さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

ママチャリにSPD

ママチャリにSPDペダルを取り付けました。
世田谷をまわるポタリング企画で100kmほど走る事になりそうなので。

ママチャリで和田峠

ママチャリで和田峠に行った時にもSPDペダルを取り付けましたが、そのあとフラペに戻していました。

取り付けたのは、SHIMANO(シマノ) PD-A530 [EPDA530] 片面SPDペダル シルバー

片面フラペ、片面SPD。フラペとして使えるには使えるものの、滑りやすいので、このペダルのフラペ側で登坂するのは厳しいかもしれません。
また、ペダルのどちらかが必ず上を向くわけではないので、クリートをはめたいのにフラペ面が上という事も。
面倒なので、ロードバイクには、SHIMANO(シマノ) PD-M520 [EPDM520L] 両面SPDペダル ブラックを使っています。

結局のところ、片面SPDのPD-A530は、ちょっと使って取り外して保管。たまに使うだけならいいのかなという感じですね。

ママチャリにSPD ペダル交換 ママチャリにSPD ペダル交換

安いペダルなので、ペダルレンチ使用可能。

左側のペダルを取はずす時は、右側のペダルを右足で踏んだ状態で、トップチューブの反対側(左側)へ体を乗り出し、ペダルレンチを左側のペダルにかけて、腰を使って下から上に引き上げる。

右も同じ。
左側は逆ネジなので、動作的には左右とも、進行方向に体を向けた状態で下から上に引き上げるとペダルが外れます。

取り付ける時はねじ山にSHIMANO(シマノ) デュラエースグリス(50g) Y04110000

ホーザン(HOZAN) ペダルレンチ C-200
ホーザン(HOZAN)
売り上げランキング: 1,078

サイクルベースあさひも使っているホーザンのペダルレンチ。

ママチャリのフラペで使うレンチよりさらに薄くなければ入らないSPDペダルにも対応。
(ただし、ペダルレンチに対応しているペダルのみ)

アーレンキー ペダルレンチ

ペダルによってはペダルレンチではなく、8mmアーレンキーで脱着するものも。
高いペダルほど8mmアーレンキー使用。軽量化のため。

アーレンキーで脱着するのが面倒なので、ペダルを買う時は多少重くてもペダルレンチが使えるものを選ぶようにしています。

ママチャリにSPD

ママチャリにSPD。作業時間約10分。
コメント
この記事へのコメント
片面SPDがあまりにも使いにくいので、中古のPD-M520と交換。
ペダル交換に要した時間5分。
2013/12/20(金) 20:59:47 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
SPD+例のクランクセットで脚力次第でかなりの効果が
あるみたいですね。ただ、チェーンケースの壁が難しそうで、
チェーンガードはあるもののスプロケットサイズに
付けられるチェーンケースがあれば
自転車の外観を損ねずに性能向上ができそうですね。
(ここら辺まで手を付けるとコストが跳ね上がりますね。
コスパで考えるとBB交換+玉押しネジの鏡面化でも登坂だけなら
結構滑らかになるとは思いますが、この辺りは好みが分かれそうですね)
2013/12/29(日) 14:52:22 | URL | 肩甲骨振り #uaIRrcRw[ 編集]
こんにちは。

ホローテック2のクランクは、チェーンケースの問題がたしかに。すそバンドをして改造ママチャリの105のクランクを主婦の方が回しているとか…。
BB、クランクの脱着が簡単なので、ママチャリの完成車にも似たようなBBとクランクを採用したらいいのに、と思うんですけどね。
ホローテック2のBBなら私でも交換できますからね。
2013/12/29(日) 15:45:53 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

ママチャリにSPDへのトラックバック