さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

ばね指再発 腱鞘内注射

ロードバイクでまたばね指です。
ある程度の勾配の坂はブラケットを強くひかないと登れないので。

前回ばね指の治療で、ケナコルトAというステロイドの腱鞘内注射をしたのが5月11日なので、10ヶ月は持ってくれた事になりますね。

ケナコルトAの注射はこれで5回目です。
ケナコルトAの副作用について書かれた記事もネット上にありますがひどい腱鞘炎に関しては医師が良しと判断する限りにおいては仕方が無いんじゃないかと思います。

膝は故障しなくなりました。

カント角の問題もあったと思いますが、ロードバイクの科学P109に「登り坂は手加減しましょう。筋力は3ヶ月ぐらいですぐに強くなりますが、筋肉と骨を結ぶ腱には血管が少ないためすぐには強くならないので、故障がでる可能性があるからです」とあるように、腱が弱くて膝を痛めていたのかもしれません。


基本的に知っておいたほうがいい知識にさらに数値的な検証を加えた本。
数字をみてもさっぱりわからないんですが、読み物としては十分楽しめました。
コメント
この記事へのコメント
うわぁ、大変でしたね。
自分は以前に薬指がバネ指になって、
医者に見せたら即手術(泣)
局所麻酔で30分。

原因は力の入れ過ぎなんですが、、、、
2012/03/06(火) 22:50:56 | URL | ha-ru #-[ 編集]
ha-ruさんこんにちは。

以前、自分から手術して欲しいと申し出た事もりましたが、注射して様子をみましょうと言われ続けて今に至っています。

注射すると、痛みとばね指はとりあえずおさまるんですよね。

坂を登るときの指の使い方のコツもあるのかもしれませんね。
2012/03/06(火) 23:05:09 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

ばね指再発 腱鞘内注射へのトラックバック