さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

落車したRNC7のメンテナンス

7月3日に落車してSTIに傷が入ったANCHOR RNC7のメンテナンスがやっと終わりました。

STIのブラケットカバーを交換するだけでケーブル全交換、バーテープ交換が必要という時点で面倒なのですが…。

ブレーキケーブルセットと一緒にスモールパーツを注文したら、なかなか発送されずパーツ待ちになっていました。

落車で傷が入ったSTIレバー ST-5800 ネームプレートとSTIブラケットカバーを交換したST-5800

左、補修前。右、ネームプレート、ブラケットカバー交換後。STI本体に入ってしまった傷は1200番のサンドペーパーで処理。

SHIMANO スモールパーツ

送料無料にするために、いつか使う事になるパーツをまとめ、およそ5000円になるように調整した結果届いたもの。

SHIMANO スモールパーツ SHIMANO スモールパーツ

左、SM-CS50 アウターストッパー。右、SM-SP17-M ケーブルガイド(M5/底摩擦樹脂タイプ/紫)

アウターストッパーはBASSO Viperの補修用に購入したものですが、RNC7に使う事もできます。ケーブルガイドは割れたりすべりが悪くなった時用。

SHIMANO スモールパーツ スキッドプレート

今回の作業で使ったスモールパーツ。
左、ネームプレート 固定ネジセット。右、フロントディレイラーの内側の樹脂パーツ、スキッドプレート

11速チェーン

伸びてしまったチェーンも交換。CN-HG601 116L 11s チェーン

ケーブル交換

ケーブル交換がわりと大変でした。ポリマーコートのケーブルの表面に傷を付けないようにしなければならないのですが…。

フロントディレイラー用のケーブルを間違ってリアディレイラー側に通してしまい…。
長さが足り無い事に気がついて引っこ抜き、表面に傷_□○_

シフトケーブルセットの場合、フロントは短く、リアは長いんですね。
インナーワイヤーだけ交換する事が多かったのですっかり忘れていました_□○_

アウターケーブルをビニールテープで固定してからシフトケーブルを入れましたが、横から差込み90度曲げ、ショートノーズキャップの先端に押しこむのはワイヤーに無理が…。
インナーケーブルを通してからアウターケーブルのほうが良かったのかも?

SILVA コルクバーテープ

バーテープはSILVA バーテープ コルクシリーズ

このバーテープを今回も選択したというより、何セットも買い置きのストックがあるのでそれを使うしか無いという…。

バーテープ ハの字巻き

バーテープ、ハの字巻き。やっと隠しテープを使わなくても巻けるようになりました。

スキッドプレート交換

スキッドプレートを交換。
マイナスドライバーでツメを押し込んで固定。

ホーザン(HOZAN) インナーワイヤープライヤー C-356
ホーザン(HOZAN) インナーワイヤープライヤー C-356

変速調整はインナーワイヤープライヤーでちゃちゃっと。

シフトレバーをトップから3枚目に入れ、インナーワイヤープライヤーでリアディレイラーのワイヤーを引きながらクランクを回し、ギアがトップから3枚目に移動する位置でワイヤーを固定。

微調整は必要ですが、おおよその調整これだけで。

フロントディレイラーもトリム操作がうまく決まるところまでインナーワイヤープライヤーで。

城山湖 ANCHOR RNC7

室内で撮影してもぱっとしないので城山湖へ。

ANCHOR RNC7 ANCHOR RNC7

ワイヤー取り回し。

リアのブレーキケーブルのアウターが長いと脚にあたるけれど短すぎてもダメ。
アウターケーブルはトップチューブに入っていてフルアウター。

短くしすぎてあわててブレーキケーブルセットを買い直した事があったので、事前に長さを決めておきトップチューブの後ろ側の穴から15.5cmでカットしました。

ヘッドチューブの下端にケーブルが来るようにしたかったので、フロントのシフトケーブルはやや長め。
擦り傷防止のシールを貼る場所が…。クロモリのヘッドチューブは凸凹が多くて。

しかし、ブレーキケーブルセットをポリマーコーティングケーブルセット ブレーキ用 6800シリーズにしたのに、ただのステンレスとブレーキの引きの重さがほとんど変わらないのは一体。

BR-5800はポリマーコート対応なので、ULTEGRAのポリマーコートのブレーキケーブルを使っても大丈夫なのですが…。
フルアウターのリアブレーキの引きが軽くなればと思っていたのですが、違いがわかりませんでした。

PTFE(テフロン)ですらないSUS(ステンレス)で良かったのかもしれません。

城山湖ポタリング

RNC7は整備中なので乗れません。シフトケーブルはともかくブレーキケーブルがまだ付いていないので、このまま乗るとノーブレーキになってしまいます。
ロードバイクが2台、しかも2台ともクロモリってなんだそれなのですが、こんな時には2台あって良かったなぁと。

城山湖 城山湖

城山湖。

城山湖

城山湖から、新宿、東京スカイツリー。

城山湖

城山湖22%に行くつもりでしたが4時30分をすぎていたのでゲートが…。

SHIMANO ミラークールジャージだけでアンダーを着て行きませんでしたが汗でベタベタしてダメでした。

ジオラインクールメッシュタンクトップを1枚追加するだけで全然違うんですね。ジャージの生地にもよるんでしょうけれど。
ウィックロンのTシャツの下にジオラインクールメッシュをさらに着たりはしないので。

ST-5800 ブラケットカバー交換

ST-5800のSLケーブルガイドとブラケットカバーを交換しました。

ST-5800 SLケーブルガイド 交換 ST-5800 SLケーブルガイド 交換
ST-5800 SLケーブルガイド 交換 ST-5800 SLケーブルガイド 交換

SLケーブルガイドを交換。
ここを弄ったのは、はじめてでしたが思っていたより簡単でした。

ST-5800 ブラケットカバー交換 ST-5800 ブラケットカバー交換

ブラケットカバーをさくっと交換。
簡単にはまるのでアルコールを塗る必要なし。

ST-5800 傷 ST-5800 傷

STI本体の樹脂部分の擦り傷をラバー砥石で均しましたが、落車の時にいい加減削れているのにさらに削ると肉厚が…。

ST-5800 ネームプレートの交換はまだ

こんな感じになりました。

ST-5800 ネームプレートの交換はまだ ST-5800 ネームプレートの交換はまだ

左、作業前。右、作業後。

ネームプレートは届き次第交換。
マジックで印を付けていたおかげでSTIの取り付け位置は大丈夫そう。

あとはケーブルを取り付けて、バーテープを巻くだけです。

落車で傷だらけのSTI取り外し

7月3日に落車したANCHOR RNC7のSTIを取り外しました。

ANCHOR RNC7 STI 105 ST-5800

落車で傷が入った105 ST-5800。
別にここままでも乗るのに支障無いんですけどね。

SHIMANO(シマノ) ネームプレートR & 固定ネジセット(右用)
SHIMANO(シマノ) ネームプレートR & 固定ネジセット(右用)

それにネームプレートを交換するだけならSTIを取り外す必要無し。

ST-5800 ブラケットカバー交換 ST-5800 ブラケットカバー交換
ST-5800 ブラケットカバー交換 ST-5800 ブラケットカバー交換

しかし、ブラケットカバーを交換するには、STIを取り外しケーブル全交換…。

アウターケーブルは再利用可能ですが、手間を考えたら交換しておいたほうがいいでしょうね。

ST-5800 ネームプレート交換

ST-5800、ネームプレート取り外し。

マニュアルには、ブレーキをかけながら変速操作をするとネジが見えるとありましたがST-5800のネームプレートのネジはブレーキレバーを引くだけで露出。

ST-5800 ネームプレート交換 ST-5800 ネームプレート交換

ネジが小さいので精密ドライバー?と一瞬思いましたが1番のドライバーで大丈夫でした。

ポリマーコート インナーケーブル

シフトケーブルのノーズキャップが固くて取れないと思ったら、ポリマーコートのインナーケーブルの表面が削れて詰まってました。
シフト操作が重くて大変と感じていた訳ではありませんが…。

ポリマーコートの表面が剥がれて詰まっていたという記事、結構見かけますね。

STI本体の樹脂部分の傷をサンドペーパーで均してから、ネームプレートとブラケットカバーを交換して、元に戻す予定ですが、変速調整もしなければならないし、何より面倒なのがSTIの取り付け位置を元に戻せるのかという…。

マジックで印は付けておいたのですが、黒いハンドルに黒マジックだったものですから。

ラバー砥石でリム修正

落車の時に削れたWH-6800のリム

前輪がバーストして落車した時に、リムがアスファルトに擦れて傷。

ブレーキングの時に傷があたる訳ではないので、このままでも良かったのかもしれませんが、チューブ交換の時に、バリにひっかるとパンクするなぁとか、タイヤのサイドが切れたりしないのかな?とちょっと不安に。

Continental GRAND PRIX 4 Season

装着したばかりの新しいタイヤとチューブを取り外し…。

WH-6800 リムで走ってしまった傷

リムの傷を確認。

800番の耐水サンドペーパーで修正する予定でしたがネットで検索してみたらラバー砥石で良さそうな…。

ホーザン(HOZAN) ラバー砥石 K-141 YD-1178
ホーザン(HOZAN) ラバー砥石 K-141 YD-1178

ラバー砥石ならたしかろくに使わないで机にしまったまま…。

ラバー砥石

ありました。

ラバー砥石で修正したWH-6800

ラバー砥石で水研ぎ。

段差は残っていますがバリは取れました。
バリでパンクしなければそれでいいので。

「Continental Grand Prix 4 Season」で走ってみた

Continental GRAND PRIX 4 Season

Continental Grand Prix 4 Season

Continental GRAND PRIX 4Season

GP4000S2よりリムへの装着が楽でした。
いい事なんだか悪い事なんだか…。

ハンドメイドだからいいというレビューを見かけますが…ハンドメイドのタイヤって?

城山湖

小松交差点経由の城山湖。

タイヤ重量、GP4000S2、405gから4 Season、430gで25g増。
思ったように走らないタイヤというのが乗ってみてすぐに感じた第一印象。

しかし、坂を登っている時にはそれほど差を感じ無かったというか、むしろ心拍があがるところまで追い込める…。

あれ?心拍が上がらなくてもいいような登坂で心拍が上がっているだけなのかも。

パワーメーターのようなものを持ってないですからね~。感覚的には登坂時は問題なくて、平地時の転がり抵抗のほうが気になりました。

このタイヤで山岳ロングを走ってピンピンしていた人を知っているので案外大丈夫なのかもしれないんですけどね。

GP4000S2より空気圧を高めにしてフロント7.2BAR、リア7.5BARでの走行でしたがGP4000S2のように路面の振動でタイヤが跳ねる感覚が無い。

タイヤが跳ねなくて転がらないという事はもう少し空気圧を上げてもいいのかもしれませんね。

4 Seasonの次は、パナレーサー タイヤ RACE A EVO3 [ALL AROUND] 700×23Cですかねー。

ST-5800 落車あと ST-5800 落車あと

タイヤの話しでは無くなってしまいますが…。7月3日の落車の時に擦れたSTIの傷。

ホイールの傷

ホイールのリムについた傷。

あれだけ派手に落車したのに他には傷の入ったあとがなくて、この自転車どうやって止まったんだろう?と。
落車動画を調べてみたりしてますが、イマイチよくわからないままです。

「Continental GP4000S2」を切ってみた

なんとなく気乗りがしなくて放置していたRNC7の前輪を取り外し、タイヤ交換。

Continental GP4000S2 サイドカット

サイドカットで大穴があいたGP4000S2。

Continental GP4000S2 サイドカット

タイヤブートで応急処置したけれど、チューブに型がついていたりしないのかな?と思ったら付いていました。
小心者なのでチューブも交換。

Continental GP4000S2 サイドカット Continental GP4000S2 サイドカット

PARKTOOL(パークツール) タイヤブート TB-2C。糊が弱くて貼りつかないから挟んじゃえという感じで装着しましたが、チューブによって加圧されているうちにべったり貼り付き…。

Continental GP4000S2 サイドカット

タイヤレバーが突き抜けるような大きな穴なのに、タイヤブートで処置して50km走行しても大丈夫だったという。

こんな事になる前に、サイドカットを無くす事はできなくてもせめて減らす、バーストしないようにする必要がありそうですけどね。

GP4000S2をハサミでカットし、サイド部の厚みを計測。

Continental GP4000S2のサイドをノギスで計測 厚み0.5mm

安いノギスでざくっと計測。サイド部の厚みは0.4~0.5mm?薄いな~。

分厚ければいいという事ではないんでしょうけれど、サイドに耐パンクベルトは入ってないので、サイドカットが頻発してもまったくもっておかしくない。もちろん、サイドカットが起きるような路面を走行しなければ問題ないようにできているんでしょうけれど。

Continental GP4000S2の耐パンクベルト

トレッドのゴムをカッターナイフでそぎ落とし、耐パンクベルトを露出させてみました。
たしかに、この耐パンクベルトのある箇所にカッターの刃をたてても、なかなか切れません。

Continental GP4000S2 簡単に切れるサイド

しかし、ちょっと横に近づくとさくっと切れました。サイドは弱いです。

GP4000S2の走行感は気に行っているんですけどね。
あとほんのちょっとでいいからサイドカットに強いタイヤに履き替えないと、怖くてダメです。

Panaracer/パナレーサー クリンチャータイヤの選び方|サイクルベースあさひ ネットワーキング店

Panaracerロード用タイヤの耐パンク性比較表。

もっとも耐パンク性を重視したパナレーサー タイヤ RACE D EVO3 [DURO] 700×23Cでもサイドカットした事例があるので、切れる時は切れると思っていたほうが良さそうですが、サイドに耐パンクベルトがある無いでは、切れ方が違うと思うんですよね。

オールラウンドのパナレーサー タイヤ RACE A EVO3 [ALL AROUND] 700×23Cも、全体をハイエンドベルトで保護。

側溝にタイヤが嵌ってサイドが切れてパンクしたという画像付きのレビューが投稿されていましたが、ここまで表面が切れているのにこの程度で済んでいるのは、サイドカットを意識した耐パンクベルトがあるからなのでは?と逆に思ってしまいました。

落車で破れたジャージを買い直す

7月3日、ダウンヒル中に前輪がバーストし落車。

落車による怪我

擦過傷と軽い打撲だけですんだのは不幸中の幸いだったんでしょうけれど…。

一回月に二回前輪がバーストしたので、たまたま低速時だったから一回目は良かったけれど、こんなに頻発するんじゃもう乗れないよという考えも頭に浮かび…。

それでも、落車で破れてしまったサイクルジャージを買い直し。

パールイズミ UVフレスコプリントジャージ

PEARL IZUMI 311B UVフレスコプリントジャージ 311B

背面にエアベンチレーションがあって暑くならなくていいんですよね~。
これまで買ってきたジャージは、Lサイズのベーシックフィットだったので空気抵抗がでかい。

Mサイズのレースフィットは破れたこの1枚だけ…。

いつもなら用心深く値引きセールをねらうのですが、安くもなんともない価格で買い直し。

パールイズミ コールドブラックアームカバー

(パールイズミ)PEARL IZUMI 401 コールドブラックアームカバー 401

安くなってから買い直そうと考えている余裕ありませんでした。
腕が細いのでMサイズだとずり落ちてくる。昨年買ったものはあるけれど、ラッセルテープ仕様じゃないからやっぱりずり落ちてくる。

そしてブラックのSサイズは…今見てみたらAmazonにも在庫無し。
アームカバーを定価で買ったのはじめてですが…。

ST-5800 ブラケットカバー ST-5800 ブラケットカバー

シマノ ブラケットカバー(ブラック/左右ペア)

ST-6800と記載されていますがST-5800と共通です。

落車で擦れてしまったので、アウターケーブル交換の時に一緒に交換してやろうかと。
急いで買わなくても良かったのかもしれませんけどね。

ST-5800

あれだけ激しく落車したのに、STIに擦り傷、左STIの取り付け位置がずれただけ。固定ボルトを緩めて修正して固定し直してとりあえず終わり。

ケーブル交換もブラケットカバーの交換も自分でできますが…。面倒だし、ポリマーコートのケーブルは高くていけない。
ケーブルセットだとそんなでもないんですけど、インナーケーブル単体がやたらと高くて、アウターケーブルごと交換したほうが…。

「Continental Grand Prix 4 Season」届く

Wiggleに注文していたContinental Grand Prix 4 Seasonが届きました。

Continental Grand Prix 4 Season

Continental Grand Prix 4 Season

カットパンクを減らしたいのなら23Cより25Cなのでしょうけれど、RNC7だとContinentalの23Cでもクリアランスがギリギリに近い。
フレームサイズによっては装着できないとも…。

Continental Grand Prix 4 Season

サイド、デュラスキン。これでどの程度カットパンクを防ぐ事ができるかですね。カットパンクしてもバーストさえしなければ…。

ただ、このタイヤのバースト事例を何件か検索で見つけてしまい。ビード部分の裂けはどうなのかな~という。
ミシュランPRO4のビード部分が裂けてバーストしたという事例もあるので、不良品にあたってしまったのか、何か装着時や空気圧の問題があったのか、原因究明のための手がかりがあるといいんですけどね。

ブレーキによるリムの加熱でビードにダメージが加わったのかもしれません。
ブレーキシューで直接タイヤサイドを攻撃していた例もあるようです。
8BAR以上入れている方も多いので、高圧によるビードのダメージもあり得るのではないかと思います。8BARまで入れていてもタイヤに表示されている許容範囲でトラブルになるようだとそれはそれで困りますけどね。

Continental Grand Prix 4 Season

4 Seasonのカットパンクの事例をみてみると、GP4000Sとは切れている箇所がちょっと違ってサイドの網目とトレッドの間が切れている事が多く。

指で触ってみましたが、タイヤが折り曲がる箇所だからか溝入り…。ここをヒットすると切れちゃうんでしょうねぇ。

重量230g。GP4000S、205g、25gの増量。

ドライな路面ではGP4000Sよりグリップ力が落ちるようなので気を付けなければいけませんね。

あと、どうでもいいことですが、4 Seasonはゴムの匂いが強いですね。

カットパンク対策

GP4000SIIのカットパンクが一ヶ月に二度あり、ダウンヒル中に落車という痛い目にあいました。その時の走行会参加者よりGP4000SIIのサイドの薄さを指摘された事もあり、GP4000SIIから他のタイヤへの変更を検討。真っ先に思い浮かんだタイヤがこれです。

Wiggle|Continental - Grand Prix 4 Season フォールディングロードタイヤ
主な特長 Continental - Grand Prix 4 Season フォールディングロードタイヤ

過酷な路面や雨天でも性能を発揮するタイヤで、ハイペースの長距離ライドや四季を通じたロードレースに適しています。

トレッドの下の 2層の Vectran ブレーカーベルトにより、市場で最高水準の耐パンク性と耐切創性を実現しました。

23mm と 25mm、28mm のオプションがあり、路面の状況や求められる快適さのレベルに合わせてタイヤを選ぶことができます。

スピードや軽さ、雨天での性能を両立させ、優れた耐パンク性とサイドウォールプロテクションと組み合わせています。
きめの細かいポリアミドケーシングにより、柔軟なパフォーマンスを一日中提供します。

DuraSkin でサイドウォールを補強したブラックケーシングにより、破断や磨耗からタイヤを保護します。
ブラックの "Max Grip Silica" コンパウンドにより、低温や雨天に適した粘着性を発揮し、トレッドの寿命を延ばしています。
サイドをデュラスキンで補強、GP4000SIIのサイドを補強したようなタイヤなのだろうと考えました。

実はWiggleにすでに発注済みなので、使ってみてどうなるかという段階に入ってしまう訳ですが…。

Grand Prix 4 Seasonのネット上の情報も見ておこうと思いGoogle検索。

困った事に、Grand Prix 4 Seasonを履いていれば大丈夫という訳ではなく、GP4000SIIよりややサイドカットしにくいだけのようです。

それはまぁそうなのかもしれません。金属片やガラス片を踏んだら切れるという事ですね。

Continental Grand Prix 4 Seasonがパンク: 多趣味な毎日
↑ガラス片によるカットパンク。
ロードバイクのタイヤが、久々に裂けてしまったので、応急処置:青い空のブログ

4 Seasonと同じデュラスキンのゲータースキンのサイドカット。ただし、7セット目ではじめてのサイドカットだったようです。
タイヤバースト: H A R L E K I N b l o g

4 Seasonビード裂けパンク。新品を装着したばかり。
Continental GP4000 4 Season Sidewall Failure

ダウンヒル中に4 Seasonのビードが裂けてパンクし落車。リムの加熱、ブレーキシューのタイヤへの接触が原因では?という意見も。

ビード裂けで検索すると、様々なメーカーのタイヤが裂けているのでContinentalに限った事では無いようです。

サイドカットの原因 サイドカットの原因

道路を横たわるグレーチングの段差や、落石、金属・ガラス片でサイドカットは起きるので、せめてグレーチングを越える時にはもう少し速度を落とすとか…。

先日の落車時は、幅の広い道路で、路面状況もグレーチングの存在を除外すると良好だったためそれなりの速度でグレーチングに突入していました。

GP4000S サイドカット カットパンクしたチューブ

7月3日の落車の原因となったカットパンク。チューブに約1cmの穴。

まだ、ビード部分からタイヤが裂けた経験は無いので、そこは大丈夫だと信じたいのですが、走行前のチェックは必要なのでしょうね。ブレーキシュー接触によるビード裂けパンクの事例もネット上に出ていましたのでそのあたりも含めて。

MAXXIS ウルトラライトチューブ

チューブは引き続きMAXXIS ULTRA LIGHT TUBE

GP4000SII、205g。4Season、230g。タイヤが25gも重くなるのにチューブも肉厚のものにすると…。
そうでなくても遅いのに困ったなという事でチューブは65gのものを継続使用。

タイヤが切れてチューブに負担がかかって破裂しているので、タイヤのトラブルが無ければウルトラライトチューブでも大丈夫という判断。

BASSO Viper チェーン交換 プーリーメンテ タイヤ交換

BASSO Viperのチェーンを交換。ついでにリアディレイラーを取り外しプーリーにグリス。タイヤを交換してリアのブレーキシューも交換。
自転車店に持って行ったら工賃いくらぐらいなんでしょう。

SHIMANO チェーンカッター

BASSO Viperは9速TIAGRAと9速SORA混合構成なので、昨年の3月に購入済みの11速用チェーンカッター、シマノ TL-CN28の出番はまだ…。

チェーンは9速DURA-ACE、CN-7701。9速チェーンの販売は続いているものの、CN-7701は廃番になったようですが…。

チェーンを切ってリアディレイラーを取り外す チェーンを切ってリアディレイラーを取り外す
チェーンを切ってリアディレイラーを取り外す チェーンを切ってリアディレイラーを取り外す

チェーンを切って、リアディレイラーからプーリーを取り外す。

あのKTCにOEM供給している六角レンチ専業メーカーエイト製のアーレンキーを使用。
精度高いです。
特に3mmあたりになると、精度が低いと六角でも舐めそうになります。

プーリーに注油しましょうという記載をたまにみかけますが、私はグリスを入れるだけで注油しません。
注油したらキュルキュル音がするようになった事があるからです。
注油した事でグリスが流れ落ちた可能性が高いです。

プーリー固定ボルトにはLOCTITE(ロックタイト) ねじロック 222 低強度タイプ 10ml LNR-222を塗布。

汚れを拭き取り、プーリーにグリスを充填して…という工程の写真は撮り忘れ(゜_゜)

新品のチェーンの取り付け時は、まだチェーンカッターで切っていないアウターリンクを使って接続。長さ調整で切るのはインナーリンク側。チェーンが切れにくくなるように。

タイヤ交換 GP4000S

Wiggleで買ったGP4000S。

GP4000Sのサイドカットで派手に落車したので別銘柄のタイヤについて調べているところですが、これまでの6年間にサイドカットでパンクしたのは実質1回。

どういう事かというとカットパンクだったのにそのタイヤを使い続けたため3回パンクした事があるだけで、針刺しパンクした事もなく、知識があれば一度カットパンクしてタイヤブートで処置、帰宅後タイヤ交換で終わっていた筈なんです。

ただ、この一ヶ月に交換したばかりのGP4000Sで二度カットパンクが続きダウンヒルの時にバーストして落車。
ちょっと多いなと思っているところです。これで6年3ヶ月でカットパンク実質3回。

サイドカットしないように走れば切れないとも言えるので、走り方、走行場所等の検討の必要がありそうです。

タイヤ交換 GP4000S タイヤ交換 GP4000S

BASSO Viperのタイヤ交換中にサイドカット発見_□○_
チューブが顔を出すところまではいっていませんでしたが裏面からもわかる深さ。

ブレーキシュー R55C3

ブレーキシュー交換。

BASSO Viper メンテ後 BASSO Viper メンテ後

メンテナンス完了。変速問題無し。

ただ、リアディレイラーをハンガーに取り付ける時にボルトが固くて中々しまりませんでした。
大抵の場合力任せに締めるとねじ山がダメになるので慎重に。

何とか取り付ける事ができましたが、トップ側の調整がずれていて、リアディレイラーを脱着しただけでずれるのは?
調整できましたけどね。

落車後の手当「キズパワーパッド」「防水フィルム」

GP4000S バースト 落車

7月3日に落車し膝と肘に擦過傷。

帰宅後、傷口を水洗いしてキズパワーパッドを貼ろうとしたが、これが貼りつかない。

BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド ひじ・ひざ用 3枚
BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド ひじ・ひざ用 3枚

これなんですけどね。

擦過傷の範囲が広く、かつ関節なので動かすと皺がはいってしまい密閉できない。

防水フィルム

そこで防水フィルムを上から貼って固定する事に。

これが最初よくわからなくて。なぜ中央部分にだけ両面テープが貼ってあるんだろう?と。

肘 キズパワーパッドと防水フィルム

貼ってみると…その中央部分が防水フィルムでした。

キズパワーパッドが浸出液を吸って白くなり潤いを保つには密閉されていなければならないのですが、その隙間をなんとか防水フィルムでごまかす事ができましたとさ。

7月6日、貼り替え~。
水洗いして貼り替えました。そして入浴。おっと順番を間違えた。
膝と肘だけ出す事ができたので何とかなりましたが。密閉療法なので多少濡れても大丈夫なんですけどね。

ダウンヒルで前輪がバーストし落車

鶴峠から田和峠へ向かう途中、ダウンヒルで速度が乗っている時にバーストパンクし落車。

Continental GP4000S サイドカット

タイヤGP4000S。段差を越えただけでここまで裂けました。

白い箇所はPARKTOOL(パークツール) タイヤブート TB-2C
こんなにタイヤが裂けているのに自走可能にできるというのが…。

ちなみに、一ヶ月前にも登坂時にサイドが切れてバーストパンク。おそらく、落石の多い林道を走った後だったからだろうと思っていましたが、今回は一ヶ月前にタイヤ交換してからガレた道を走っていません。

一ヶ月以内に二度サイドが切れてバーストパンク。一体これは…。
聞いてみると、同じチームに所属している他の方もGP4000Sのタイヤサイドが切れてトラブルになったようで…。

ロット不良?品質低下?と疑いたくなるような、しかし単なる使用状況の問題なのかもしれず。
どちらにしてもタイヤサイドがかなり薄い製品なのは確かなので、別銘柄のタイヤに変える等の対策が必要なのかもしれません。

登りでバーストした時に、下り時にバーストしたらどうなるんだろう?と思っていましたが、やっぱり落車なんですね。

GP4000S バースト 落車

膝と肘いずれも左側に酷い擦過傷。

怪我の手当で絆創膏(これが意外に高い)、機材に傷は本人が我慢できれば。ウェアは買い替え…いやこれ高いやつだし。

安全を考えたらタイヤはケチってはダメだと思ってずっとGP4000Sを使ってきましたが…。

決戦用のレースの時にだけ使えればいいというタイヤは高くても耐久性に劣る事がありますが、耐久性があるタイヤだけれど高いからやめとこうという選択はしないほうがいいようですね。

GP4000S バースト 落車 GP4000S バースト 落車

RNC7パンク修理中の様子。

GP4000S バースト 落車

RNC7のフレームはとりあえず無事そう。STIはカバーだけではなく本体にも擦り傷。

■反省点

裂けたタイヤサイド Continental GP4000S

裂けたタイヤサイドを上から見たところ。

道路に横たわる形で出来た段差にそれなりの速度で突入し、今の衝撃でタイヤ大丈夫かな?あれ、タイヤの横に何か付いているように見えるけど…と思っていたらパンッという大きな音とともにパンクし落車。

おそらく、何か付いているように見えたのは切れたタイヤサイド。すぐに止まって点検していたら落車せずに済んでいたと思います。

甲武トンネル 都民の森 今川峠 鶴峠

チーム山武者の修行で、甲武トンネル、都民の森、今川峠、鶴峠に行って来ました。
ちなみに今川峠は私がリクエストしました。
都民の森にいってすぐ小菅村役場に行き、鶴峠じゃいつものコースすぎてつまらないと思ったからです。

甲武トンネル 都民の森 今川峠 鶴峠 - ルートラボ - LatLongLab
甲武トンネル 都民の森 今川峠 鶴峠

走行ルート。

三ヶ木で合流させて頂いたので獲得標高3000mでしたが、厚木から来られた方々は獲得標高3500mでした。

甲武トンネル

藤野からゴルフ場の坂を越え、甲武トンネル登坂開始。

甲武トンネル 甲武トンネル

甲武トンネル頂上。

都民の森

都民の森。

道の駅たばやま

道の駅たばやま。

都民の森を下ったあとここまで来るだけでそうとう脚が削られるコースなんですよね。

今川峠 今川峠

激坂、今川峠を登坂。

小菅村役場

今川峠を下り小菅村役場。

鶴峠

鶴峠。ここもじわじわ来る峠です。

落車 落車

鶴峠から田和峠へ向かう下りで、前輪のタイヤサイドが裂けてバーストパンク。
操舵不能に陥り落車。

左横方向に体がすべり、自転車はどうしてそんな形で止まっているのかよくわからない状況。
さすがにそれを撮影する余裕はなく、山武者のメンバーに手伝ってもらいながらパンク修理。

削れたSTI 落車による怪我

RNC7はSTIが擦れ、ライダーは擦過傷+ウェア破れ。
落ち着いたら自転車の点検もやらないとダメかもしれませんが、リアディレイラーが変速しなくなったりはしていないのが幸い。

クロモリフレームでディレーラーハンガーがフレーム一体型なのであまりにも曲がってしまった場合はフレームビルダーの方にお願いしてフレーム修理になってしまいます。

ハンドルが曲がってますよと指摘され、フォークが曲がったかと一瞬…。ステムだったので5mmのアーレンキーでちゃっちゃっと直す。メンテの基本的な事はこういう時にも役立ちますね。

裂けたタイヤにはPARKTOOL(パークツール) タイヤブート TB-2C

三ヶ木で離脱

上野原方面に下り、相模湖を越え三ヶ木で離脱しました。

落車についての詳細は別途まとめる予定です。

山武者の人達は健脚ぞろいです。朝6時厚木発で午後6時には厚木まで。
普通チーム走の場合、結構時間がかかるものなのですが…。

みなさんよく脚がまわる。フレーム、コンポ、ホイールの重量差はともかく、ペダリリングが何か違う気がする。
今回は、踏み足をじゃましないように反対側の脚を引く事を意識してのぞみました。
多少は回せるようになったのかな?

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 7時間34分10秒
走行距離 155.18km
平均速度 20.4km/h
積算距離 47043km

RNC7 ポジション調整

RNC7のシートポスト突き出し量を1mm増やし、サドルを2mm前に出しテスト…でうまくいったと思ったのですが。

サドルバッグ マイクロ150プラス

サドルアタッチメントに接触するところまでサドルを前に出すのは…樹脂のアタッチメントが破断しやすくなったり?という事で1mm余裕を。

城山湖22% 城山湖22%

城山湖22%。

たった1mmサドルを後ろに引いただけだから大丈夫だろうと思ったのですが、どうもしっくり来ません。
登坂時はサドルの前のほうに座るのであまり関係ないのですが、平地が…。

シートクランプ部からサドルレールまで97mm サドル-ハンドル間距離487mm シートクランプ部からサドルレールまで97mm サドル-ハンドル間距離487mm

シートポスト突き出し量をシートクランプ部からサドルレールまで97mmに戻し、サドルーハンドル間距離も487mmで元通り…の筈がサドルに座ると以前と違う感じがするんですよね。

fi'zi:k ANTARES VERSUS X

中央に深い溝がはいったfi'zi:k ANTARES VERSUS Xなので余計に座る場所が問題に。

fi'zi:k VERSUS X

ちなみに、2016年モデルは溝の角が丸くなってますね。角があたって痛いというレビューが多かったですからね。