さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

RNC7ポジション調整

ANCHOR RNC7、ポジション調整。

城山湖

城山湖。

城山湖

サドル前後位置を調整しながら登坂。

ブレーキケーブル

リアのブレーキケーブル。このケーブルが内腿に当たる事があるので、フレームに押し込んだらアウターケーブル表面に傷…。

ブレーキケーブル ブレーキケーブル

ネオコットロードフレーム取扱説明書「アウターワイヤーを無理に引かずに片方のアウターワイヤーを押しながらもう一方を引くようにしてください。無理に引くとアウターワイヤーが傷つく事があります。」

説明書を読む前にやってしまったという…。

ブレーキケーブルに不安をかかえて乗るのはまずいので、SHIMANO(シマノ) PTFE ロード用ブレーキケーブルセット ブラック Y80098011が届き次第交換予定。PTFEのほうが、引く力が少なくて済む=指への負担が減るのでケチらずに。

城山湖 城山湖
城山湖 城山湖

登り、下り、それぞれの挙動確認。

ANCHOR RNC7 ANCHOR RNC7

前傾が深いのにハンドルが高いと肩が凝るので5mm下げました。

完成車付属のカーボンのスペーサーが気に入らないので、DIA-COMPE アルミスペーサーに交換。

RNC7、サイズ520はハンガー下がり70なので、BASSO Viperより、BBの位置が5mm下。
その分ハンドルを下げないと落差がでなくなってしまうという…。

RNC7 サドルハンドル間距離498mm、後退幅36mm、サドル高665mm。
BASSO Viper サドルハンドル間距離483mm、後退幅41mm、サドル高654mm。

サドルハンドル間距離が15mm長くなり、サドルが5mm前にでて、11mm高くなりました。

重心補正のフォームは取りやすくなりましたが、ギア1枚分重いような気が…。
ポジションが違うからなのか、ホイールがWH-RS010だからなのか。

WH-6800に交換したらどうなるのかですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

RNC7ポジション調整へのトラックバック