さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

Painterで袋文字

Painterって袋文字の作成ってできないんですかね?という質問がmixiのPainterコミュニティで出ていたのは、はるかなる昔の事。
そして、イラストに入っている文字が凹んでいるのを見て、これ一体どうやってと聞かれたのもはるかなる昔の事。

そんな感じなので、需要があるのかどうかまったくわかりませんが…。

■テキスト入力で作成したテキストで袋文字を作る

テキスト入力時に最初から袋文字を選択できるようにしてくれたほうがいいような気もするんですけどね。
テキストをシェイプに変換して、シェイプ属性を変更すれば袋文字になります。

Painterで袋文字

テキスト入力。

Painterで袋文字

テキストをシェイプに変換。

Painterで袋文字

シェイプ属性で塗潰しのチェックを外せば袋文字に。

■テキストで画像に凹みを作る。

選択範囲の保存

シェイプに変換したテキストを選択範囲に変換。選択範囲をチャンネルに保存。

表面テクスチャの適用 参照元チャンネル

表面テクスチャの適用で、参照元にテキストの選択範囲を保存したチャンネルを指定。

■手書き文字で袋文字

選択パスにそって描画

選択範囲、自動選択画像の明るさ、選択範囲の変換、選択パスにそって描画。

指定されたブラシで指定された太さで描線が引かれるため、太い場合は文字の中にも色が付きます。
テクスチャが反映するブラシの場合は、かすれた描線になります。

ペンで描いてペンで選択パスにそって描画すると一般的な手書き袋文字になります。

クリスタだと…。
レイヤープロパティでフチの太さと色を決めてただ描くだけ…。

Painter2016

どうやらやってはいけないらしい事。

Painterの挙動がおかしくなって、アンイストールしインストールしなおしました。
そして、出荷時の設定に戻すため、シフトキーを押しながらPainterを起動。すると、作成していたブラシライブラリーやテクスチャーも、環境設定も、カスタムパレットも消えてしまいます。

そこで…。

Painter2016

「ユーザーアカウント\AppData\Roaming\Corel\Painter 2016」をコピー。出荷時設定になってしまったフォルダーを削除して、コピーしていたバックアップと入れ替えると…。

起動しなくなりました。正確には起動時に「Painter2016は動作を停止しました」と表示されて終了する他なくなりました。

「ユーザーアカウント\AppData\Roaming\Corel\Painter 2016\デフォルト\Brushes」の「Brushes」フォルダーだけバックアップして、出荷時設定に戻したあと「Brushes」だけバックアップしておいたものと入れ替えたほうが良さそうです。

Painter2016

「Brushes」フォルダー。
テクスチャはエクスポートして「テクスチャ名.paperlibrary」の形式で保存しておく事にしました。

そして…。

わりと快適に動作していたのにタブレットドライバーを最新版に入れ換えたところ、openCanvasやSAIでの描画は改善されたのに、鉛筆で線を引くだけで描画が遅延するようになってしまったのであわててシステムの復元をしましたが…。

タブレットドライバーは復元されないんですね。ダメでした。

結局タブレットドライバーの最新版を入れなおし…。もうこれで使えなくなってしまったのかもしれないと思ったら…。

環境設定→パフォーマンス→マルチコアの使用を、2から1に減らしただけでさくさく動くようになりました。
低スペックCPU、Celeron B820でコアを2つ使う設定にするとダメみたいです。

Painter2016

Intuos3の最新のタブレットドライバー6.3.13w3。マルチコアの使用1。
ペンを素早く動かして描画遅延がでないかテスト。

複雑な処理をするブラシの動作はさすがに重いものの、ペンやパステルを使う分にはまったく問題ないですね。

■追記

あれから、また動作が不安定になり起動直後に「動作を停止しました」になってしまいました。
そこでまたシフトキーを押しながらPainterを起動…。

Painter2016 出荷時のデフォルト設定に戻す 一部のカスタマイズを維持

一部のカスタマイズを維持で、ブラシ、テクスチャ、カスタムパレットを消さすに出荷時のデフォルト設定に戻せるんですね。

一部のカスタマイズを維持した状態でデフォルト設定にもどしても動作が安定するのならそれほど大変な作業ではないので、やってみると…。
たまたまかもしれませんが、安定しました。

環境設定等は一からやり直しになりましたが、カーソル形状とか、ショートカットキーとか、ブラシトラッキングなど比較的時間のかからない作業をするだけですみました。ショートカットも*.PKS形式で保存しておけば読み込むだけで元どおり。

この場合でも、
「ユーザーアカウント\AppData\Roaming\Corel\Painter 2016\デフォルト\Brushes」のバックアップは取っておいたほうが良さそうですけどね。

ノートパソコンのメモリ増設

ノートパソコンのメモリを2GBから8GBに増設しました。

Painter2016ダウンロード版55%オフにつられて買ったのものの、新しいブラシを使おうとしたら「メモリ不足です」頻発。

ブラシサイズを大きくすると描画が遅延するし、だめだこりゃ…。でも、メモリじゃなくてCPUが古いCeleronなのが問題だとしたら、メモリに出費しても無駄になるだけかもしれないなと思いながら増設しましたが…。

Acer E1-531 Celeron CPU B820 1.70GB RAM 8GB

Acer E1-531 Celeron CPU B820 1.70GB RAM 8GB。

レイヤーを使っても10枚程度、キャンバスサイズは大きくても2000x2000ピクセルならこの環境でまったく問題なく動作するようになりました。
Painter2016の起動時間も早くなりました。増設して良かったです。

90年代には仕事でデスクトップマシンのメモリ増設をしていましたが、ノートパソコンのメモリ増設なんてやった事がないのでGoogleで検索して調べながら…。

BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC3-10600(DDR3-1333) 4GB×2枚組 D3N1333-4GX2/E

BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC3-10600(DDR3-1333) 4GB×2枚組 D3N1333-4GX2/E

パソコン・プリンター用メモリー 対応検索 | BUFFALO バッファローで、確認して、購入するメモリを決めました。

他のメーカーの製品のほうが安かったんですけどね…。

バッテリーを外す

バッテリーパックを取り外し…。

ノートパソコン メモリ増設 ノートパソコン メモリ増設

2GBのメモリを取り外し、4GBのメモリを2枚。

そして…問題があったらBIOSで確認?と思ったら、画面真っ暗~。
メモリをチェックしてみると。切り欠きのところにメモリがはまっていませんでした。

そこを直すだけで無事起動したから良かったものの、もうダメかと思いましたヽ(´ー`)ノ

Painter2016の気になる点

Painter9で「縮小表示はアンチエイリアス表示」にチェックを入れても50%、25%の時にしかアンチエイリアスがかかりませんでした。
実際のデータはなめらかでも、表示にジャギーがかかってしまうという問題がありました。

SAIやopenCanvasのような廉価なペイントソフトでも縮小表示時の倍率に関係なくなめらかに表示されるので、なんでまたPainterだけと思っていましたが、Painter2016は倍率に関係なく表示がなめらかでした。

ついに…と思ったのもつかの間。
倍率100%の時にも画像がぼやけて見えるんですよね。

Painter2016 環境設定

「ズーム時にオブジェクトをスムーズにする」のチェックを外すと100%で表示しているのに画像がぼやけるという問題は起きませんが、縮小倍率によってはジャギーがかかった状態で表示されてしまいます。

さらに「ズームアウト時の画面描画速度の高速化」のチェックを外すと、表示倍率が50%、25%の時でもジャギーがかかった状態で表示されてしまいます。ここにチェックを入れた状態=Painter9の「縮小表示時はアンチエイリアス表示」と同じになるようで50%、25%時には表示がなめらかになります。

Painter2016 100%表示時 画像ぼやけ Painter2016 100%表示時 画像ぼやけ

左、ぼやけた画像。右、くっきりした画像。

「ズーム時にオブジェクトをスムーズにする」と「ズームアウト時の画面描画速度の高速化」は、ツールボックスの拡大ツールをクリックするとプロパティバーに表示されるので、環境設定画面にいちいち行かなくても設定する事ができるんですね。
これなら何とかなりそうです。

大きなサイズで描いていた絵を縮小表示して日記に載せようと思ったら画像がぼやけていて、大きなサイズで描きすぎたのかもしれないと思い、縮小して100%表示の状態で描き直し。それでもぼやけて…?という無駄な作業を延々と…。仕様だとわかっていれば、こんな苦労をしなくてすんだのにという、そういうお話でした_□○_

Painter2016 強化されたレイヤーブレンド

「強化されたレイヤーブレンド」。にじみ値の高いブラシを使ってもレイヤーの白を引き摺らない新機能ですが、描き味が変わってしまうようです。

Painter2016 強化されたレイヤーブレンド 水滴

右側、「強化されたレイヤーブレド」にチェックを入れた水滴。上、チェックを外した状態。レイヤーの白を引き摺っています。

Painter2016 水滴

「強化されたレイヤーブレンド」のチェックを外し、「下の色を拾う」にチェックをいれて水滴を使用。
こちらのほうが絵の具が溶けていく感じがでるんですよね。

Painter2016 ブラシライブラリのカスタマイズ

Painterを使い続けて18年。しかし、アップグレード版に2万5千円だせるかというと…。

CLIP STUDIO PAINTを買って画風をソフトにあわせたほうがいいのかな?と思っていましたが…。

Painter2016ダウンロード版

セールで55%オフ、さらに15%オフクーポンで10244円だったのでPainter2016アップグレード版を思わず購入。

買ってしまったからには使えるように自分の環境を作らなければと作業開始。

まずは、Painter9で使っていたブラシの移植。

Painter9のブラシはPainter2016のインポート、エクスポートに対応していないためXMLファイルを直接いじる必要あり。

Painter9で使っていたブラシライブラリーを追加

「ユーザーアカウント\AppData\Roaming\Corel\Painter 2016\デフォルト\Brushes\任意の名前のフォルダ」にXML形式のブラシを入れればいいので、Painter9のブラシライブラリーをコピー&ペースト。

私の場合は、フォルダー名を「STP9のブラシ」としたので、Painter2016で「STP9のブラシ」を選択すればPainter9で使っていたのと同じブラシを読み込む事ができます。

Painter3やPainter5で使っていたブラシにPainter9のブラシを追加したごちゃまぜのブラシライブラリーですけどね。

Painter9で使っていたブラシ Painter2016 Painter9で使っていたブラシ Painter2016

これで、Painter9で使っていたブラシの移植作業はこれで終わり…と思ったら、描点プレビューには問題なく表示されるのに、ブラシセレクターに描点が出てきません。

この状態でも問題なく描けるのですが、どうにもバグっている感じがして…。

Painter2016でバリアントを保存しなおせば直るのですが、バリアントの数が多くて大変でした。ショートカットキーを使っていなかったらこの作業だけで倒れていたかも…。

ブラシライブラリー ブラシカテゴリー バリアント をエクスポート Painter2016

Painter2016のブラシライブラリーのバリアントは削除できないので、エクスポートしてインポート。
そこから、必要のないブラシを削り、他のバージョンのブラシカテゴリーやバリアントもエクスポートし、必要なカテゴリー、バリアントをインポート。

この方法で最新のブラシと、以前から使っていたブラシをまとめたブラシライブラリーを作成しました。

ブラシライブラリーにとりあえず付けた名前「STP2016」。

Painter2016 試し描き

試し描きして必要の無いブラシを削除。

他のカテゴリーにバリアントをドラッグアンドドロップで移動できたりと、Painter9よりUIがよくなっていたりはするのですが、ブラシをいじっていたら強制終了…。
描きかけの絵が残っている時にはいじらないほうが良さそうです。

ブラシセレクターが左上なのが気にいらないので、移動して画面中央に配置しました。

PM-A890を破壊する

EPSONのプリンタ・スキャナ複合機 PM-A890をメンテナンスしようとして破壊いたしました。

最小限の分解でもうまくいったという方のブログを参考に、その程度の分解でもいけるのなら…と思って作業しましたが、ケアレスミスの多い私のような人には向かない方法だったようで…。

EPSON PM-A890 メンテナンス ( 周辺機器 ) - ryoku_cerのアマチュア無線と趣味ブログ - Yahoo!ブログ

こちらの方は、バラバラにして、スキャナと本体のケーブルを抜いて完全に分離してから作業されてますね。
面倒でもこれをやらないとダメなのか…。

そういえば、チェーンリング交換作業を自転車に取り付けたままやってうまくいった方のブログを参考に作業していて取り付け時に六角をナメた事があります。あわててBBからクランクを引きぬき作業しなおしたところ、ナメた六角以外の箇所は問題なく作業できて…。
最初からクランクをBBから取り外せば良かったのかと思った事があります。(たいした手間じゃないのにね)

作業する時に、こうやったらどうなるか考える、不安があったら一度手を止めてさらに考える、もしかしたら問題が起きるんじゃないかと思ったらそこで考えるという事がやれなかった事が敗因。

絵を描く時もそうなんですけどね。何を描きたいのか思い浮かべる、何にこだわるか意識するという過程がすっとんでいる事が多いな~と。

PM-A890 破壊 PM-A890 破壊
PM-A890 破壊 PM-A890 破壊

構造の解析に1時間位かければ良かったのか。

スキャナのガラス裏を拭きたかっただけだったんですけどね。

スキャナユニットが付いたままの状態でも、裏側からネジ5本を抜けばもしかしたらガラス面だけ抜けるんじゃないかと思ったのですが、ヒンジ近くはドライバーが長すぎてうまくいかない。
だるまを探したけれど見つからない。(この場合工具を買ってくるなりすればいいのに)

手元にある短めのドライバーを斜めに入れてはずしていたら、プリンターユニット部にネジが落下。
逆さまにすればでてくるだろうと思ったらカラカラネジが移動する音が聞こえるだけで出てこない。

とりあえずガラス裏を拭いてからネジを探そうと思って、ツメを外すと簡単に取れたのでガラス面を拭く。
そこできちんと組み立ててから、例の落下したネジを捜索すれば良かったのですが、スキャナ部を開けたまま、逆さまにしてネジを出そうとしたらスキャナのレールが脱落。

なんとか、組み直しましたけどね。でも例のネジがみつからないので電源は投入していません。

スキャナユニットを分離して作業していれば、あるいは、ヒンジ部分のネジを先に外していれば、ネジの脱落には至らなかったのかもしれません。
しかし、ケーブルに負荷がかかる事にかわりなかったでしょうね。

そういったリスクを回避するには、やっぱりバラバラにしてケーブルを抜いてスキャナユニットを分離し、それからネジを外すという手順が必要なのでしょう。

EPSON プリンター インクジェット複合機 カラリオ EP-708A
エプソン (2016-01-28)
売り上げランキング: 300

必要なものなので買いました。

画像補正作業に時間がかかったのは、こだわりもありましたがスキャナのガラス裏の汚れが画像にでてしまっていたのを直していたからでもありましたから、これで楽になるといいのですが。

カラリオプリンター | 製品情報 | エプソンによると、今買うと2000円キャッシュバックされるようです。(キャンペーン対象購入期間 2016年1月28日(木)~3月27日(日))

必要なもの、領収書、保証書のコピー…。届いたらこの複合機でコピーをとればいいのか…。

正規表現でgrepして置換

Google Search Console

Google Search Console。

見つかりませんでしたが、5,060件。

詳細を見てみると…。先日修正した箇所とは別なエラーが…。
どうやらお絵かき掲示板の過去ログに続きを描くリンク、描画アニメを再生するリンクが残っていて過去ログなのでリンクをたどっても何も無くサーバーエラーになっているようです。

秀丸エディタ

「★Continue」のリンクとタグを除去する事にしました。
<FONT color=#333399
size=1><A
href="?fc=continue&amp;log=213"><SPAN
style="FONT-SIZE: 10pt">★Continue</SPAN></A><BR><BR></FONT>

除去するタグ。「213」の部分には任意の数字が入ります。
<FONT color=#333399\n.*size=1><A\n.*href="\?fc=continue&amp;log=.+"><SPAN\n.*style="FONT-SIZE: 10pt">★Continue</SPAN></A><BR><BR></FONT>

正規表現。

\nで改行。半角スペースを.*に。
正規表現の書き方がわからなくて検索ヒットせず数時間試行錯誤。しかし、それでも正規表現でgrepして置換したほうが作業が早く終わるのでした。1件1件手作業で修正すると…体力が持たないかもしれません。

1998年から蓄積した過去ログが吐き出すエラーの修正

Google Search Console クロールエラー

Google Search Console。
リンクを辿ったら6554件見つからなかったというレポート。

さくらのレンタルサーバ コントロールパネル エラーログ

さくらのレンタルサーバ、コントロールパネル、エラーログ。

ぎゃー。1998年9月18日からの掲示板の過去ログを残してきた訳ですが…。
ブラウザの名前を付けて保存を使ってHTML化しただけなので、掲示板の新規投稿や返信のリンクが残ったまま。
すでに過去ログなので、新規投稿や返信のリンクをクリックしても、ファイルが無い事を示すエラー404になります。

文字列が完全に一致しないので、秀丸のgrepして置換を使っても修正できないのでは?と思いましたが正規表現を使えば処理できるらしい。

ググって覚えたばかりのにわか仕込の正規表現。
\[<a href=".*">返信</a>\]

正規表現で過去ログをgrep 秀丸エディタ

まずはgrep。[返信]の部分に入っているリンクの文字列は何でもいいという条件で検索。

正規表現でgrepして置換 秀丸エディタ

正規表現でgrepして置換。すでに掲示板ではなく過去ログなので[返信]を消します。

grepして置換 完了 秀丸エディタ
95 個のファイルを検索しました。
51 個のファイルを全て置換して、上書き保存しました。
4370 個の置換を行ないました。
たったこれだけの作業で、4370件のリンク切れが修正されました。
他の箇所も正規表現を使って修正中。
正規表現は難しくて理解できないものだと思っていましたが何とかなるものですね。

@homepageのカウンターを使い続けたい

@homeage終了にともないこれまで使っていたカウンターも使えなくなるので、@homepageのカウンター画像を切り出し、その画像を使ってカウンターを設置しました。

01234567

管理画面で、カウント数を変更し、0-7を表示させ保存。

89

8-9の数字を表示させ保存。これ、890じゃなくて、89で良かったんじゃ…。

ピクセル数、幅128、高さ18。8桁表示なので、128/8=16。

カウンター 画像切り出し

1桁分、幅16、高さ18の新規画像を作成。
そこへ、0-8、8-9の画像ファイルを正確にペースト。
レイヤーをキーボードの矢印キーでスライドさせ、0-9のGIFファイルを作成。

そのGIF画像を使い、KENT-WEBのImage-Magickカウンターを設置。

カウンター

同じデザインのカウンターが出来上がりました。

画像管理ソフト「XnView」を使ってみた

教えて頂いた、画像管理ソフトXnViewをインストール。

画像管理ソフト XnView

エクスプローラー風のメイン画面。ツリー表示されたフォルダーはWindows3.1のファイルマネージャーのよう…。

表示→サブフォルダーの画像を表示で、サブフォルダーの画像も表示。

ホームページにアップロードしているフォルダの中のサブフォルダーのサブフォルダーもすべて表示。
1998年にホームページを開設した頃は、ものすごくたくさん絵があると紹介されていたものでしたが…。
たったのこれだけだったのか…と一目瞭然。

画像管理ソフト XnView

右クリックメニュー。

Windows7のエクスプローラーやWindows Live フォトギャラリーで付けたタグで分類できないのが残念でしたが、タグをテキスト入力して検索する事はできるようです。

XnViewでIPTCデータのキーワードの項目に入力したテキストはエクスプローラーでタグとして認識されるようです。

ウェブページ作成機能…。
イラストギャラリーを作るには、ペイントソフトを起動して、画像を縮小してサムネイルを作り、HTMLエディターを起動して画像にリンクを貼って…という作業が一瞬で。テンプレート自作可能。

画像管理ソフト XnView

ビューウィンドウ。

クイックスライドショーを使えば自動的に次の画像を表示してくれるので、大量にある画像をチェックする時便利。
スライドショーは画像を展示する時に使うものだと思っていましたが、表示間隔を自由に設定できるので次の画像をすぐに表示させる事ができるんですよね。初期設定の段階でかなり表示間隔が短いのでそのままの状態で使ってますが…。

リサイズ他、画像加工機能あり。
保存アイコンが「別名で保存」になっている等、元の画像に上書きしないように細かな配慮。

XnView Software · XnView

最新版を入手したかったので本家からダウンロードしました。