さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

熱海峠 箱根峠 大観山

TEAM 山武者の修行で熱海峠に行って来ました。
山は路面が凍結しているので熱海まで行って往復するという話だったので、参加表明。

ところが、湯河原のカオスバーガーがおすすめですよという話が発展して、なぜか、熱海から熱海峠を登坂して芦ノ湖、大観山を超えて湯河原、カオスバーガーというルートに…。

熱海峠 - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

そして、参加者はいつも鍛えている人…。今回は辞退しようかな?でも、ここで辞退してしまったらと迷いながらの参加となりました。
私と同じ位の脚力の人がもう一人いてくれるといいのですが…。

待ってもらう事が前提での参加だと、全体のペースをひとりで遅くする事になってしまいますから。

セブン-イレブン熱海中央町店

熱海に到着するも海でも観ましょうかという事もなく、熱海峠へ向かう途中のセブン-イレブンへ。

トレインに乗る事ができれば遠くまで楽に行く事ができる…のがロードバイクなのですがなんどもちぎれて頑張って追いついての繰り返し。
あとで聞いたら峠がひかえているのに熱海までの道も上り区間は全力で走っていたそうです。

トレーニングのじゃまをするのはまずいし、かといって無理してついていこうとして自力で帰れなくなるのもまずい…。

さじ加減が難しいです。もっとも計算して手を抜こうにもトレインは進んでいくし、熱海峠も普通に登るだけで脚力ぎりぎり。

熱海峠 分岐

分岐で待っていてくれた訳ですが…。ヘルメット取ってますもんね。
かなりお待たせしてしまったんじゃないでしょうか。

熱海峠 熱海峠

熱海峠。

ふくらはぎとハムの筋肉が痛くなり…。
下手に強く踏むと関節を痛めそうな予感がしたので、ここから先はだましだまし引き足だけで進むペダリングで。
まったく余裕が無い状態。

道の駅箱根峠

道の駅箱根峠。

道の駅箱根峠 ヱヴァンゲリヲン 第3新東京市専用自販機 綾波レイ 道の駅箱根峠 ヱヴァンゲリヲン 第3新東京市専用自販機 綾波レイ

道の駅箱根峠のエヴァ自販機。

箱根 大観山 箱根 大観山

大観山スルーで行きましょうという話だったのですが、写真を撮らせていただきました。
神奈川のTEAMなので箱根はめずらしくないのか、それともトレーニング第一だから関係無いのか…。

私の場合は走ったルートの写真をブログにのせたいからというのも…。

大観山から湯河原へ 椿ライン

椿ラインを下って湯河原へ。

湯河原 カオスバーガー 湯河原 カオスバーガー

カオスバーガー。あまり乗り気では無かったのですが、イタリアバーガーを注文したら上質な鶏肉のバーガーでした。
ハンバーグは食べたくなかったので、鶏肉で良かったです。

まだ湯河原にいるのに、参加者それぞれ筋肉のダメージを訴えはじめ。
どんどん先へと登って行く事のできる人たちには余裕があるのだろうと思っていましたが、追い込んで脚をけずっていたようです。

帰路は何とかトレインに乗る事ができたので、座間までは何とか。
離脱後、トレインも無く疲労蓄積、一人では速度を上げる事ができず15km/h。
朝6時出発、夜8時40分帰宅。走行距離210km。

より距離を走るには、ペースを一定に保ち無理をしないほうがいい筈なのですが、あえて脚を削る走り方。
峠ありのロングライドでインターバル走。

まもなく50代後半だしよほどトレーニングしない限り大きな成長は期待できない。いつまで参加し続ける事ができるのかわかりませんが、状況をみながら…。
ホイールを変えたらちょっとは違うのかな。機材の差も。

ただ、機材よりライダーの差のほうが大きいとは思っていて。
新しい機材を買ったらモチベーションがあがって練習量が増えてという流れもあるのかもしれないですね。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 9時間20分12秒
走行距離 210.21km
平均速度 22.5km/h
積算距離 49147km/h