さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

RNC7 ブレーキケーブル交換

RNC7 ブレーキケーブル交換

RNC7のブレーキケーブルを交換しました。

SHIMANO(シマノ) PTFE ロード用ブレーキケーブルセット ブラック Y80098011

SHIMANO(シマノ) PTFE ロード用ブレーキケーブルセット ブラック Y80098011

フリクションの少ないPTFE(テフロン)を選択。

RNC7 ブレーキケーブル交換

リアブレーキのアウターケーブルが傷ついてしまったので交換。
フルアウターでトップチューブの中を通っているので…。

RNC7 ブレーキケーブル交換 RNC7 ブレーキケーブル交換

インナーケーブルを残してアウターケーブルを引き抜きました。

傷んだアウターケーブル

傷んだアウターケーブル。片方を引く時はもう片方を押しながらという説明書を読まずにフレームにケーブルを押し込んだ結果。

RNC7 ブレーキケーブル交換

インナーワイヤーをガイドにして、アウターケーブルをトップチューブに。

バーテープ巻き直し バーテープ巻き直し

バーテープ巻き直しで再利用。

うまくいったと思ったんですけどね。

ペダリングの時、腿にアウターケーブルがあたる事があるので、もう少しアウターケーブルを短くしようと思ってさらに切ったところ切りすぎて…。
ハンドルを右いっぱいに切った時、ケーブルが引っ張られる。万が一を考えると、交換したほうがいいんですよね。
交換したばかりなのに。

SHIMANO(シマノ) ロード用SUS ブレーキケーブルセット [Y80098019] ブラック サイクルベースあさひ

SHIMANO(シマノ) ロード用SUS ブレーキケーブルセット [Y80098019] ブラック
をサイクルベースあさひで買って来ました。ケーブルのグレードはSUS。PTFEのケーブル、高いですからね。

RNC7 ブレーキケーブル交換 RNC7 ブレーキケーブル交換
RNC7 ブレーキケーブル交換 RNC7 ブレーキケーブル交換

ハンドルを右に切った状態でケーブルに余裕がある事を確認。

この状態で、試走してみたところ、ケーブルがやっぱり腿に当たる。
特に下り坂でペダルを回す時に接触しやすい。

おそらく、下りではバイクが前に傾いているので、ペダルがまっすぐだと平坦で踵が下がった時と同じ位置関係になるんでしょうね。

RNC7

アップヒル、ダウンヒルを繰り返しテスト。

ポジションを出したいのか、腿にケーブルを当てたくないのか、どちらなのか…。
サドルを下げると、平坦でもケーブルが腿に接触する。上げると当たらないものの、さすがにこれは上げすぎでは?となり…。

試行錯誤の末、2mm上げて、サドル高67.0cm。サドルを1mm前にだし、サドルハンドル間距離497mmに。
この状態で内股にならないように気を付けて、つま先を下げ気味にしてペダルを回せば、接触しないようです。

リアブレーキケーブルがトップチューブの穴から出てくる位置がもう1cm低かったら、ケーブルと腿の接触は無かったでしょうね。
つまり、RNC7サイズ520ではなく、510なら問題無かったという事になるわけですが…。
長いステムを付けなくても深く前傾できるフレームが欲しかったので。

腿が太くて、ペダリング内股気味。踵、下がり気味。腿の太さはどうにもなりませんが、ペダリングとポジションを見直すしかないのかもしれませんね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

RNC7 ブレーキケーブル交換へのトラックバック