイムを気にしないでただ登るだけになりました。

頂上が近づいているに従って空が黒くなり…降られるのかなと思ったら降ってきました。

和田峠

頂上に到着した頃には本降りで、雨宿りしていたら雨脚がさらに強まりました。

タイム、22分21秒。長い間本気でTTしても23分台だった事を考えるとまぁまぁじゃないでしょうか。

和田峠 和田峠

滝のような雨。雨宿りできたので助かったものの…。

和田峠

路面に水が溢れて川のように…。

夕やけ小やけふれあいの里

ところが、夕やけ小やけふれあいの里まで下ってみると、なんとまぁ路面が濡れた形跡すらなく空を見上げてみると晴天…。
雨が降っていたのは和田峠の周囲だけだったようです。

RNC7で登った感想。やや前乗り、トップチューブが長めのセッティングがなかなかいいようです。
後ろから前へというペダリングでは腰の位置を固定するためにハンドルを引く事になりますが、上から下へなら上半身の重さで腰を固定できるので、腕に負担がかかりません。

バイシクルトレーニングブック

竹谷賢二氏が推奨している登坂フォームが取りやすいようにRNC7をセッティングしましたからね。

GP4000S2 GP4000S2

履いていったGP4000S II。Wiggle注文7/27で8/3に届きました。一週間で届くんですね。

Wiggle |タイヤ - ロード (クリンチャー) Continental - Grand Prix 4000S II


■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 2時間7分5秒
走行距離 40.53km
平均速度 19.1km/h
積算距離 43169km
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

和田峠ポタリングへのトラックバック