さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

ハンドルが下向きだと摘発?

asahi.com(朝日新聞社):競技用自転車の摘発急増 ブレーキ不備のまま公道走行 - 社会

競技用の自転車で公道を走行し、摘発されるケースが今年、東京都内で急増している。ブレーキが装備されておらず、整備不良にあたるとみなされるためだ。昨年には、違法走行による死亡事故も起きた。震災で自転車通勤に注目が集まるなか、警視庁は取り締まりを強化していくという。

 この競技用自転車は「ピスト」と呼ばれる種類。スピードが出せるため、10年ほど前から自転車通勤者らの利用が増えている。3~4年前からは、より軽量でファッション性の高い商品を求める利用者の間で人気が高まり、ブームとなった。
ノーブレーキピストは摘発されて当然ですが競技用自転車って…。

競技用自転車という用語が使われる時って大抵、うちの町に来るなとか、公道を走るなという論調のものが多くて。でも競技用自転車の定義が…。

ロードバイクもツーリングやポタリング、通勤にも使える自転車なのに競技用自転車と呼ばれる事が多いんですよね。

この記事の「競技用自転車の特長」という図解がちょっとすごい。
「ハンドルが下向き」
「サドルの位置が高い」
「タイヤが細くて、大きい」
「ペダルに足止めがある」
ノーブレーキピストは論外ですけど、ランドナーやロードバイクもドロップハンドルだし…。サドルの位置もママチャリでもちゃんと走れる高さにすると結構高めになるし。

ロードバイクが走っているのを見て「競輪選手が走っているよ」というのと同じレベルでこの記事も読まれる可能性があるので、ちゃんと公道を走れるロードバイクに乗っている身としては周りから危険な自転車に乗っているものと勘違いされないかかなり心配です。

歩道暴走自転車の特長「前カゴがついている」と書くのと同じレベルの記事だと思うんですけどね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

ハンドルが下向きだと摘発?へのトラックバック