さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

計画停電

asahi.com(朝日新聞社):計画停電25グループに細分化 不公平避ける工夫も - ビジネス・経済

東京電力は22日、これまで管内を5グループに分けて順番に停電させてきた「計画停電」について、今後はさらに細かく全25グループに分けて運用すると発表した。より正確な停電の予定を利用者に知らせるとともに、地域ごとの不公平さの解消も狙う。早ければ26日から始める。
現状のグループ分けで私の住んでいる地域は第2グループなんですが、この間実際に停電したのは2度だけ。

停電する事を見越した準備は何度か無駄に。
フタを明けてみたら停電しなかったのにスーパーが店を閉めていたり。
その地域は停電しないとわかっていればそれほど困らないのにという感じですね。

25グループに細分化されたらそれもまたチェックが大変な気もしますが、これまで第2グループの停電予定時間だから営業しなかった店も営業できるようになる可能性が出てくるし概ね歓迎かな…。

本当に計画停電は必要?という声もあるけれど、とりあえず対処しなきゃならない事には変わりないので。

計画停電で消えた信号

計画停電で消えた信号。

中央にたって手信号ではなく、4カ所に警察官がたって誘導。
それでもわかりにくいので、行っていいのかどうか迷ったりも。

停電中もコンビニは営業

停電中もコンビニは営業。

停電中は閉店のスーパー

停電中は閉店のスーパー。

ただ、このスーパーには電気が来ていたんじゃないかと思います。
スーパーの周囲の信号は作動中だったので。
コメント
この記事へのコメント
信号とか大変そうですよね;
防犯とかも・・
あと冷凍食品とか・・
夜勤の仕事の人とか・・・
いろいろそちらの地域は大変なんだろうなーとか ・・北海道から思っています;;;
2011/03/29(火) 09:59:49 | URL | みっくすよーち #frUh5rcM[ 編集]
みっくすよーちさんこんにちは。

冷凍食品といえば、各家庭だけでなくお店の人も大変みたいですね。
在庫を溶かす訳にいかないからとコンビニではフタをしてあったり。

計画停電といいながら回避された時には速く店をあけ、停電したら遅く店をあけるとか、停電なら停電とわかっていれば待機できるのにとか。

停電して節電もしているのに、震災で検針できなかったから先月と同じ使用料で電気代の請求書が来たり、しかも値上げしてあるorz

信号と救急救命の病院だけは停電しないで欲しいですね。

火力が動き始めて多少は好転してきているようですが…。
2011/03/29(火) 16:40:07 | URL | さとぴー #jEdBk3EI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

計画停電へのトラックバック