さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

和田峠 鶴峠 今川峠 風張峠

teamTORの山岳イベントで、和田峠 鶴峠 今川峠 風張峠に行って来ました。
獲得標高4000m企画でしたが、トラブルで時間が押してしまった為、風張峠を下りさらに甲武トンネル、大垂水峠の予定はカット。それでも獲得標高3000m越えでした。

和田峠 鶴峠 今川峠 風張峠 - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

矢野口5時半集合だと自宅から矢野口まで25㎞ほどあるし、結局八王子に戻ってくる事になるので、陣馬街道の川原宿で合流。

和田峠登坂開始地点 和田峠登坂開始地点

和田峠登坂開始。

和田峠頂上峠の茶屋

和田峠頂上峠の茶屋。

タイムは23分17秒でした。ハイカーも自転車も多かったので、本気でタイムを計測できるような状況ではありませんでしたが、それでも一緒に登っていた方はゆっくり登って21分台だったとか。
坂をメインに走っている方ではありません。しかし、1ヶ月に走っている距離がすごい人なので、普段から長距離を走っている人は坂も強くなっていくんだなぁと。

紅葉をながめがら後続を待つ

田和峠手前で、紅葉をながめながら後続待ち。

田和峠 田和峠
田和峠 田和峠

田和峠。
標識によれば勾配11%。

薄皮あんぱん

バックポケットに突き刺しておいた薄皮あんぱんを取り出して補給。

鶴峠手前の蕎麦屋

時間がずれこんでしまったので、予定を変更して鶴峠を登る前に蕎麦屋で昼食。

鶴峠

鶴峠。

鶴峠からの下り

鶴峠下り。

今川峠

今川峠。

今日一番の難所でした。
多摩川源流ヒルクライムTT in 丹波山・小菅の情報によれば、最大勾配22%、平均勾配12%。

頂上で、明日参加する人ですか?と質問されたので、それ何ですか?と聞くと、11/17日の大会のスタッフの方々で、明日来てくれれば良かったのに、300名募集して100名しか応募が無かったのでと。
知名度の関係もあるでしょうけれど、きついコースですからね。

道の駅たばやま

道の駅たばやまで補給。
バイクラックが設置されていました。

奥多摩周遊

道の駅ですませておけばよかったのに、トレインを離れて公衆トイレへ。
そのあと、遅れを取り戻さなければと思って、走っていたらなんか変だなと。

奥多摩周遊道路に入るには橋をわたってさらに橋をわたらなければならないのに直進して、小菅村役場方面に向かっていました。
あわてて引き返しましたが、20分ほどの遅れとなりました。
都民の森の頂上で待っているとしたら標高1000mなので、寒い筈。

削れた脚ながら、何とか頂上までたどり着かないと待たせてしまうとまずいと思い、がんばって登りましたが、やはり20分程お待たせしてしまったようです。
標高1000mに加えてすでに日が暮れていましたので、みなさん寒そうでした。
申し訳なかったです。

そして都民の森から檜原村役場方面へのダウンヒル。

キャットアイ HL-EL520 奥多摩周遊

旧料金所の手前あたりで、何かがはじけて飛んでいきました。
一瞬何が起こったのかよくわかりませんでしたが、よく見るとライトの前部分がありません。

飛び散ったのは、ライトの光源部分と乾電池4本でした。
日没後のダウンヒルでライトが無いという段階で無灯火ですから、帰宅できるのかな?と思いながら、路上に散らばったパーツと乾電池を探し出し組み直しました。

ライトが点いた時はほっとしました。
乾電池が一本でも足りなければ点かないし、落下の衝撃で、光源ユニットが破損していても点きませんから。

檜原村役場前でもみなさんをお待たせしてしまいました。
重ね重ね申し訳ありませんでした。

コンビニ休憩のあと、武蔵五日市で離脱して帰宅。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 7時間39分03秒
走行距離 144.30㎞
平均速度 18.8㎞/h
積算距離 36099㎞
コメント
この記事へのコメント
走行中の電池ぶっ飛びは色々と恐怖ですね。
(電池もバントが歪んで自分ごとぶっ飛んだ経験があるので
ひとしお記事の臨場感が伝わってきそうです)
このタイプのライトは長時間だとバッテリーの予備は
あったほうがいいと聞きますが、
記事の通じて予備の重要性を痛感させられました。
(もしくは回転性能を少し犠牲にしてハブダイナモとかも、
しかしスポーツ車だと見解が分かれそうですが)
2013/11/17(日) 18:45:05 | URL | 肩甲骨振り #uaIRrcRw[ 編集]
こんにちは。
今回のケースでは、奥多摩周遊道路が通行止めになる時間帯だったので、薄暗いかわりに自動車がこなかった事で、電池とパーツを回収できた形でした。
乾電池二本は道路脇、残り二本は中央近くにありました。

LED部分は、道路脇。
これも、もし中央に落ちて自動車が踏んでいたら終わりでしたね。

サイクリングの前日には、もしかしたら、トラブルが起きるかもしれない。事故を起こしたり巻き込まれるかもしれないというイメージトレーニングをする事が多いのですが、ライトは見落としていました。

実は兆候があり、ライトのフタがきつく閉まらなくなっていたんですよね。経年劣化で仕方がないと思っていましたが、分解したあと丁寧に組み立て直したらきっちり閉まるようになりました。

ライト二本体制のほうがいいのかもしれませんね。
2013/11/17(日) 19:00:31 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
もしなにかあって帰宅できないときは
私に電話でもしてください 行けるようであれば迎えにいきますよ~~~
遠慮なんてしないでください 自転車仲間なんだし 無事でよかったですよ
2013/11/17(日) 21:09:26 | URL | くまさん1号 #-[ 編集]
くまさん1号さんこんにちは。

できるだけ自走で自力または輪行で帰ってこられるようにしますが、万が一の時にはお願いするかもしれません。万が一は無い方がいいんですけどね。
2013/11/17(日) 21:40:12 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

和田峠 鶴峠 今川峠 風張峠へのトラックバック