さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

ロードモーフG

ロードバイク、クロスバイクで移動中にパンクした時の為の携帯用空気入れ、ロードモーフGで実際にどのぐらいまで空気を入れられるかテストしてみました。

これまでも鞄にいれて走っていましたが、そっちは人に譲ってしまったので、テストに使ったのは先日注文して今日おろしたばかりの新品。

テストの結果は、5barまで。
5barを越えるあたりで、空気が漏れるか、バルブヘッドがすっぽ抜けるようです。
7barは入れておきたいんですけどね。

ミニフロアポンプ対決

ここのテスト結果だと9barまで入っているようです。

もしかすると、バルブヘッドのパッキンの初期不良かもしれないので、トピーク リビルドキット(TRK-RP01) ロードモーフG、ロードモーフ(~'06年)用を注文。

ロードモーフで十分に空気が入ったという話しはネット上にたくさんあっても、ロードモーフで入らなかったという情報はほとんどないので、パッキンの交換だけでいけそうな気もするんですけどね。


TOPEAK(トピーク) リビルド キット (TRK-RP01) YPP03400
TOPEAK(トピーク) (2011-11-10)
売り上げランキング: 40072

CO2ボンベのインフレーターも検討中。

トピーク ワンタイマー PPM059
TOPEAK(トピーク)
売り上げランキング: 47554


トピークのCO2ボンベ「ワンタイマー」の使い方を動画でご紹介。|ぶろぐ・で・あさひ

一気に入ってしまうようなので、少し空気をいれてチューブの噛みが無いかチェックする事はできない様子。
となると手動とCO2両対応のtopeak(トピーク) ツータイマー PPM05800/TTT-2あたりがいいのかな?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

ロードモーフGへのトラックバック