さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

忌野清志郎 COVERS

忌野清志郎が予言していた原発事故「サマータイム・ブルース」 スポットライト

「サマータイム・ブルース」は、いわくつきの曲だ。1986年のチェイノブイリの原発事故を受けて、全世界で反核・反原発運動が盛んになった。ロック界にもその動きは飛び火し、清志郎さんが、エディ・コクランの同名曲に、日本語で反原発のメッセージを乗せたのがこの曲である。
忌野清志郎の反原発ソング 人気急上昇、CD売り切れ店舗も | エンタメ | ニュース | So-net

福島第1原子力発電所の危機的状況が続く中、故・忌野清志郎さんが1980年代に歌った反原発ソング「サマータイム・ブルース」がにわかに注目を集めている。YouTubeでの再生回数が30万を突破。曲を収録したアルバムも売れ、アマゾンランキングでも上位に入っている。
サマータイムブルース

Youtubeのライブ動画。

カバーズ タイマーズ iTunes

THE TIMERSと、COVERSをiTunesに取り込んだところ。

iTunesにインポートしたらアルバムアートワークが自動的に入ったので、もしかしたらiTunes Storeでもダウンロード販売しているんじゃ…と思ったら普通にありました。
物体としてのCDも持っていたいので、できればCDで買いたい人ですが、データだけでもいいって人はiTunes Storeを利用してもいいかもしれませんね。

Covers - RCサクセション iTunes Store

カバーズ
カバーズ
posted with amazlet at 11.04.02
RCサクセション
USMジャパン (2008-12-17)
売り上げランキング: 2138

ザ・タイマーズ
ザ・タイマーズ
posted with amazlet at 11.04.02
THE TIMERS
EMIミュージック・ジャパン (2006-01-25)
売り上げランキング: 413
忌野清志郎は、反原発ロックをやっていない!:ざまあみやがれい!

忌野清志郎のRCサクセション、ならびに匿名のThe Timersの活動は反体制的だと言われがちだ。とくに「SUMMER TIME BLUES」や「LOVE ME TENDER」が反原発ソングの筆頭に挙げられる。だがそれは正確ではない。「SUMMER TIME BLUES」は、ハッキリと反原発を打ち出しているが、「LOVE ME TENDER」は、正確には反原発ではない。

面白い考証でした。
忌野清志郎さん本人がアンサーソングを歌っていたとか…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

忌野清志郎 COVERSへのトラックバック