さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

オーバートルクでパーツを破壊

あさひのシティサイクル、クリシェのチェーンリングについていた樹脂パーツを破壊。

あさひ、クリシェ チェーンリング あさひ、クリシェ チェーンリング
あさひ、クリシェ チェーンリング あさひ、クリシェ チェーンリング

チェーンリングに付いているネジが緩んでいたので、+ドライバーで閉めこんだところ、ネジが空転。取り外して確認してみたら、ボルトではなく木ネジ。

樹脂パーツ固定用…。強く締め込んではダメな箇所でした。

こんな樹脂パーツなんていらないんじゃないか?と思い、破壊作業。
ニッパーで切断。簡単に切れました。

しかし、チェーンケースを取り付けても、チェーンがむき出し。
裾が広がってるズボンで乗ると汚れそうですね。

2008年に買ったママチャリなので、そろそろ買い替え時なのかな?と考えこむ。買い換えるとしたらレガフィーノ

でも、スプロケやチェーンリングがダメになったぐらいで買い替えていたらきりが無いですよね…。

スプロケ、Shimano MF-TZ20 6S。容易に入手可能なパーツ。
問題はフロントのチェーンリング。検索しても見当たらない。

あさひのプライベートブランドCBAの自転車なので、あさひに行けばパーツを確保できるのでは…。

サイクルベースあさひ

サイクルベースあさひめじろ台店で聞いてみたところ、一般的なシティサイクルのパーツなので入手可能とのでした。

右クランク(チェーンリング付き)1260円。
工賃、1365円。
SHIMANO MF-TZ20 1365円。
工賃2100円。
合計6090円。

クランク在庫無しで取り寄せ。

工具

SHIMANO TL-FC10 コッタレスクランク専用工具と、SHIMANO TL-FW30 ボス抜き工具

工具を持っているのに頼んでしまいました。
ママチャリの後輪は脱着が面倒だから…と思いましたが、コッタレスクランク抜きを使えば、クランク交換は簡単だったのかも…。

そして、訂正。
チェーンリング、36Tでした。

いったいどのくらいの数、間違った記載をしてきたのか、調べてみたらあまりにも多くてひとつひとつ記事を訂正するのは無理そう。

6段変速のロー側2枚封印して、3速で36x21、ギア比1.71ですね。
コメント
この記事へのコメント
フロント38Tだと思っていましたが規定どおりの36Tですね。
ズボンによっては裾バンドなどが必要になってくると思いますが、
シティサイクルの樹脂カバーとかは他の自転車のお古とかから
流用できる手もあります。

フロントがあらわになって気が付いたのですが、
クリシェの漕ぎが軽いのはフロント(この場合だと右クランク)が
肉抜きされていて比較的軽量だったからではと考えてみます。
安物だとクランク自体もシティサイクルでも無視できない程の重さで
漕ぎ出しが鈍ってしまいその差で軽いのではと。

スプロケ前後新調してしまうということは、
想像してみるとペダルをSPDに換えてから掛かる力が増えた分、
俗にいう「手裏剣状態」に早めに達してしまったということなんでしょうか。
ペダルで感じるフロント辺りが重く感じるようになってくると、
いよいよベアリング周りのグリスの張替えというのが迫ってきたのでしょうか。
それと部品代や工賃の費用で見る新車にした方が効率がいいという基本定説を
改めてみて感じさせられます。(但し消耗部品のみだけを自分で交換したり、
例えば自転車のフレームのデザインとか買い換えてしまうと、
入手不可も常で愛着があったりして
そう簡単には割り切れない点も大いにありその限りでは無いと思います)
2014/02/03(月) 18:24:56 | URL | 肩甲骨振り #z1uogJ6Q[ 編集]
こんにちは。

世田谷の岡本三丁目の激坂をダンシングでクリアして帰宅する途中、チェーンが滑る音がしたので、チェーン交換しましたが、その後も時々チェーンが滑るんですよね。あさひの方がチェーンだけ新品だと余計に滑りますと言ってました。

もしかすると、SPDというより、今のような形でヒルクライムを続けるのであれば、1年に1回チェーンリングとスプロケを交換する必要があるのかもしれません。

チェーンリングとスプロケを交換してもらって、工賃まで入れても、ULTEGRAのカセットスプロケット1個分と金額的に変わらないし、前後6000円で済むのなら安いのかも。

一気に故障だらけになったら、さすがに買い替えでしょうか。
しかし、イベントでロードバイクでも足を付く人が多い和田峠を登った想い出のある自転車なので、できれば修理して乗り続けたいですね。

グリス…。

出来る人は、ママチャリを買ったら真っ先にホイールのハブをバラしてグリスアップと玉あたり調整をするようですが、比較的簡単な筈のロードバイクのホイールのハブのメンテナンスですらやった事がないので、果たしてどうなりますことやら…。
2014/02/03(月) 19:03:39 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
聞きたいのですが、TL-FW30互換 フリーホイールリムーバー ボスフリー抜き (シマノ ボス式用) 02186 。これは純正と同じ構造なのですかね?アマゾンのレビューで穴がどうこうとあるので気になります。問題ないなら安いので使いたいです。
2015/09/26(土) 13:20:45 | URL | #-[ 編集]
こんにちは。
確認してみたところ、手持ちのものはSHIMANO純正、TL-FW30でした。
SHIMANO純正のものは、ギザギザの反対側の背面に直径1cmの穴があいています。リンク先、純正品に変更しておきます。
2015/09/26(土) 16:15:50 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
確認ありがとうございます。純正だったのですね。穴の確認は直接店舗に確認してみます。
2015/09/26(土) 20:26:53 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

オーバートルクでパーツを破壊へのトラックバック