さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

城山湖22%ポタリング

RNC7で城山湖雨降林道22%に行ってきました。

城山湖22% 城山湖

最大勾配22%の坂をシッティングで登坂。
途中自転車が止まりそうになり、RNC7だと力が逃げてしまうのかと思ったら…。

34X21 ギア比1.61

ギアを3枚残して34x21で登ってました…。28Tに入れたつもりだったんですけどね。
あの坂をシッティング、ギア比1.61で登れるのならまったく問題ないですね。

城山湖 城山湖

城山湖。

城山湖 テニスコート方面へダウンヒル

テニスコート方面へダウンヒル。

大雄山最乗寺 大野山

TORのイベントで南足柄方面に行ってきました。当初の予定は大野山~尺里峠でしたが、この前行ったばかり。同じところに行くのはつまらないので最乗寺を提案したところ了承され、最乗寺と大野山に登る事になりました。

雨が降るならBASSO Viperでと思いましたがRNC7で行きました。

渋沢の峠

渋沢の峠登坂中。

大井町から松田町方面

渋沢の峠を越えて大井松田方面へ。

セブン-イレブン松田惣領店

セブン-イレブン松田惣領店で休憩。
バイクラックを設置しているコンビニ増えてきましたね。

足柄大橋

足柄大橋の金太郎像。ここをまっすぐ行くと最乗寺。

大雄山最乗寺

大雄山最乗寺。何度か登った事があって、急勾配は最初のほうだけという記憶があったのですが中盤あたりもそれなりにきつく。和田峠程ではないにしても、なかなか手ごわい坂でした。
標高差260m、平均勾配9%。

あじさい参道

あじさい参道。

十八丁目茶屋 十八丁目茶屋

参道途中にある十八丁目茶屋で昼食。

最乗寺参道の坂

最乗寺参道の急坂。

大野山登坂開始

大野山登坂開始。

大野山登坂中

大野山登坂中。

大野山牧場 まきば館

山頂手前のまきば館で牛乳を補給。

大野山からの眺望 大野山からの眺望

大野山からの眺望。

大野山の急坂

牧場のゲート。

日没直前

日没ぎりぎり19時ちょっとすぎに帰宅。

尺里峠をやめて最乗寺にしたので、そんなに時間かからないんじゃないかと思っていたんですけどね。

RNC7のポジションが、まだ合ってないようで膝裏が痛くなってきました。
50km走っても問題なく、100km走らないと症状が出てこないという…。

自転車から降りれば痛くないし、ママチャリに乗っても痛くない程度。

ノギスでシートクランプ部とサドルレールまでノギスで計って97mmから96mmに。サドル高69.8に変更。1mm下げて様子を見る事にしました。

サドル-ハンドル間距離がいつの間にか500mmになっていました。497mmだった筈なのですが。
後方にずれたサドルに座ったので、脚がその分引き伸ばされてしまったのかも…。497mmに戻しておきました。

■出費

補給 1155円
昼食 1240円
おみやげ 540円

合計 2935円

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 8時間36分52秒
走行距離 175.82km
平均速度 20.4km/h
積算距離 42475km

RNC7 ブレーキケーブル交換

RNC7のブレーキケーブルを交換しました。

SHIMANO(シマノ) ロード用SUS ブレーキケーブルセット [Y80098019] ブラック

SHIMANO(シマノ) ロード用SUS ブレーキケーブルセット [Y80098019] ブラック

納車から2週間で3回交換…。高いPTFEなんて使ってられません。
SHIMANO SIS-SP41用グリスをインナーケーブルに塗布すればすべりは何とか。

バーテープ再利用

バーテープ再利用。

フレームにケーブルを通したらあとは適切な長さにカットするだけにして、フレーム内のアウターは動かさないように、という方針でのぞんだんですけどね…。

RNC7 ブレーキケーブル交換

アウターケーブルの長さがほんのちょっと足りないような気がしたので、そっと動かしてみたらもう傷が…。
ブレーキケーブルを一度固定しただけなんですけどね。

アウターケーブルが機能してくれれば…。これで再交換していたら経済的に破綻…。

RNC7 ブレーキケーブル交換 RNC7 ブレーキケーブル交換
RNC7 ブレーキケーブル交換 RNC7 ブレーキケーブル交換

ケーブル取り回し。RNC7のトップチューブのブレーキ穴とBR-5800の形状の関係で横に膨らんでしまうようです。
デュアルピボットの左右対称化でアームが短くなったので、BR-5700より横に膨らんでしまうんでしょうね。

BR-4500 BR-5800 比較

BR-4500が手元にあったので比較。

城山湖 城山湖
城山湖 城山湖

腿にケーブルが当たらないようにペダリングできるかテスト。

ケーブルが当たらないようにポジションをいじるのは本末転倒なので、これ以上はケーブルのためにポジションをいじらない予定ですが、すでにかなりポジションをいじってしまったような…。

インナーリードユニット

ケーブルの取り回しを変えるとしたら…Vブレーキ用のインナーリードユニットや、Vブレーキバナナ変速バナナのようなものを使うしかないと思っていましたが…。インナーリードユニットでは却ってケーブルが横に膨らんでしまいどうにもならず。
難しいですね。

ペダリングが内股なのでは?という指摘も頂いているのですが、膝が内旋しているのなら直したほうがいいのかもしれませんが、そうでもないのならあえてガニ股というのも…。

PEARL IZUMI「アシストジャージ」届く

20%OFFクーポン (6/25まで)につられて注文した、パールイズミ、アシストジャージが届きました。

PEARL IZUMI アシストジャージ PEARL IZUMI アシストジャージ

PEARL IZUMI 3118BL アシストジャージ

PEARL IZUMI アシストジャージ

背面右側に大きな再帰反射材。

素材、サーモドレス® ネオ。
2013年モデルのアシストジャージと同じ縦縞のニット…ではなく、フラットな生地でした。こっちのほうがほつれにくくていいでしょうね。

PEARL IZUMI アシストジャージ

2013年モデルのアシストジャージ。これを縦縞ニットと言っていいのかどうなのかは…。

身長168、チェスト90、ウエスト70、体重62kgでMサイズ。
Lサイズの時のように生地があまってバタつく感じ無し、窮屈な感じ無し。
ただ、袖がほんのちょっと短いです。

直立時にはちょうどいいのですが、前傾姿勢を取ると袖丈が足りなくなります。
袖口まで覆うタイプのグローブを使えば大丈夫だと思いますけどね。

サイズ表によればMサイズは身長160~168。幅であわせると丈が…。

PEARL IZUMI「アシストジャージ」を注文

Amazon.co.jp: 【クーポンで20%OFF】スポーツ&アウトドアファッション クーポンキャンペーン (6/25まで)

20%オフクーポンを使って、昨年末から購入を検討していたパールイズミ、アシストジャージを注文しました。


2014年秋冬モデル。

15℃対応のジャージ、持っているんですけどね。全部Lサイズなので。
やせてしまったので、Mサイズが欲しかったんです。

15℃対応ジャージを使う期間、あまり長くないんですどね。

昨年は、SHIMANO パフォーマンスウインドブレイクジャージを着ている期間のほうが長かったですね。

暑い、寒いが極端で春と秋が無い気候が続いているからですが…。

相模野CC 三増峠 津久井湖 城山湖

RNC7で、相模野CC、三増峠、津久井湖、城山湖に行ってきました。

相模川沿い

気温25℃。

相模野CC

相模野CC登坂開始。勾配20%。

相模野CC

相模野CC頂上。距離1.5km、標高差150m、平均勾配10%。
登坂TTのTT区間はもうちょっと手前からですけどね。

三増峠

三増峠。

激坂

三増峠を直進していつもの激坂。
急勾配手前の、ダンシングで登っていた区間をシッティングでクリア。

見晴橋

見晴橋。

スピード落とせの看板が落下

スピード落とせの看板が落ちてました。

津久井湖

津久井湖。

城山湖

城山湖。

城山湖はロードだらけでした。ぜいぜいいいながら登ってきてました。

帰宅後、やめとけばいいのに、ハンドルの角度調整をはじめてより一層ポジション沼にはまり…。
これじゃハンドルが遠すぎる、これじゃ高すぎる…。
なかなかうまくいかないものですね。

ブレーキケーブルを下りで気を抜くと脚にあたる。あたった感触が好きになれないだけで走行には支障が無いので、どこまで妥協できるか、ペダリングで対応できるかですね。
取り回しの変更ができるのなら、何とかしたいところですが…。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 2時間8分35秒
走行距離 38.48km
平均速度 17.9km/h
積算距離 42283km

RNC7ポジション調整

RNC7 ブレーキケーブル RNC7 ブレーキケーブル

トップチューブからリアブレーキに至るブレーキケーブルが腿に接触する事があるので、腿にあたらず、問題なく走行できるポジションを探して試行錯誤。

下り、リーンアウト、ブレーキングのため踵を下げた時にケーブルと接触しやすい。

ケーブルがフレームから長めに出ていると接触するので短くしたいが、短すぎると機能に問題が。

RNC7 ブレーキケーブル

フレーム内蔵のケーブルを前後に動かしたためアウターケーブルに傷。

SHIMANO(シマノ) ロード用SUS ブレーキケーブルセット [Y80098019] ブラックに再度交換予定。
ブレーキケーブルなので用心深く。

RNC7 ブレーキケーブル

3mmのアーレンキーで片効き調整ボルトを時計方向に回し、左側のブレーキシューを内側に。
キャリパーブレーキ全体を後ろからみて時計方向に動かし、左右のバランスを取る。
キャリパーブレーキのアウター受けが中央よりになるように。

サドル高 ノギス

ノギスを使いサドル高調整。

シートクランプ部-サドルレール下97mm。BB中心からサドルまで66.9cm。

RNC7

ハンドルを5mm上げ、コラムスペーサー下35mmにしてみたものの、ハンドルが高く感じられたので下30mmに戻す。

RNC7 アップヒル ダウンヒル RNC7 アップヒル ダウンヒル
RNC7 アップヒル ダウンヒル RNC7 アップヒル ダウンヒル

アップヒル、ダウンヒルを繰り返し挙動テスト。

ハンガー下がり

(1)ハンガー下がり65なら接触しない。
(2)クランク165なら接触しない。
(3)ブレーキケーブルをトップチューブに括りつければ接触しない。

(1)フレーム買い直し(2)165で本当にいいのか(3)見た目が悪い。

つねにつま先を下に向けるように意識してペダリングすれば接触しないので、ペダリング矯正の良い機会?

RNC7 ブレーキケーブル交換

RNC7 ブレーキケーブル交換

RNC7のブレーキケーブルを交換しました。

SHIMANO(シマノ) PTFE ロード用ブレーキケーブルセット ブラック Y80098011

SHIMANO(シマノ) PTFE ロード用ブレーキケーブルセット ブラック Y80098011

フリクションの少ないPTFE(テフロン)を選択。

RNC7 ブレーキケーブル交換

リアブレーキのアウターケーブルが傷ついてしまったので交換。
フルアウターでトップチューブの中を通っているので…。

RNC7 ブレーキケーブル交換 RNC7 ブレーキケーブル交換

インナーケーブルを残してアウターケーブルを引き抜きました。

傷んだアウターケーブル

傷んだアウターケーブル。片方を引く時はもう片方を押しながらという説明書を読まずにフレームにケーブルを押し込んだ結果。

RNC7 ブレーキケーブル交換

インナーワイヤーをガイドにして、アウターケーブルをトップチューブに。

バーテープ巻き直し バーテープ巻き直し

バーテープ巻き直しで再利用。

うまくいったと思ったんですけどね。

ペダリングの時、腿にアウターケーブルがあたる事があるので、もう少しアウターケーブルを短くしようと思ってさらに切ったところ切りすぎて…。
ハンドルを右いっぱいに切った時、ケーブルが引っ張られる。万が一を考えると、交換したほうがいいんですよね。
交換したばかりなのに。

SHIMANO(シマノ) ロード用SUS ブレーキケーブルセット [Y80098019] ブラック サイクルベースあさひ

SHIMANO(シマノ) ロード用SUS ブレーキケーブルセット [Y80098019] ブラック
をサイクルベースあさひで買って来ました。ケーブルのグレードはSUS。PTFEのケーブル、高いですからね。

RNC7 ブレーキケーブル交換 RNC7 ブレーキケーブル交換
RNC7 ブレーキケーブル交換 RNC7 ブレーキケーブル交換

ハンドルを右に切った状態でケーブルに余裕がある事を確認。

この状態で、試走してみたところ、ケーブルがやっぱり腿に当たる。
特に下り坂でペダルを回す時に接触しやすい。

おそらく、下りではバイクが前に傾いているので、ペダルがまっすぐだと平坦で踵が下がった時と同じ位置関係になるんでしょうね。

RNC7

アップヒル、ダウンヒルを繰り返しテスト。

ポジションを出したいのか、腿にケーブルを当てたくないのか、どちらなのか…。
サドルを下げると、平坦でもケーブルが腿に接触する。上げると当たらないものの、さすがにこれは上げすぎでは?となり…。

試行錯誤の末、2mm上げて、サドル高67.0cm。サドルを1mm前にだし、サドルハンドル間距離497mmに。
この状態で内股にならないように気を付けて、つま先を下げ気味にしてペダルを回せば、接触しないようです。

リアブレーキケーブルがトップチューブの穴から出てくる位置がもう1cm低かったら、ケーブルと腿の接触は無かったでしょうね。
つまり、RNC7サイズ520ではなく、510なら問題無かったという事になるわけですが…。
長いステムを付けなくても深く前傾できるフレームが欲しかったので。

腿が太くて、ペダリング内股気味。踵、下がり気味。腿の太さはどうにもなりませんが、ペダリングとポジションを見直すしかないのかもしれませんね。

RNC7 WH-6800

RNC7のホイールとタイヤを交換しました。
ホイールWH-6800、タイヤGP-4000S。ペダル付き重量9.7kg→9.4kg、300g軽量化

城山湖 城山湖

城山湖22%登坂テスト。

城山湖

城山湖。

城山湖22%をシッティングで登坂してみたところ、完成車付属ホイールと変わらず止まりそうに。
しかも、膝の前側が痛くなってくるので、ポジションがでていない可能性が…。

WH-6800

WH-6800

GP-4000S

GP4000S

城山湖

テニスコート~発電所区間は問題無いんですけどね。

城山湖 城山湖

サドル高を調整し直して、城山湖22%。
サドルを数ミリ上げてみたところ膝痛出ず、登坂も楽でした。

城山湖 城山湖

22%の坂といっても、勾配が22%あるのは一瞬ですぐ緩くなるんですけどね。

帰宅後サドル高をさらに上げ、66.8に。

ANCHORフィッティングシステムで計測した股下長77.2。股下係数0.87をかけると、77.2X0.87=67.164。計算値よりまだ3.6mm低い事になります。

BASSO Viperのサドル高は65.4でこれより上げると膝裏が痛くなりますが、もしかするとサドルの後退幅の関係で、下死点で踵が下がりやすくなっているのかもしれません。

RNC7ポジション調整

ANCHOR RNC7、ポジション調整。

城山湖

城山湖。

城山湖

サドル前後位置を調整しながら登坂。

ブレーキケーブル

リアのブレーキケーブル。このケーブルが内腿に当たる事があるので、フレームに押し込んだらアウターケーブル表面に傷…。

ブレーキケーブル ブレーキケーブル

ネオコットロードフレーム取扱説明書「アウターワイヤーを無理に引かずに片方のアウターワイヤーを押しながらもう一方を引くようにしてください。無理に引くとアウターワイヤーが傷つく事があります。」

説明書を読む前にやってしまったという…。

ブレーキケーブルに不安をかかえて乗るのはまずいので、SHIMANO(シマノ) PTFE ロード用ブレーキケーブルセット ブラック Y80098011が届き次第交換予定。PTFEのほうが、引く力が少なくて済む=指への負担が減るのでケチらずに。

城山湖 城山湖
城山湖 城山湖

登り、下り、それぞれの挙動確認。

ANCHOR RNC7 ANCHOR RNC7

前傾が深いのにハンドルが高いと肩が凝るので5mm下げました。

完成車付属のカーボンのスペーサーが気に入らないので、DIA-COMPE アルミスペーサーに交換。

RNC7、サイズ520はハンガー下がり70なので、BASSO Viperより、BBの位置が5mm下。
その分ハンドルを下げないと落差がでなくなってしまうという…。

RNC7 サドルハンドル間距離498mm、後退幅36mm、サドル高665mm。
BASSO Viper サドルハンドル間距離483mm、後退幅41mm、サドル高654mm。

サドルハンドル間距離が15mm長くなり、サドルが5mm前にでて、11mm高くなりました。

重心補正のフォームは取りやすくなりましたが、ギア1枚分重いような気が…。
ポジションが違うからなのか、ホイールがWH-RS010だからなのか。

WH-6800に交換したらどうなるのかですね。

RNC7納車

注文していたANCHOR RNC7が納車されました。

RNC7納車

サイズ520、ビビッドレッド、ロゴクリア。

シートクランプ部が10mm突出しているので、ラグ組み集合ステー510相当?

RNC7 コラムスペーサー

コラムスペーサー下35mmでコラムカット。

ST-5800

手が小さいのでリーチアジャストボルトを締めて、レバーを手前に。

3M 表面保護テープ 3M 表面保護テープ

3M スコッチ 表面保護用テープをワイヤーの擦れる場所に貼り付け。

バイクスキンクリアに貼り替える予定ですが、しばらくはこれでなんとかなりそうです。

RNC7 余ったパーツ コラムスペーサー トップキャップ シム

注文時に、ハンドル、M106NAS、ステム、UI-85BXでお願いしていたので、あまってしまった完成車付属パーツ。

RNC7 純正シートピン

ロングライドの出先でシートピンが折れると困るので一緒に購入した、RNC7純正シートピン。
特殊な形をしているのはナットだけで、ボルトは、M6x20の六角穴付ボルトでした。出先でボルトが折れても、M6X20の六角穴付ボルトを手に入れる事ができれば問題ないですね。ナットが残っていればですが…。

重量、サドルをANTARES VERSUS Xに換装した状態で9.7kg(ペダル付き)。クロモリフォークに換装したBASSO Viperとほぼ同じ重量。ホイールをWH-6800に交換すれば、250g軽量化できる筈ですが、思っていたより重いですね。

雛鶴峠初心者山岳サイクリング

TORのイベントで雛鶴峠に行ってきました。初心者企画でしたが、ロードバイクに4月から乗り始めたばかりだけれど、かなり走れる人がいるから初心者企画だっただけで、速い人は追い込んで頂上まで登ったらまた下って往復し始める…。
こりゃ、トレーニングだ…というポタリングでした。

高尾山口サンクスで合流

高尾山口サンクスで合流。

大垂水峠頂上

大垂水峠。

移動するだけなのにヒルクライムレースのようになってしまうのはいつもの事。
登坂なのでそれほど高速域という訳ではないし、車間距離が開いてばらけるので、抜きつ抜かれつという感じにはなりません。
速い人に追い越されたらどんどん引き離されて見えなくなりますね。
それなりに追い込む事ができましたが…雛鶴峠を登るための脚をわざわざ削ってしまったという…。

山のはちみつ本店

山のはちみつ本店でジェラートを食べる参加者。
おいしいものを食べるために自転車に乗るポタリングの要件は満たしてはいるのかも。

雛鶴峠へのアプローチ

雛鶴峠へのアプローチ。

雛鶴峠

雛鶴峠。

着順を気にしながら頑張って登るときつい峠なんですね。移動のために登った事しか無かったので。
後ろから追いつかれて、うわ、頑張らないとみたいな事になるとなかなか…。
速度域が完全に違うと見えなくなってしまったから、ゆっくりでいいやとなるんですけどね。

雛鶴まんじゅう屋

雛鶴まんじゅう屋。

参加者のロードバイク

参加者のロードバイク。

藤野のコンビニで昼食をすませ、大垂水峠へ。

大垂水峠

大垂水峠頂上。

高尾で離脱。

■出費

ジェラート 350円
まんじゅう 150円
昼食 498円

合計 998円

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 4時間16分48秒
走行距離 90.51km
平均速度 21.1km/h
積算距離 42091km

大野山 激坂サイクリング

TORのりゅうさんと、大野山と尺里峠に行ってきました。
大野山はもともと激坂ですが、裏道からの大野山はさらに手強く。

渋沢の峠 大井松田方面

渋沢の峠を越え、大井松田方面へ。

東名高速側道 松田山

新松田駅近くから、松田山、東名高速側道の激坂へ。

物言い坂

物言い坂。ここ一度でいいから足を付かないで登りたいんですよね。できれば10年以内にと話すと、今登らないと体力が落ちていくので無理でしょうという話に。そりゃそうだ。

東名高速側道 松田山

松田山麓の、東名高速側道。こんな坂がいくつも続きます。

東名高速側道 松田山

東名高速側道の壁を登るりゅうさん。

大野山

大野山登坂開始。県道725号からのアプローチ。

大野山 大野山

前輪に加重すると後輪が空転((((;゚Д゚))))。
雨の後で、さらに苔…。

大野山

大野山登坂中。

大野山 大野山

大野山山頂。

山頂が雲の中に入ってしまい、景色を眺めるどころか、数メートル先すら霞んでました。

蕎麦屋

大野山の蕎麦屋。

前回TORで来た時は、熱いラーメンしか無かったので、暑いのに熱いラーメン…となりました。
この店なら冷たい蕎麦を食べられますね。

尺里峠

尺里峠、登坂開始。

尺里峠 尺里峠

尺里峠の九十九折。

旧高松分校

旧高松分校。

尺里峠 尺里峠

尺里峠頂上。

尺里峠を越えて寄にでて、246で帰宅。

疲れました。安静にしているのに心拍数が下がらない。

大野山 尺里峠 - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

走行距離150km、獲得標高2000m。この数字だけみるとものすごく平凡なコースなんですけどね。

UVフレスコプリントジャージ

着ていった、UVフレスコプリントジャージ

ワンサイズ下げてLからMで、しかもレースフィットなので、空気抵抗が少なくていいと話すと、りゅうさんから、ピタピタじゃないのはそれはジャージじゃないと…。そりゃそうですね。

国道1号を西に進んで箱根とか、246で大野山だと平地で疲れてしまうので、ジャージの空気抵抗が少ないほうがいいんですよね。
ディープリムのホイールを履いても、エアロ効果のあるフレームを使ってもジャージがバタついていたらジャージの空気抵抗が圧倒的で速く走れないんじゃないかと…。

■出費

補給 1059円
昼食 1600円

合計 2659円

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 8時間27分29秒
走行距離 164.60km
平均速度 19.4km/h
積算距離 42000km

城山湖22%

BASSO Viperで城山湖に行ってきました。

城山湖 雨降林道

城山湖雨降林道22%。
34X27で、シッティングでクリア。

ハンドル 握る場所 ブラケットの先 ハンドル 握る場所 ブラケットの先

登りではハンドルの位置が上に来るので、より深く前傾。クランクの位置が前に出るのでその分、サドルの先端側に座る。
ペダルを前に蹴りだすのではなく、上から下へ。
そうする事でハンドルをあまり引かなくても登坂できるようになる。
とは、いえ多少は引くことになってしまうので、ブラケットの先に指を4本かけて登坂。

ドロップハンドルの握る場所|サイクルベースあさひ

ブラケットではなく、ブラケットの先。ブレーキをかけられないので、ペダルを踏むのをやめたら止まる登り専用。

登坂の為に広背筋の筋トレをやっている人もいるみたいなんですが…。私の場合は筋トレで広背筋鍛える必要があるほど強くハンドルを引いたら指がやられてしまいます。
そうなると、STIで変速したり、ブレーキをかけるだけで痛みを感じるようになるので、自転車に乗っているだけで手が痛くて大変な事になってしまい…。

ハンドルを強く握りこまない、引かなくても登れるのなら、ハンドルを引かない、当面それで対処するしかありません。
症状としては、ばね指なので、ネットにでているストレッチを試してみたりはしているんですけどね。

城山湖 穴川林道

穴川林道。

雨降林道も穴川林道も木陰が多くていいですね。

城山湖 城山湖

城山湖。

テニスコート方面へ

テニスコート方面へダウンヒル。

PEARL IZUMI 「UVフレスコプリントジャージ」届く

PEARL IZUMI UVフレスコプリントジャージ

注文していたUVフレスコプリントジャージが届きました。

PEARL IZUMI UVフレスコプリントジャージ AIRベンチレーション PEARL IZUMI UVフレスコプリントジャージ AIRベンチレーション

ウィンドブレーク系のジャージ・ジャケットの蒸れ解消には背中のベンチレーションが効果的、という結論にSHIMANOもPEARL IZUMIもたどり着いたようなので、夏物にも付けたんでしょうね。

PEARL IZUMI UVフレスコプリントジャージ 脇下メッシュ

脇下メッシュ。脇下の白い部分が全部メッシュになっているのでかなりの面積。

PEARL IZUMI UVフレスコプリントジャージ 再帰反射材

再帰反射材部分をフラッシュ撮影。
ママチャリで日没後に買い物に行く時にもできるだけサイクルウェアを着るのは再帰反射材が付いているからです。
ママチャリの時はカジュアル系のサイクルウェアを着る事が多いですけどね。

PEARL IZUMI UVフレスコプリントジャージ ラッセルテープ

裾ずり上がり防止、ラッセルテープ。シリコンからラッセルテープへ移行中?

PEARL IZUMI UVフレスコジャージ カーディナルレッド カーマイン

左、UVフレスコジャージ 310Bカーディナルレッド、右、UVフレスコプリントジャージ 311B 5カーマイン。
カーマイン…ちょっと朱色っぽいですね。でも、赤には違いない。昨年のように赤ジャージがラインナップから消えていたら買わなかったと思いますが。

PEARL IZUMI UVフレスコプリントジャージ 身幅

PEARL IZUMI UVフレスコプリントジャージ、Mサイズ身幅41cm。

SHIMANO MIRROR COOL ジャージ、Sサイズ(Asia M)、身幅44cm。

mont-bell WIC.サイクルジャージ、Mサイズ、身幅44cm。

さすが、レースフィット…。レースフィットでもUVフレスコジャージ Lサイズは身幅46cmですけどね。

着用感。チェスト89cm、ウエスト70cmで直立すると胸パツパツ。
直立した状態でパツパツであってるんですけどね。

サイクリングジャージはぴったりフィットに限る。|ワールドサイクルブログ

前傾姿勢で使うように作られているので直立すると胸がきつくなる。

レースフィットよりさらにタイトなプレミアムフィットは、さすがにきついだろうなと思いました。

平坦を長距離移動しなければならない時にはこれを着て空気抵抗を減らし峠を登る体力を温存…できたらいいなと思ってます。