さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

城山湖ママチャリ練

18kgのあさひのシティサイクル、クリシェで城山湖に行ってきました。

城山湖

テニスコート~発電所、登坂開始地点。
ジオラインM.W.+ジオライン3Dサーマル+SHIMANO パフォーマンス ウインドブレークジャケット…ではここまで来るだけですでに暑すぎたので脱いでザックに収納。最高気温は確か13℃…。

ジオラインM.W.とウインドブレークジャケットの2枚で登坂開始。
ギア比はいつものように6段変速の3速、フロント36、リア21、ギア比1.71。

城山湖 城山湖

城山湖。

城山湖

登ってきた坂をダウンヒル。

城山湖

今中大介氏はサドルの後ろに座ることをすすめているし、前乗り推奨は間違っているのでは?と思っていた時期もありましたが、竹谷賢二(著)「バイシクルトレーニングブック」に記述されているように重心を補正するには前乗りが有効みたいですね。

サドルの前の方どころか、サドルの先端に尻がささっているような状態で登ってみたところ、ハンドルを引かなくても城山湖の坂を登る事ができました。

座る位置を平地と同じ位置に戻すとかなりの力でハンドルを引かないと登れない。
左右とも、中指がばね指になってしまい、腱鞘内にステロイドの注射をしている状態なので、ハンドルを引かなくても登れるのなら指に負担がかからないのでそっちのほうがいいんですよね。
いや、強く引かないと力がでない、という意見があるのもわかるのですが。

極端な前乗りの場合、 サドルとクランクの距離が短くなり、サドル高が低くなったのと同じ状態で登る事になるので、膝関節に悪影響がでる可能性があるかもしれません。
今回はママチャリでの実験だったので、ロードバイクのジオメトリ、フォームならここまで極端な事をしなくても大丈夫なのかも。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

城山湖ママチャリ練へのトラックバック