さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

mont-bellのジャケット

mont-bellのジャケットが入っている透明衣装ケースのフタをあけてみました。

サーマライドジャケット

サーマライドジャケット(2009年モデル)。

自転車ではほとんど使わなくなり、普段の防寒着として使用中。
写真のものはまだ袋からだしていません。

気温が0℃近い時にはこれを着て走る事もあるかもしれませんが、大きめのザックを背負って暑くなったら脱ぐ事ができるようにしておかないと気温が上がってくると暑くて大変かもしれません。

徒歩や買い物で軽快車に乗る程度の運動量ならこれでも大丈夫ですが、逆にいうとそれならユニクロのダウンでいいのかも。

サーマライドジャケット

アウトレットに在庫があるうちに買っておこうと思って確保したものですけれど、いまだに売れ残っているようです。

サイクルトレーナージャケット

15200円も出して買ったサイクルトレーナージャケット。

店頭で確認した限りでは問題無さそうだったのですが、洗濯表示にしぼってはだめとあるので、全自動洗濯機に放り込むわけにもいかず、それにしては汚れが付きやすく落ちにくい。

パールイズミのアタックジャージなら全自動洗濯機で洗えるので汗まみれになっても大丈夫で暖かさはほぼ同じ。

となると、サイクルトレーナージャケットの出番が無くなってしまいます。

サイクルトレーナージャケット

ファクトリーアウトレットに2010年モデルがまだ残っています。

2011年モデルはすでに在庫僅少。
秋にmont-bell南大沢に行きましたが、店頭に置いて無かったので、どのようにモデルチェンジしたのか確認できませんでした。
入荷時期はもっと寒くなってからなのかな?と思っていたら冬には在庫がオンラインにも無い状態。
あまり作らなかったんでしょうね。

ライトシェル・サイクルジャケット

ライトシェル・サイクルジャケット。

予備で買っておいたものでまだタグが付いています。
2年も着たらもうだめだろうと思っていましたが、3年目でもなんら問題なかったので、この冬には使う予定がありません。


結局使い込んでいるのはライトシェル・サイクルジャケットだけです。

今年の1月1日にはライトシェル・サイクルジャケットを着て和田峠に行ったし、先日の檜原の小岩、風張林道の時にも着ていきました。

気温が5℃を切ると厳しい薄いジャケットですが、前面防風、後ろはジオライン3Dサーマル(ポリエステル)なので蒸れない。メッシュのフリース層で吸汗、保温。
洗濯機で何度も洗っていますが大丈夫です。

空気抵抗の事を考えると、いかにもサイクルウェアというタイトフィットなウェアを選んだほうがいいみたいですけどね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

mont-bellのジャケットへのトラックバック