さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

城山湖朝練

17kgのあさひのシティサイクル、クリシェで城山湖で朝練。朝行くとトレーニング、それ以外はポタリング。トレーニングメニュー的にはまったく同じなんですけどね。

城山湖

この先を進むと…。

城山湖 落石 城山湖 落石

切れ味の良さそうな落石だらけのダート。
パンクしたのはここを乗ったまま通ったからなんでしょうね。

城山湖

展望台。

城山湖

今日もギア比、6段変速の3速、フロント36、リア21で、1.71で距離700m平均勾配12%の坂を登坂。
いつまでこのギア比で登り続けることが出来るのか。年齢が年齢なので…。

サイクリングニッカ サイクリングニッカ

フリーライドニッカでは暑いので、サイクリングニッカ。
2012年に買った時はあまりにも生地が薄くて驚きましたが、2010年モデルのように毛玉にならないし、これはこれでいいのかも。


mont-bell直営店で手に取ってみた限りでは、2012年モデルのサイクリングニッカとほぼ同じ。
コメント
この記事へのコメント
路面がハイキングコースになってますね。下手な砂利道よりも
怖いです。
その日の体調に合わせられるようなギア比構成にできれば
便利でしょうが、丁度良さそうなギア板が中々見当たらない
というのは6速用の不便な所ですね。
2014/06/02(月) 19:00:16 | URL | 肩甲骨振り #VEwPcYz.[ 編集]
こんにちは。
6速のギア構成はまぁ…。
どちらかというと、急坂なのにわざわざ3速で登るようになってからロードの登坂力も急にアップして、おそらく今が絶頂期だと思うんですけど、もう50なので、この先、これだけの出力を維持できるのかな?と。
30代の頃は考えても見なかった腱鞘炎がながびいたり、体を維持するのが大変ですね。
2014/06/02(月) 20:05:13 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
単純な予測ですが、回復速度が変化していて、
日によって筋力体力のゲージが少ない場合があって、
同じメニューというのが逆に仇となって
残りゲージが少ない日はその分、
体にダメージが蓄積していって、
それが一定値に達して何かしらの体の症状として
表面化したのでは、と思いました。

ギア比を下げるというのは、そういった日に
ゲージに合わせて負荷を調節していくといった
意味合いですが、シティ車だと0.1や0.05刻みで
ギア比を変更するというのは、魔改造に
片足入れる位の手間になってしまうというのが
大変ですね。例えば28-24-22-21-20-16とか
できたら中間だけクロスで平地用に5速相当だけ
残しておくとかできて楽にできそうですが、
輸入スプロケを調べるのが物凄い手間になりそうです。

回復量は気を付けないと時にはセンサーが
正常に作動しない場合もあるでしょうから、
年代関係無く限界値を突破し続けると、
各人のウィークポイントに来たりしますね。
末永く乗っていくために例えばポピュラーに
心拍数計を付けて日々の登坂中の体の流れの
一端の情報だけでも把握してみるという手も。
2014/06/02(月) 21:09:23 | URL | 肩甲骨振り #VEwPcYz.[ 編集]
こんにちは。
いまのところ、城山湖を3段で登るのが無理そうと感じる日が減ってきているので、今のところは。
10年後は、予想できませんが…。
パワーメーターと心拍計があると一番いいんでしょうけれど。
いや、しかし、60になった頃にはどんな事になっているのかを考えると恐ろしいですよ。
今現在の故障は、自転車で登坂の時ハンドルを引くので、それで腱鞘炎ですね。
注射をすると治まるんですけど、注射の回数が増えれば増えるほど腱の強度が下がっていくみたいです。
2014/06/02(月) 21:28:12 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

城山湖朝練へのトラックバック