さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

「アオバ自転車店16」の交差点左折巻き込みの描写

アオバ16巻を読んでいて、あれ?と違和感を感じたシーン。

アオバ自転車店 16巻より

アオバ自転車店16巻より。

車道を走っている自転車のほうが交差点で左折巻き込みされにくい筈なんだがなぁ…。
むしろ、横断歩道横の自転車横断帯や、左折巻き込みしてくださいといわんばかりの自転車レーンのほうがあぶないと思うけどなぁ。

南大沢の自転車レーン

南大沢の自転車レーン。
一度左に曲がってから直進する形になるので巻きこまれやすくなる。

交差点の左折車は横断歩道の歩行者を気にして減速しているし、左折車の内側にはいらないで後ろについてまっすぐ進めば巻きこまれる事はあまり無いと思うんですよ。

左折巻き込みなんて普通にある事じゃんという意見も多かったので、ロードバイク、ママチャリともに意識して走ってみたんですけど、車道を走って交差点を抜ける時より路駐をよけて走っている時に車線変更で巻きこまれる、細い道に左折する自動車が自転車を追い越してから左折といったケースのほうがあり得るような?

確かに左折巻き込みは常に気にしているので、交差点で発進するときには、後方確認して左折車には先に行ってもらっているし、交差点での左折巻き込みの危険がまったく無いと思っている訳じゃないんですけどね。

YouTube - タクシーと自転車の事故です。決定的瞬間!

路駐をかわしていたらウィンカーもださずに路線変更されて自転車が巻きこまれた動画。
これだとよけようが無い…。


自転車の安全鉄則 (朝日新書)
疋田 智
朝日新聞出版
売り上げランキング: 96166
コメント
この記事へのコメント
車を運転する立場から言いますと、車道を走る自転車のほうが遙かに厄介に感じます。車のドアミラーの死角に入られてしまうとまず見えませんから。

自転車やバイクでの併走やすり抜けは危ないのでやめてほしいですね。私も車を運転するまではやっていましたが、ドライバーの側に立ってはじめて怖さがわかり、やめました。
2011/06/22(水) 23:03:37 | URL | ben #UV6oUkaE[ 編集]
benさんこんにちは。

自転車と自動車の事故は出会い頭が多いので、その事を考えると、車道走行の自転車のほうが視認性がよく、安全という意見が最近は多く見受けられるようになりました。

たとえば、日本自動車工業会の提言ですが、

http://www.jama.or.jp/safe/bicycle/pdf/bicycle.pdf

日本自動車工業会からの提言
日本自動車工業会は、本提言において、上記の問題を踏まえ、特に自動車対自転車の事故に着目し、これらの削減を目指す対策についてとりまとめることとし、以下を要望する。

◆安全・円滑な自転車通行空間の確保
自転車通行空間を迅速に確保するため、自転車レーンの速やかな整備を要望する。

◆自転車の車道通行
特に高齢者、子供等の例外を除き、自転車の車道左端、順行通行徹底を要望する。

自動車側からも自転車は車道を走ってくれという提言が出ているという事です。

しかし、公道の走り方を研究した上で走っている自転車がほとんどいないのも確かでそのあたりの問題はたしかに大きいかと思います。

同じ車道をシェアしなきゃならないという点で面倒というのは、自動車のドライバーの目線からは感じられる事かもしれません。

しかし、その車道をシェアしなきゃならないというのは道交法で決まっている事ですので。

自転車側も、ロードバイクからママチャリに至るまで問題を抱えているかと思いますので、私自身も含めて気を付けるべき点や、同じ自転車に対する意見も出していく必要はあるかと思います。
2011/06/22(水) 23:39:43 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

「アオバ自転車店16」の交差点左折巻き込みの描写へのトラックバック