さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

BASSO Viper ハンガー塗装 RD取り付け

落車してディレーラーハンガー(エンド)が曲がったBASSO Viperのフレームを修正してもらいました。

RDハンガー曲がり

修正前。

BASSO Viper ディレーラーハンガー修正

修正後。

バーナーで炙って修正してもらったので修正時にエンドが折れる事もなく…。

焼けて塗装が剥がれるのは了解した上での作業でしたので、最初から自分で塗装するつもりでしたが、どうしたらいいのかよくわからず…。

BASSO Viper ディレーラーハンガー塗装

ホームセンターで店の人と相談しながら買ってきたもの。

BASSO Viper ディレーラーハンガー塗装

#320のサンドペーパーで中途半端に残っていた塗装を落とし、下地用のホルツ プライマー グレー噴射。

BASSO Viper ディレーラーハンガー塗装

ホルツ(Holts) アンチラストペイント300ml トヨタ [ 3E5 ] スーパーレッドII MH12016 [HTRC 3]噴射。

この塗料、09 Viperの赤色よりちょっと色が暗いようです。

ディレーラーハンガーだけで終わりにすれば良かったのに他の部分をタッチアップししたら、かえって目立ってしまいシンナーを含ませたタオルで拭き取る事に。

コンパウンド

コンパウンドで磨いたら塗料が部分的に落ちて下地のグレーが…。再度アンチラストペイント噴射。
コンパウンドいらなかったかも。

リアディレーラー SORA RD-3500-SS リアディレーラー SORA RD-3500-SS

リアディレーラー、TIAGRAからSORAへのダウングレード。

10速TIAGRAのRDを使っても良かったんでしょうけど、クランクをSORAに交換して、BBも、SM-BBR-60にしてブラックパーツで統一していたところだったのでRDも黒いSORAに。

RD-4500-SSより、トータルキャパシティに余裕があり32T対応。

RD-4500-SSは27Tにギリギリ対応。プーリーがギアに近づきすぎるのでBテンションアジャストボルトをかなり締め込む必要がありましたが、RD-3500-SSで27Tならほとんど締め込まなくて大丈夫ですね。

RDが壊れた時にチェーンをカットして直結していたので、チェーンも交換。

チェーンの長さ プーリー垂直

アウタートップでプーリーが垂直になるようにチェーンをカット。

ツール缶に押し込んで持ち帰ったアウターケーブルが曲がりすぎていたので、アウターケーブルも交換。

RDはトップとローが決まれば、あとは適切な位置でワイヤーを固定するだけ。

RD調整 ベストセッティング

シフティングレバーを遊び分だけ操作した状態で、チェーンが最小スプロケットから3段目のギアに接触し、音鳴りがする状態がベストセッティング。

BASSO Viper RD-3500-SS BASSO Viper RD-3500-SS
BASSO Viper RD-3500-SS BASSO Viper RD-3500-SS

RDを取り付けた状態。

ゆりのき通り

ゆりのき通りを試走。

シフトアップでチェーンが小ギアに移動する時の音が大きくなったような?しかし実用上問題があるわけでは無く…。
まぁ、こんなもんでしょうね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

BASSO Viper ハンガー塗装 RD取り付けへのトラックバック