さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

mont-bell春夏 Tシャツ ニッカ編

そんなに遠くまで行かない時はTシャツにニッカスタイルの事が多いです。

■Tシャツ


ウィックロンブリーズスパンのほうが本当はいいんですけど、もう売ってないのでウィックロンのTシャツで。
ブリーズスパンのほうが風がよく通って、毛玉ができにくくてよかったんですよね。
綿のような肌触りなのに、ポリエステル100%。

半袖では腕が焼けて痛くなってくるのでコールドブラック アームカバー使用。

mont-bellのバックポケット付きの自転車用のシャツにサイクール ハーフスリーブジップシャツ Men'sがありますが、素材がウィックロンクールという時点でまず買う気になれません。
どうしてかというと、ウィックロンクールのTシャツを着て真夏に自転車で走ったところ不快でたまらなかったからです。
汗が生地の内側から下に垂れていくんですよね。

■ニッカ


2012年モデル。裾をしぼってはくようにできていますが、店に行って試着してもドローコードが付いている事がわからない可能性あり。
こんなダボダボの状態で?と思ってしまうかもしれません。

ドローコードはサイクリングニッカと同じ構造。

真夏にはちょっとばかり暑くて大変でしたが、春先にはいいですね。
生地は丈夫で今のところ毛玉もほつれも無し。

mont-bell(モンベル) サイクリングニッカ MS/GM/M:10139834:山渓オンラインショップYahoo!店


2012年モデルのサイクリングニッカ。

店頭で確認しないでネットで買って生地の薄さに驚きました。
大きく開くベンチレーションはこれまで通り。
薄くても機能的に問題なければそれでいいのかもしれませんけど…。

暑くなってきたら使う予定です。

買い替えは、次のモデルチェンジの時ですかね。

サイクリングニッカ ベンチレーション

ジッパー開放でベンチレーション。

サイクリングニッカ ドローコード

埋め込み式のドローコード。(フリーライドニッカと同じ構造)

もう少し、生地にハリがあったらいいんですけどね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

mont-bell春夏 Tシャツ ニッカ編へのトラックバック