さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

ポタリングウェア春夏を振り返って シャツ編

モンベル | オンラインショップ | WIC.ブリーズスパンTロング Men's

WIC.ブリーズスパンTロング Men's

夏でも長袖で紫外線を防ぐべきだというので買ってみた。
いざこれを着て自転車に乗ってみると袖がぱたついてあまりよくない。
冬のアンダーには使えると思う。

モンベル | オンラインショップ | WIC.ブリーズスパンT Men's

WIC.ブリーズスパンT Men's

肌触りや吸汗性は綿みたいだけれど、すぐに乾く上、風通しのいい涼しいシャツ。真夏に最適。
脱水機にかけただけですぐに着られるぐらいの速乾性あり。

ただの速乾シャツという人もいるけれど、夏にこのシャツに巡り会えたのは幸いでした。

普段着にも自転車用にもデザインさえ気にしなければ問題なく使える。
自転車の場合腕が紫外線でやられやすいから長袖のほうがいいという人もいるけれど、パールイズミ 407 UV アームカバーと組み合わせて使えば特に問題なし。

問題があるとすればサイズが大きめなので通販で買ってサイズが合わなくて後悔するかもしれない事ぐらい?

ウエストはチェストと同じサイズの寸胴なのでウエストにあわせるよりチェストに合わせて購入したほうがいいかもしれない。

モンベル | オンラインショップ | WIC.ブリーズスパン サイクルT

WIC.ブリーズスパン サイクルT

同じ素材のTシャツだけれどこちらは自転車用。
といってもバックポケットがある訳でもなくただ動きやすい裁断という程度の違い。

ロードバイクに乗るのなら違うのかもしれないけれど、アップライトなポジションのクロスバイクではほとんど違いは感じられなかった。

そう考えるとちょっと高い。

着ない事は無かったけれど高い専用品がもったいないような気がして一般用のWIC.ブリーズスパンT Men'sを着ている事のほうが多かった。

モンベル | オンラインショップ | ジオライン 3Dメッシュ サイクルT

ジオライン 3Dメッシュ サイクルT

ジオライン 3Dメッシュはあまりいいとは思えなかった。
メッシュだから涼しいかというと、WIC.ブリーズスパンより肉厚だし、どちらかというと真夏よりは春向け?
すぐにほつれてくるので着るのをやめた。
デザインもあまりぱっとしない。

モンベル | オンラインショップ | ジオライン 3Dメッシュ サイクルジップシャツ

ジオライン 3Dメッシュ サイクルジップシャツ

ジップ付のシャツ。
それだけで値段が跳ね上がっている感じ。
同じくほつれて来たので、結局着ませんでした。
親に贈呈して着てもらいました。

結局WIC.ブリーズスパンT Men'sがコスパ最強で使い勝手も良好でした。

WIC.ブリーズスパンT Yahoo!ショッピング

P.S
ユニクロのドライメッシュTで夏を乗り切る予定でしたが、あまりにも使い物にならなかったので、モンベル製品に走りました。
サイクルジャージも当初は検討しましたが、ウエストをしぼったピチピチの服だと、ウエストが入るサイズを選ぶと今度は腕が長くなってしまうのでやめておきました。結局Tシャツという形態でかつ真夏のポタリングに耐える服に落ち着きました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

ポタリングウェア春夏を振り返って シャツ編へのトラックバック