さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

iTunesxNOD32

デフラグをかけた事でiTunesの音飛びはだいぶなくなった筈だったのですが、またブラウザでスクロールする程度で音が飛び出したので、NOD32を疑ってみる事にしました。

検索してみたところ、旧バージョン(v2.7以前)の例でしたが、以下のような記事が。
A tout le monde 僕のPCでiTunesが重いわけ

iTunesがあいかわらず重いので,
NOD32の常駐保護をなんとなくみていたら,

"C:\Documents and Settings\XXXXX\My Documents\My Music\iTunes"
にある,
"iTunes Music Library.xml"
"iTunes Library.itl"
"TEMP File"
が検査されるときに,CPU使用率が100%になることが判明.
早速、NOD32 V4.0のWebブラウザの一覧(ネットに接続しようとするアプリケーションはここに自動的に登録される)の中で、実際にWebブラウザとして使っているIEやFirefox、Lunascapeなどには、より検査するように青のチェックを入れ、iTunesとQuickTimeには赤いXをつけて検査対象から除外してみました。

NOD32アンチウイルス V4.0

加えて、iTunesの音飛びの解決法 -iPod shuffle研究所の記事にある、コントロールパネルの「QuickTime」を開き、「オーディオ」タブの「セーフモード(waveOutのみ)」をチェックなどの対策も行っている状態で現在テスト中です。

とりあえず音飛びしなくなったような?まだ様子見が続きそうですが。

ESET NOD32アンチウイルス V4.0 Amazon
コメント
この記事へのコメント
先日itunesを聴いていたらぱちぱち音がしてぷつぷつ音が切れたんですが……、WAVEファイルの時点ですでにそうなっていました。itunesのせいではなかった(汗
そのCDはもううっぱらっちゃったので再録できましぇーん、悲しい(^^
音楽聞きながら作業することって多いので早く直るといいですね。
2009/10/22(木) 06:32:29 | URL | あいうち #giPNnViI[ 編集]
あいうちさんこんにちは。

iTunesを聞きながらせめてWebブラウジングぐらいはできないと厳しいですね。

IEも8になったので、より重たくなっているのかもしれません。

名曲「帰って来たヨッパライ」を聞きながら作業しているのに、音が飛んで困ってしまって。

まだ1日目なのでなんともいえませんが、とりあえず、今日はまだ音飛びしてません。
2009/10/22(木) 11:25:48 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

iTunesxNOD32へのトラックバック