さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

館町団地 館ヶ丘団地 城山湖 相武CC

館ヶ丘団地へ登る坂を経由して城山湖に行ったらトレーニングになるかな?と思って、ママチャリで。

館町団地 館ヶ丘団地 城山湖 相武CC - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

館ヶ丘団地 館ヶ丘団地

上まで登ると館ヶ丘団地。

ここを登っていたら、自転車を押して歩いていた小学生に、すげー、電動?バッテリーねー、速くて追いつけねーと。

小学生が追撃してきているのなら逃げなくてはと、必死でペダルを回して逃げ切りました。

前のエントリーでも書きましたが、今のっているママチャリのポジションだと、下死点が5時になるので、11時から踏み始めて5時でペダルを引くように意識してクランクを回しました。

ちょっと意識を変えただけで効果絶大です。

城山湖

館ヶ丘団地から町田街道を経由して城山湖。

城山湖

館ヶ丘団地の坂がきついといっても城山湖よりは緩い坂ですね。

ペダリング

ママチャリを改造したといってもブレーキを交換した程度。

テクトロ YH-800A ダブルピボット キャリパーブレーキ テクトロ YH-800A ダブルピボット キャリパーブレーキ

TEKTRO(テクトロ) YH-800A デュアルピポッドブレーキ シャフト長さ48mm フロント向け

サドルも交換していますが、あくまでもシティサイクル用です。

クロスバイク用の、SHIMANO CN-HG70 114LINKS チェーン 6・7・8段リアギアを使っていますが、基本ママチャリのままです。

ハンドルは下げられるだけ目一杯下げ、シートポストは適正な高さまで引き上げましたが、購入時のパーツのまま。

そんなママチャリのペダリング。

下死点

目一杯踏み込んだ時のクランクの位置が5時。

下死点

横からみたところ。
5時をこえたら、ペダルを後ろに引かないとうまく回せない。

上死点

11時から踏みはじめないとうまく回せない。

11時から踏んで5時でペダルを後ろに引く。
たったそれだけの事で、坂がものすごく楽になりました。
平地巡航速度も速くなりました。

ママチャリはシート角72°なので、こんな事になるんでしょうね。

シート角75°でサドルをめいっぱい後ろに引いているロードバイクの下死点が5時半あたりなので、11時30分から踏みはじめて、5時30分で後ろにひくようにすればよさそうなのですが、ロードバイクの場合でもこれでいいのかは、もう少し追試してみようと思います。

八王子、大宮往復113km

もう昨日になりますが、いつもとは違う慌ただしい一日でした。
朝呼び出され、帰路にまた携帯が鳴りという状態でしたが、大宮に行く予定は変更せずロードバイクで。

27.5km/h

往路、平均速度27.5km。

軽く流しているだけの感覚で37km/h、ちょっと頑張ると42km/h、もうちょっとがんばると48km/hほどでましたが、AVでみると…。

でも、1年前よりは速くなっているんじゃないでしょうか。

高ケイデンスの練習のおかげで、以前ほど高回転で回しても尻が跳ねなくなりました。

サドルを目一杯後ろに引いている後ろ乗りだからだと思いますが、一番踏み込んだ時のペダルの位置、5時45分。
どうやら12時前にペダルを前に蹴りだしはじめていないと、上手く回す事ができないようです。

踏み込むタイミングを変えたらハムストリングスが悲鳴。

往復のAVは、復路でたれていつも通りでした…。

上江橋

上江橋。

写真撮影している時間がほとんど無かったので、ちょっとだけ止めて撮りました。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 4時間40分21秒
走行距離 113.84km
平均速度 24.3km/h
積算距離 34368km

秘境

城山湖

城山湖。

ここまでならいつものママチャリによる城山湖ポタリングだったのですが…。

城山湖

こっちにいったらどこに出るのかな?と思って進んでみました。

金刀比羅宮

金刀比羅宮。

城山湖散策路

この先、自転車禁止。

城山湖散策路

城山湖の湖面まで降りられるんですね。
路面もいいし、自転車で走る事ができたらいいんですけどね。

城山湖

しろやまこの文字をこんなに近くから観ることができるとは…。

城山湖散策路

さらに進むと登山道。

城山湖散策路

草戸山と大戸の分岐を大戸へ。

城山湖散策路

3箇所ほどロープを持たないと下れない坂というか崖あり。

城山湖に登山スタイルで来ている方が多いのは、散策路がこんな感じだからなんですね。

城山湖22% 金刀比羅宮

なんとか大戸にでる事ができたので、城山湖22%を経由して金刀比羅宮の階段を登り、散策路入り口に停めておいたママチャリまで。

城山湖ポタリング

北野街道~町田街道~小松~城山湖。

距離21.3km、獲得標高331m。

城山湖

城山湖。

城山湖

城山湖からの眺望。

機材あさひクリシェ17㎏。

前にも書きましたが、シート角72の後ろ乗りなので、12時の位置からペダルを前に蹴りだすと楽に登れますね。

数日前にシートポストを3mmほど高くしました。それでも、まだ少し低いんですけどね。

シティサイクルはBBの位置が高いので、ペダルとサドルの位置からシートポストの適正な高さを割り出すと、地面からサドルまでの高さがロードバイクより高くなってしまうので、それをやると足つき性が…。

フレームの前に降りればいいんでしょうけれど、サドルにまたがった状態で片足のつま先でたっていられる高さにはしておきたいので、そのあたりが難しいですね。

あさひにグリスを入れてもらう

2008年に買ったあさひのシティサイクルクリシェのローラーブレーキから金属がすれる音が出始めたので、グリス切れと判断。

グリスぐらい自分でいれたらいいんでしょうけれど、ローラーブレーキ用のグリスを買うと765円送料500円…。

サイクルベースあさひ

サイクルベースあさひめじろ台店。

ローラーブレーキにグリスを入れてもらえませんか?と話しただけなのに、ホイールのチェック、変速のチェック、ブレーキのチェック。

グリス注入をするだけでも、全体をチェックしても工賃がほとんど変わらないというで、サンキュー点検ですか?と聞くとそうでした。
サンキュー点検(390円+税)で409円。

ハンドルポスト増し締め。
ヘッドのガタとり。
ローラーブレーキにグリス注入。

会計の時、409円ですと言われたので、グリス代は?と聞くと全部込みですと。

テクトロ YH-800A ダブルピボット キャリパーブレーキ テクトロ YH-800A ダブルピボット キャリパーブレーキ

TEKTRO(テクトロ) YH-800A デュアルピポッドブレーキ シャフト長さ48mm フロント向け

レバーの遊びが小さくなるように調整されていたので、元に戻しました。

ワイヤー調整部分が固くて手で回せない…とラジオペンチで回す暴挙にでてしまいましたが、どうやら、スパナでナットを緩めれば軽く手で回せるようになる仕組みだったようです。

ローラーブレーキ

グリスを注入してもらったローラーブレーキ。

バンドブレーキには注油厳禁、ローラーブレーキには高温注意と書かれている事が多いようです。
バンドブレーキより、ローラーブレーキのほうが一回り小さい。

スレッドステム

調整してもらったスレッドヘッド。

富士森公園 山田

ママチャリで移動するときにも、ロードバイクと同じようにヘルメット、アイウェア、グローブ装着。

サドルを高くして、ハンドルを下げて、拇指球でペダルを踏み、フロントのキャリパーブレーキをダブルピボットに交換してやれば、時速25km~30kmで走行可能。

ママチャリのほうが駐輪の時あまり気をつかわなくてすむし、前カゴも便利だし、重量も体力を付ける事が目的ならある程度あったほうがかえっていいので、ロードバイクとママチャリの2台体制でなんとか。

富士森公園

富士森公園の坂。

マックスローの38x28で富士森公園、山田の坂を高ケイデンスで。

ドーピング問題で本当にそれ正しかったの?と言われはじめている今になって、高ケイデンス走法。
かなりもがいた筈なのに息が多少乱れただけ。

心肺に負担がかかって苦しい、と感じるところまで持って行きたかったんですけどね。
距離20km、獲得標高220mでは、なかなかそこまで追い込む事ができないのかも。

P.S

シマノ ローラーブレーキ用グリス 10g

ローラーブレーキがギーギーいいはじめましたので、あさひに持っていって入れてもらおうと思っています。