さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

ブレーキシューのアルミ片除去

この間ママチャリのブレーキ音がキーキー鳴ってあまりにうるさいので、リムを削ったアルミ片が刺さっているのでは?と思いブレーキシューを取り外してみました。

クリシェのブレーキシュー クリシェのブレーキシュー

アルミ片だらけでした。

このまま使っていたらリムが削れてましたね。
百均の千枚通しでアルミ片を除去。

ついでにブレーキの片効き調整をしようとして、作業方法がわからなくなり検索。
ロードバイクのキャリパーブレーキならアーレンキーで緩めて左右を均等の状態で締め込むだけでいいんですけどね。
軽快車の前ブレーキ - 自転車・マウンテンバイク - 教えて!goo

ブレーキシューを動かすレバーの軸を(車輪の方)締め付けたら動かなくなりますよ。

これをやってしまい動かなくなりました。
片効き調整とは関係のない箇所だったようです。

ついでなので、DURA-ACEのグリスを入れて締め直しましたがここはレバー軸のあたり調整用のナットだったようです。ダブルナットになっているのはどの程度まで締め込むか調整する為のようです。

軽快車(ママチャリ)の梱包 【TAKAよろず研究所】

スパナで適正な位置に固定しつつ、後の固定ナットを締めます。

そういえばロードバイクのキャリパーブレーキも固定しているのは後ろ側からでした。

泥よけの取りつけにも使っているブレーキ固定の後側のボルトを緩めてみたら、確かに片効きの状態が変わりました。しかし、うまく締め込む事ができません。

ブレーキのバネ部分よりフォークよりの箇所を固定してから、後ろのナットを締める構造だったので、ダイソーで15mmのスパナを購入して調整。

薄型のスパナのほうがいいみたいですね。
途中までしかスパナが入りませんでした。

あさひに片効き調整の工賃は300円。今回の作業で買ったダイソーのスパナ12mmと15mm2本で210円。
ペダルレンチが15mmですが、前カゴがあるので長すぎて作業できませんでした。

前ブレーキ 片効き調整 前ブレーキ 片効き調整

前ブレーキのフォーク側に15mmのスパナ、フォーク裏側に10mmのスパナ。一度緩めて片効き調整後締め込み。

あさひクリシェ

ブレーキシューのアルミ片を除去したのでブレーキがキーキー鳴っていたのも直りました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

ブレーキシューのアルミ片除去へのトラックバック