さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

城山湖ポタリング

17kgのあさひのシティサイクル、クリシェで城山湖に行って来ました。
ママチャリで城山湖に通うようになって約8ヶ月、これだけ登坂に使っているのにこの自転車なかなか壊れないですね。
修理できる範囲の故障なら修理して乗る予定ですけどね。

法政大学通りの紅葉 法政大学通りの紅葉
法政大学通りの紅葉 法政大学通りの紅葉

法政大学通りの紅葉。

城山湖へ向かういつもの通り道です。適度にアップダウンがあるので、自宅近くの尾根幹みたいなものなのかなと。

城山湖からの眺望 城山湖からの眺望

城山湖は眺めがいいので好きですね。

ダイソー ネックウォーマー

ダイソーのネックウォーマー。
気温14℃で登坂時にこれを使うのは暑くて無理でした。

城山湖 城山湖

城山湖周辺の植え込みは紅葉しているんですけどね。

城山湖 すすき

すすきとか。

城山湖コミュニティ広場

発電所入り口まで下って、城山湖コミュニティ広場。

この広場は、路面が砂地なので、23Cのタイヤでは厳しいかもしれません。

城山湖 ダウンヒル

登ってきた坂をダウンヒル。

今回も、38x21、ギア比1.81による登坂でした。
何度登ってもこのギア比だとぎりぎりなんとか登れている状態ですね。
コメント
この記事へのコメント
登坂の様な高負荷な場合だとBBやハブの玉押し辺りが
早めに削れてくるのが定番だと思うので
(未だ回転に違和感を感じないというのが驚きます。
もしかすると車種だけでなくて新車の際に店で例えば
練習がてらにグリスアップなどした一種のサービス品の
ようなものを偶然引き当てたとか)、
消耗部品のスペアなどを備えておくと今後の故障に
手を打っておけるかもしれないですね。
2013/11/17(日) 18:27:32 | URL | 肩甲骨振り #uaIRrcRw[ 編集]
こんにちは。

玉押しが虫食いだったり、BBがボロボロだったりするのかもしれませんね。開けてみないとわかりませんからね。
ただ走行感はまったく問題ないですね。

安いクロスバイクを買うぐらいの予算をかければ、パーツはどうにでもなりそうな気が。

知人が改造したママチャリには105のクランクや、105のリアディレーラーがついてますからね。どうにでもなるものなんだなぁと。

フレームを溶接するところまでやってしまっているので、そこまでは真似できないでしょうけど。
2013/11/17(日) 22:01:39 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
詳しくなかったのですこしぐぐってみましたが定番の1つとは
露知らずでした、この系統の部品も付くものなんですね。
(ただズボンの裾とかは大丈夫なんだろうかと気になってしまいます)
ここまでカスタムしてるとなるとシティ車の名残りが
もしやフレームだけという外観になっているのではと想像してみました。
(思わずいわゆる「モンタギュー家とキャピュレット家」が頭の中で
再生されてしまいそうな構成水準かとも)

しかも溶接までできるとなると、剛性強化だけでなく部品の流用とかでの
互換性の融通とかも思いのままですね。何でも付けられるというのは
色々な用途にできそうでしょうから。
2013/11/18(月) 22:37:46 | URL | 肩甲骨振り #uaIRrcRw[ 編集]
こんにちは。

「激坂 ママチャリ 105」で検索すると、外観がフレームだけになってしまったママチャリが観られるかも。

チェーンケースは残したいですね。
2013/11/19(火) 06:44:55 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

城山湖ポタリングへのトラックバック