さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

大垂水峠 牧馬峠 甲武トンネル

獲得標高は高いけれどゆっくり走るという趣旨の山岳トレーニング企画に参加してきました。
山岳走行をしてみようという方が気軽に参加できるこうした企画は必要だと思います。

私もこのコースで速度をだされたら…ブログを書いていられるだけの余力は残っていなかったかもしれません。(すでに1日経過してますがまだ疲労が残っています)

大垂水峠 牧馬峠 甲武トンネル - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

梅ノ木峠も含めて、獲得標高2500m以上の予定でしたが、時間切れで最終的な獲得標高は1996mとなりました。

オールシッティングの予定でしたが一瞬だけダンシングを入れてしまいました。
でも、本当に一瞬だけです。あーあ、ダンシングしちゃったよと…。

大垂水峠 大垂水峠

大垂水峠は、34x15で。

ロードバイクに乗り始めたばかりの頃は、大垂水峠を34x25で登るのがつらかったんですけどね。
比較的重めのギアでも平気になってきました。

牧馬峠 牧馬峠

勾配12%の牧馬峠。

県道76号 天神隧道

天神隧道。

牧馬峠から道志みちにでたあと県道76号を経由してまた国道20号に戻りました。

甲武トンネル

甲武トンネル。

藤野方面から甲武トンネルの登り始め地点に出る途中のゴフル場の坂が結構な勾配で難所でした。

記憶の中では甲武トンネルを山梨側から登るとすさまじくきつい坂…の筈だったのですが、登ってみるとたんたんと登るだけの坂でした。

ちとせ屋

ちとせ屋。

とうふ屋ですが、ソフトクリームもあります。
おすすめはとうふソフトです。

時間切れで武蔵五日市で解散となりました。

走行会そのものとはあまり関係ないのですが、アンカーRFX8の450に乗っている方にお願いしてちょっとだけ乗らさせていただきました。

トップチューブ長が450で、518mmなので、私の乗っているBASSO Viperの515mmよりカタログ値では長い筈ですがハンドルが何故か近くワンサイズ小さく感じられました。

たしかに身長168cmで適合サイズ480なのですが、480でトップチューブ長が534mmなので長すぎるのでは?と思っていたんですよね。
ステムで調整できる範囲ですがステムも高いですから。

適合するサイズと最適なステム長をあらかじめ調べておいても損は無いという事で。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 6時間8分41秒
走行距離 115.25km
平均速度 18.7km/h
積算距離 29870km
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

大垂水峠 牧馬峠 甲武トンネルへのトラックバック