さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

PEARL IZUMI「アシストジャージ」を着て走ってみた

PEARL IZUMI アタックジャージ 2013

15日(土)、名栗湖。上、アシストジャージ、下、ブライトタイツ。
アンダー、ジオライン L.W.ラウンドネックシャツ

PEARL IZUMI アタックジャージ 2013

PEARL IZUMIの10℃のウェアで10℃の時に峠越えをしたら暑くてジッパーを下げても暑くてたまらなくなった事があったので、PEARL IZUMIが15℃と表記しているウェアは最高気温15℃の日に使うといいのかも。

15日は最高気温17℃でしたが、峠を越え、鳥居観音激坂アタックをしても特に問題なく。

2013年モデルのアシストジャージは、アタックジャージやシームレスジャージのサーモドレスネオとよく似た素材のサーモドレスストレッチ。

防風パネルが入っていないので風を通しますが、暑くなりすぎなくてちょうどよかったです。
早朝だけウィンドブレーカー。

特売で夏の終わり頃に買ったばかりなので、使わないともったいないのですが、痩せてしまいLだとゆるく。速度の出る平坦走行時の空気抵抗が気になります。

チェスト92、ウエスト75だと、Mサイズですよね。

厳冬期が来たら、SHIMANO パフォーマンスウインドブレークジャージのSサイズ(ASIA M)を使う予定。

サイクルウェアだけでなく、普段着もサイズがあわなくなってきているので、本当は買い換えたいのですが、ものすごい金額になりそうなので、何とか着られるものはもうしばらく…。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

PEARL IZUMI「アシストジャージ」を着て走ってみたへのトラックバック