さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

富士あざみライン 富士山須走口五合目へ

熊蔵さんと富士あざみラインの激坂へ。

富士あざみライン - ルートラボ - LatLongLab

あざみライン部分。

事前に登った人のブログを読んだり、YouTubeで動画を探したり、勾配の状況を示す図表を眺めたりもしていたんですが、待ち受けていた坂は想像を超えていました。

平均勾配10%なので、和田峠や風張林道がが長く続く感じなら踏ん張れば何とかなるかもしれないと思っていたのですが、勾配20%の部分が思っていた以上に長くて全長11.5kmのうち7.5km地点で足つき。

7.53km

足はついたけれどなんとか乗って登ろうと思いましたが、足が売り切れ状態で無理でした。
押して登りました。

押し歩きしていたら20分時間をずらして出発した熊蔵さんが登ってきました。
ちょうど緩斜面だったので、ちょっとのあいだだけ自転車にのってご一緒したんですが、また私のほうは押し歩きに戻りました。

あざみラインを登ったという方の記事を読んでもぴんと来なかったんですが、これからはあのあざみラインを?!と賞賛する事ができます。

山中湖 山中湖

山中湖。

富士あざみライン 富士登山道須走口

富士あざみラインスタート地点。

富士山須走口五合目

富士山須走口五合目の看板。

富士山須走口五合目

富士山須走口標高2000m。

途中から自転車を押して登る事になりましたが、自転車と身ひとつで富士山須走口五合目まで行けた事には満足しています。

88.01km

自宅から富士須走口五合目までの距離88.01km。

富士山五合目 富士山五合目

富士山五合目からは何も見えませんでした。

五合目の売店でチャーハンをたべておみやげを買ってダウンヒル。

売店の人はモンベルのライトシェルジャケットを着てました。山用のブランドだけあって山で観ると違和感ないですね。

五合目はかなり寒かったので、ウィンドブレーカーを着てダウンヒル。
しかし標高1000m分一気に下る形なので、下に降りると暑い…。

すぐウィンドブレーカーを脱ぎました。

帰路の国道246号は下りがほとんどだったので助かりました。
でも、ちょっと坂があるとすぐちぎれるんですよね。何とかしたいですけど。

スポークにサイコン専用の磁石を取り付けてあるのですが、遠心力で磁石の位置がかわってしまっていたようで、速度表示が0kmなのに気がついた時にはすでにかなり走っていたようです。
おそらく約20km分ほど記録されていません。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 8時間31分55秒
走行距離 160.73km
平均速度 18.8km/h
積算距離 15960km
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした 最後に分かれた
橋から 八王子まで24キロだから
トータルで184キロぐらいじゃ ないでしょうか
2010/08/09(月) 08:51:19 | URL | 熊蔵 #-[ 編集]
熊蔵さんこんにちは。

昨日はありがとうございました。
ルートラボでも確認してみましたが、180kmちょっとだったみたいですね。
2010/08/09(月) 13:00:38 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
お疲れ様です。
あざみラインは別格だと思います。

自分は、6月に道志みち→あざみライン→やびつ峠の坂三昧をやって満足したので、今は坂登りへの興味が薄れてます。
今はレースに興味ありです。しかも平地のね(笑)

でも、この記事読んだら9月になったら、もう一度あざみラインを絡めた坂三昧に行きたくなりましたよ^^
2010/08/09(月) 17:46:46 | URL | 海坊主 #-[ 編集]
海坊主さんこんにちは。

海坊主さんの作った攻略法を読んで8kmまで行けば何とかなるのか~等と思いながら挑んだんですが力及ばずでした。

>別格

一度下った先がきついよとは一緒に行った方にも教えていただいていたんですが、まさかあれほどとはといった感じです。
2010/08/09(月) 21:30:15 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

富士あざみライン 富士山須走口五合目へへのトラックバック