さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

城山湖ポタリング

ウェアのテストもかねて、城山湖登坂ポタに行ってきました。

めじろ台 城山湖 - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

午後3時の気温は5℃。
部屋の中は暖房なしの状態で10℃。
10℃で着込んだ上に、椅子に座った上からふとんを腰から下にかけてPCに向かっている状態。
感覚的には、部屋の中で10℃でこれだけ寒いのに、外が5℃で自転車って寒くないか?と思いましたが…。

5℃でも、10℃対応のソフトシェルジャージが暑くてジッパーを下げたぐらいでした。

城山湖 城山湖

城山湖。

暑くなってきたので、ソフトシェルジャージのてジッパーを下げました。

城山湖小松ルートを登っていたら暑くなってしまい途中でソフトシェルジャージのジッパーを下げました。

このジャージ、透湿性がもう少しあったらいいのになぁと。
ちょっと蒸れる感じがするんですよね。

暖かくていいジャージなんですけどね。
部屋の中で着ていても割と暖かいです。タイトフィットで冷たい空気が入ってこないからかもしれません。

リクセンカウル マイクロ150プラス サドルバッグ

リクセンカウルのサドルバッグ、マイクロ150プラス。

ずり落ち対策でアタッチメントにパンク修理用のパッチシートを貼り付けましたが、それがうまくいったようで、サドルバッグが下がって来て腿に当たる事はありませんでした。

ただ、レーパンや、パッド付きの専用タイツをはいて走る分には腿に当たる事はないのですが、サイクリングニッカなどをはいていると気持ち当たってしまうようです。

ニッカをはいていて当たるといっても、接触したかな?という程度なので許容範囲内ですね。
擦れてこまるとか、レーパンに穴があくとか、ささくれだつとかそんな状態ではないので。

【送料無料】PEARLIZUMI (パールイズミ) 3350-BL ソフトシェル ジャージ  Be.BIKE - Yahoo!ショッピング


【楽天市場】PEARLIZUMI パールイズミ ソフトシェル ジャージ 3350-BL 【2011年秋冬モデル】【自転車】【ウエア】【送料無料】:Be.BIKE

気温5℃なのにソフトシェルジャージで暑いという事は、ウィンドブレークジャケットだと暑くて着ていられないかも…。

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ 150プラス サドルバッグ AS821
RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)
売り上げランキング: 12969

スペアチューブとデジカメ、ワイヤーロック錠を入れているだけなので、防水のデジカメにしてワイヤーロックを小さなものにするか、今のワイヤーロックをバックポケットに収納すれば、こんなに大きなサドルバッグは要らないのかもしれません。

デジカメが防水じゃないと、バックポケットで温まって、撮影時に外気温で冷えるとレンズの内側が結露してまともに撮影できなくなるんですよね。

携帯電話は防水のを使っているので携帯のカメラ機能だけですませれば問題は即座に解決なんですけどね。
せめてコンデジで風景を撮りたいと考えているからこんなサドルバッグになっています。

トップチューブバッグのほうがカメラを取り出すには便利そうなんですが、ダンシングの時に脚が接触しそうなので使っていません。

いろいろ書きましたけど、マイクロ150プラスには、サドルを後ろにひいていても腿にあたらないサドルバッグとして今後も活躍してもらう予定です。

あと、今日は、登坂時のギア比を変えてみました。

小松~城山湖で、コンパクトのインナー34Tのリア24T。
都井沢~城山湖でアウター50Tのリア21T。

都井沢~城山湖をこのギア比で登ると、ちょうと和田峠を34Tx27Tで登るのと近い負荷になるようです。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 1時間20分05秒
走行距離 23.44km
平均速度 17.5km/h
積算距離 24967km
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

城山湖ポタリングへのトラックバック