さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

アンダータイツ

寒くなってきたら(パールイズミ)PEARL IZUMI メンズ ブライト タイツの下に、(モンベル)mont-bell ジオライン L.W. タイツ Men’sをはくようにしています。
2010年からこのスタイルを続けていますが、肌が擦れるといったトラブルは無し。

しかし、振り返って見れば、タイツなのにどうして膝から下が緩いのか考え込んだ事が…。
最近はまったく気にしないでズボン下やら、パッド付きタイツのアンダータイツとして使っていますが。

ユニクロのヒートテックタイツですら、ピタピタになりますからね。

今後の製品の改良で、フィット感が見直される事もあるのかもしれませんが、今のフィット感でも、タイツが外に見える状態で使うのでなければ問題ないと思うんですけどね。

ピタっとフィットさせるため、サイクルウェアにはポリウレタンが使われている事が多い。

しかし、ポリウレタンは買ってから、使いはじめてからではなく、製造された時点から数えて4年もてばいいと言われている素材。
伸縮性が落ちてのびてしまうんですよね。

その点、ジオラインはポリエステル100%なので、ポリウレタンのように加水分解による経年劣化は無い。
アウトレット品を買ってしばらく箪笥で寝かせておいても問題ない。

パッド付きのタイツの下に着ても、縫い目はフラットシーマでごろつかない。
裏起毛タイツの起毛部分により多くの暖かい空気の層を追加したような形になるので、それなりに暖かい。
脚上げでつっぱっらない。

裏起毛タイツとウィンドブレークタイツを両方買うとそれぞれのタイツが使える期間が短くなるので、このレイヤリングになっています。
改良されてきてはいるんでしょうけれど、ウィンドブレーク素材のタイツは脚上げしにくいという話も聞きますから。


「モンベル mont-bell ジオラインL.W.タイツ Men's」の検索結果 - Yahoo!ショッピング

mont-bellの直営店で試着してから買ったほうがいいでしょうね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

アンダータイツへのトラックバック