さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

最高気温9°ジオラインL.W. 2枚重ねに失敗する

最高気温9°、PEARL IZUMI 5℃のウィンドブレークジャケットの下に、ジオラインL.W.ハイネックシャツ、さらにその下にジオラインL.W.のラウンドネックシャツを着て和田峠へ。

夕やけ小やけふれあいの里

登坂開始地点手前の夕やけ小やけふれあいの里。

夕やけ小やけふれあいの里

2枚重ねしていたジオラインL.W.のシャツを1枚脱ぎました。
思っていたより面倒でした。アンダーなのでアウターも脱がなければなりません。

陣馬高原下バス停 和田峠

和田峠を登坂。
ジオラインL.W.1枚でも暑くなってウィンドブレークジャケットのジッパーを下げました。

2枚着たままだったら山頂で汗びっしょり、下山のダウンヒルで体冷えまくりになるところでした。
また、バックポケットにいれたジオラインL.W.シャツがかさばって背中を圧迫。

ウィンドブレーク素材のジャケットの上からウィンドブレーカーを着てもあまり意味が無いような気もしますが、変化する気温に対応するには上にプラス1枚のほうがいいんでしょうね。

和田峠 路面 和田峠 路面

数日前の写真ですが路面状況。
裏は凍っていましたが表は部分的な凍結で問題なく登坂できました。

和田峠凍結

BASSO Viperで和田峠に行って来ました。

和田峠TTスタート地点陣馬亭の柱あと 和田峠

和田峠。

タイム25分28秒

和田峠に行く頻度をあげているのに25分28秒でした。

和田峠表 東京都側

頂上から裏和田方面を見てみると…。

和田峠裏 神奈川県側 和田峠裏 神奈川県側

積雪のため通行止。
除雪した東京都、除雪しなかった神奈川県…。

和田峠裏 神奈川県側 和田峠裏 神奈川県側

頂上県境のゲート。
雪解け水が凍って氷に…。

和田峠表凍結箇所 和田峠表凍結箇所

表の凍結は一箇所だけでした。

ウィンドストッパー インシュレーテッド サイクルグローブ

ウィンドストッパーインシュレーテッドサイクルグローブをしていれば、登坂時にはジオラインL.W.インナーグローブはいらないだろうと思いバックポケットにしまいこみましたが指が冷えてダメでした。
かといってTT中に止まる訳にもいかずそのまま。

上、PEARL IZUMI ウィンドブレークジャケットにジオラインL.W.ハイネックシャツ

薄手のL.W.、中厚手のM.W.、厚手のEXP.みなそろえていますが、ロードバイクで使うならL.W.。

モンベル | オンラインショップ | ZEO-LINE® ジオライン®

速乾性の比較はL.W.、保温性はM.W.、EXP.でという…。

M.W.にはL.W.のような速乾性は無いんでしょうね。それに、登坂のような心拍数のあがる運動時に使用すると保温力が高すぎて汗まみれになり、ダウンヒルの時に汗冷えで凍える事に。

EXP.のシャツは暑すぎてどうにもならず衣装ケースにしまったままです。

下、PEARL IZUMI ウィンドブレークタイツ。3Dネオプラスパッドのウィンドブレークレーサータイツも買いましたが、50km程度の走行なら3Dネオパッドでもまったく問題なく。

3日ぶりの和田峠

BASSO Viperで3日ぶりの和田峠。RNC7を厳冬期に使うと融雪剤で錆びてしまうので。

BASSO Viperは、RDを取り外してメンテを繰り返したのがまずかったのか、フレーム一体式のハンガーのネジ山がおかしくなっています。
オートバイ用のネジ穴修復パーツを流用できるようなのですがパーツの入手方法が…。

なんとかRDが動いているものの、ダメになったらRNC3か?
そんな状態なのでViperは錆びても別にいいのかな?と。

陣馬高原下バス停前 陣馬亭の柱 陣馬高原下バス停前 陣馬亭の柱

和田峠TT開始地点、陣馬亭の柱…の筈が雪で倒壊。
しかしここを起点に計測してきたので柱あとからスタート。

和田峠頂上 和田峠頂上

和田峠頂上。

和田峠TT 25分13秒

25分13秒_□○_。

楽してタイムを短縮する事なんてできる訳が…。
なんとなく登っても23分だった頃まで何とか戻したいですね。まずは和田峠に通う回数を増やしましょうか。

話は変わりますが、昨年は鵞足炎が頻発し…。
100km以上走らないと症状がでないので、改善に向かっているのかどうかの判断が難しいのですが。

つま先が開くようにクリートをセット

クリートの位置を後ろに下げ、つま先がほんの少し開くようにクリートをセット。
バイシクルライディングブック DVD BOOK p036

X脚は内側に、O脚は外側にセットすると、膝のストレスを低減できる
チャリダーの竹谷賢二氏もクリートの傾きについて言及している事を確認。
クリートの前後位置についても言及があり、体への負担を考えるとやや後ろのほうが良いと。

膝が時々トップチューブにあたるんですよね。
つま先を閉じてスクワットすると膝が内側に入り、つま先を開いてスクワットすると外側へ。

内側にも外側にも動かない綺麗な上下運動になれば鵞足炎になりにくくなる筈なので、つま先がほんの少し開くようにクリートをセットして様子見です。

帰路 川原宿から高尾方面

帰路。川原宿交差点から高尾方面。

和田峠TT

BASSO Viperで和田峠に行って来ました。
元旦は和田峠TTと決めていた筈が、ブログを読み返してみると、2014年1月1日には登っているものの2015年、2016年は登っていませんでした。

陣馬高原下バス停

アップダウンのある道を越え登坂開始地点、陣馬高原下バス停。
登坂前のアップになってちょうどいいんですよね。

和田峠 23分38秒

ゼーハー言いながら登坂。23分38秒。
平凡なタイムとはいえ、ここ一ヶ月間の登坂能力の落ちっぷりを考えるとかなりの回復。

和田峠TTのような呼吸循環器系に負荷のかかる登坂を繰り返せば、なんとか夏頃にはあった脚力まで戻せそうな…。
しかし、山武者には速い人が多いので、夏頃の脚力よりもうちょっと上じゃないと、自分が企画する時は問題が。

分岐のある山道の先頭を走っていると、分岐がありますから~と言っても後続の人達が追い越して行く。
これだと道案内にならないんですよね_□○_

体重を落とすほうが効果的だからクロモリでいいと言って来たのに体重は増えつづけ…。
機材が1.5kg軽かったら登坂に有利なんだろうなと思い始め。

しかし、それは体を鍛える事とは関係ないし、機材を所有する満足感を得ようにも資金が無ければどうにもならない。そうまでして機材を揃えたいとも思わない、細いパイプのクロモリの見た目が好き…。

軽さに魅力を感じるものの、カーボンバイクに手を出す事はなさそうです。
アルミもクロスバイクで懲りたので…。アルミのストレートフォークでは手がしびれてどうにもなりません_□○_
だったらベントフォークのアルミバイクを買えば?という話ですが。

ともあれ、ライダーの心肺能力が落ちまくっていたら何に乗ってもダメです。
レースに出る訳でもないのに鍛える必要があるのかという話ですが、これからもグループライドを楽しみたいので、ちまちま鍛えていこうと思っています。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 2時間12分07秒
走行距離 40.51km
平均速度 18.4km/h
積算距離 48409km

和田峠

和田峠頂上まで自宅から20kmというめぐまれた環境にありながらしばらくご無沙汰していた和田峠に行って来ました。

和田峠へ向かう道

もうすぐ峠の麓というあたりから急激に気温が下がり路面の脇には霜。

陣馬高原下バス停 陣馬高原下バス停

登坂開始地点、陣馬高原下バス停。

路肩の葉っぱが凍って…。

和田峠

和田峠頂上、タイム25分49秒。ここ一ヶ月で落ちた体力がすさまじ過ぎる…。
そんなに大変な思いをしなくても、22分台だった筈。

しかも対向車を避けるためだったとはいえ、一瞬足付き_□○_

しかし収穫も。

たしかペダリングで力を入れるのは1時から3時までであとは力を抜くんだったよなぁ…とペダリングの仕方を思い出しながらここしばらく乗っていましたが、アップストロークの重要性をすっかりわすれていて。

バイシクルライディングブック DVD BOOKp42-43。ペダルを踏むと反対側のペダルが上にあがって来るのでそれにあわせて脚を上げ、踏み込む力にブレーキをかけないようにする。

なんだ引き脚かと言われておしまいのようなそうではないような。
ビンディングシューズでぐっとペダルを引き上げるのではなくて、そっと持ち上げるだけ。

乗っていないと読んで覚えた筈の事も忘れてしまうという…。

和田峠

表を登って表を下る。

ウィンドストッパーインシュレーテッドサイクルグローブ ジオラインL.W.インナーグローブ

ウィンドストッパーインシュレーテッドサイクルグローブ+ジオラインL.W.インナーグローブ

この装備でも頂上からのダウンヒルでは役不足でした。頂上の気温約2℃。

PEARL IZUMI 5℃

上下ともPEARL IZUMIの5℃。

アンダー、mont-bell ジオラインL.W.ハイネックシャツ

最高気温10℃でしたが、5℃装備でも寒かった…。
暑くなりすぎて汗冷えをおこして凍えるよりよほどましなので、少し寒いぐらいでちょうどいいんですけどね。

BASSO Viper ポジション調整

100km走っていないのに膝裏が痛くなったのでサドルを下げました。

BASSO Viper ポジション調整

BASSO Viper。
サドルを1mm下げ、シートクランプ部からサドルレールまで137mm。
サドル-ハンドル間距離475mm。
8月にサドルを高くしたのを元に戻しただけだったり…。

RNC7もサドルを下げシートクランプ部からサドルレールまで96mm。
サドル-ハンドル間距離487mm。

2台とも、BB中心からサドルまで67.0㎝
股下77㎝X0.87=66.99㎝なので、サドル係数によって算出されるサドル高と同じ。

BIKEFIT クリートウェッジ

カント角を補正するBIKEFIT クリートウェッジとサドル高調整で腸脛靭帯炎はおさまりましたが、サドルを高くしても膝の内側が痛くなる鵞足炎はおさまらず。

膝が内側に入るペダリングをしていると鵞足炎になるようなので、つま先が開くようにクリートをセットしたところ、まだ検証不十分ですが、とりあえず先週、今週と膝痛出ず。

ただ、若干問題が…。

踵がクランクアームに接触しやすくなるんですよね。

そして、ベダルの軸が拇指球と小指球の間に来るようにセットしたくてもすでにクリートの位置は一番後ろ。
という事はシューズのサイズが大きすぎるという事に…。
なんだかもういまさらなんですけどね。

もしかすると、つま先が開くようにセットした事より、クリートを後ろに引いた事のほうが効いたのかもしれないので、ほぼ平行に戻しクリートを一番後ろでまた試してみようと思っています。

一番後ろといってもシューズが大きめだからなんですけどね。

ランナー膝 別名:腸脛靱帯炎 | ザムスト(ZAMST)

ストレッチはこのあたりを参考に。
腸脛靭帯炎の予防にはなっていると思いますが、鵞足炎は…。

やなみ峠 土山峠 宮ヶ瀬湖 半原越 根小屋の激坂

チーム山武者のお散歩納めに参加してきました。自転車散歩なのでポタリング…。
いや、強度をがんがんあげて走っていた人達もいて疲れがすごかったという。
これ、ポタリングの範囲を超えてますね。

途中スタバのコーヒー休憩があったりと、確かに休憩時間は長かったのでポタ…。
しかし、平坦時速35km/hでポタかというと…。
速い人達のあつまりのお散歩ですからね。

やなみ峠

やなみ峠。

はじめて登りました。距離は1kmと短いものの和田峠に近い勾配。

土山峠

宮ヶ瀬湖、土山峠。

宮ヶ瀬湖

宮ヶ瀬湖で昼食。

半原越登坂中

半原越登坂中。
しらばく自転車に乗っていなかったので、山武者ライドではそうでなくても最後尾なのにさらにきつい。

先頭集団は先頭集団で高強度で追い込んで…。
すごいお散歩だ((((;゚Д゚))))

半原越

半原越。

このあと馬渡大坂を下ったところで離脱し帰路。

三増合戦みち

三増合戦みち。

根小屋の激坂

三増峠を越えて根小屋の激坂。

以前なら最後の急勾配の手前までシッティングで登坂できていたのに、ほとんどダンシングになってしまいました。
登りきったあと酸素負債で息切れ_□○_

寒いからとか、他にやることがあるからと、一週間前にやっとロードバイクに復帰したのにあれから乗っていなかったのですが、こうした企画のおかげでまた乗る事ができました。
ありがたい事です。

登りが遅いだけでなく、バーストパンクで下りで怪我をして以来、下りも遅くなっているのでお待たせする事になってしまって。
下りで速度を抑制するのは安全のため仕方がないとして、登坂速度はなんとか以前の水準まで戻したいです。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 4時間4分11秒
走行距離 94.21km
平均速度 20.1km/h
積算距離 48327km

最高気温13℃ロードバイク冬装備

12月18日の白石峠、天目指峠の時に選んだウェア。

シマノ パフォーマンスウインドブレークジャージ

シマノ パフォーマンス ウインドブレーク ジャージ

持っているのは2013年モデルと2014年モデルなので2016年モデルとバックスタイルなどに違いがありますが…。

気温15℃ならPEARL IZUMIの通気性のある15℃の長袖ジャージ、それだとちょっと寒いかな?という時にはSHIMANOのこれを使います。
防風パネルの部分的な配置と背面のメッシュ素材のおかげで蒸れなくていいんです。
ただ、これだけだと少し寒い時もあるので、最高気温が10℃を下回るようなら、PEARL IZUMI 3500BL ウィンドブレークジャケットを使うようにしています。

最近のPEARL IZUMIのジャケットは背面にエアベンチレーションがあるので以前の製品より蒸れにくくなっています。
しかし、18日にパールのジャケットを来ていた方は思っていたより暑かったようです。
やはり最高気温10℃以下の時に使ったほうがいいようです。

アンダーは、ジオライン L.W. ハイネックシャツ

ロードバイクなんだからロード用のアンダーのほうがいいのでは?という論争になる事が多いのですが…。
ジオラインもL.W.なら使えるらしいという認識がようやく定着して来たようです。
M.W.だと暑くなりすぎて大量に汗をかいてしまいかえって体が冷えてしまうので、ロードで使うならL.W.。
L.W.では寒いからM.W.ではなく、寒かったらジャケットで防寒したほうが問題が起きにくい。

ちなみに、ハイネックのほうがジッパーを下げられるというだけで、ラウンドネックでも十分使えます。

バーミッツ(BARMITTS) ドロップバー用ハンドルカバー

くまさんのロードバイクに装着されたハンドルカバーバーミッツ(BARMITTS)

最高気温13℃だったのでややオーバースペックだったようですが。
見た目がどうのではなく下ハンが使えなくなるので、下りの時のブレーキ操作の事を考えると…。

mont-bell ウィンドストッパーインシュレーテッド サイクルグローブ

この日私が使ったのは、mont-bell ウィンドストッパーインシュレーテッド サイクルグローブ

指先に化繊中綿シンサレートが封入されているモデルです。

ウィンドストッパーサイクルグローブ

冬用のグローブをいったいいくつ持ってるんだという感じですが…。
気温にあわせて使い分けます。

ジオラインL.W.インナーグローブ

ジオライン L.W. インナーグローブ

このインナーグローブ、すぐ破れてしまうのですが、破れても実用上全く問題ないんですよね。
昨年まで使っていたものがどこかに行ってしまったので、仕方なく買い置きしていた新品を…。
気温が上がってきたら外してバックポケットへ。

PEARL IZUMI ウィンドブレークタイツ

PEARL IZUMI 60003D ウィンドブレークタイツ

脚の体温は運動してもあまり上がらないので最高気温13℃でもウィンドブレークタイツ。
冷えによる膝故障のほうがむしろ問題。

ロングライドでもお尻が痛くならない3Dネオプラスパッドの65003DNP ウィンドブレークレーサータイツを使うつもりだったのに、間違えて3Dネオパッドのウィンドブレークタイツを履いてでかけてしまい…。

3Dネオパッドでも今回は問題なかったので、あれ?高いのを買わなくても良かったのかな?と。

フェイスマスク代わりのネックウォーマーはダイソーの108円。

白石峠 刈場坂峠 天目指峠 ターニップ

チーム山武者のメンバーで白石峠、刈場坂峠、天目指峠に行って来ました。
一ヶ月ロードバイクにまったく乗っていなかったため厳しいライドになりましたが、メンバーの方々に助けてもらい何とか完走する事ができました。

第一の難関。白石峠に辿り着けるか。
平坦基調ながらそれなりに距離が。町田から埼玉なので。

そんな状態でしたが、Wさんが遅い私にあわせて牽いてくれたおかげで何とか白石峠の麓に到着。

白石峠 白石峠

白石峠登坂開始。

白石峠登坂中

白石峠登坂中。

白石でインナーロー_□○_

白石峠頂上 白石峠頂上

白石峠頂上。ものすごくお待たせしてしまった…筈なのですがそんなに待ってないと。
10分差ぐらいだったのでしょうか?

刈場坂峠

刈場坂峠。

峠といっても白石峠から刈場坂峠まではほぼ平坦。

問題はここから…。

刈場坂峠から299に下り、天目指峠を越える。

標高差も距離もたいしてないでしょ?と言われましたが、体力的にもう限界…。そして空腹。
天目指峠を越えて、2時までにターニップに辿り着く事ができればランチを注文できる。
でも2時を超えてしまったら…。

天目指峠で初の足付き。しかも何回も。
空腹と疲労で意識が遠のき力が入らない。
押し歩きだけは避け、止まって数秒休みまたペダルを回す。

そうこうしているうちに頂上に到着。
しかし、頂上で談笑している余裕はなく。

ここを下ればターニップまですぐなのに2時を超えそうです。
コンビニが無い地域なので、ターニップのランチを逃してしまったら、さらに先まで行かないと…。

焼きカレー 鶏肉の香草焼き

2時過ぎにターニップ着。なんとランチタイムを過ぎているのにランチの注文を受け付けてくれました。
焼きカレーと鶏肉の香草焼きで補給~。
助かりました。

それでも血糖値が上がらないのでコーヒーに入れるためのザラメの砂糖を。
しかし、大量の糖分を摂取するとインスリンショックでさらに低血糖になる可能性。
難しいですね…。

ターニップのバイクラック

ターニップのバイクラック。

ここから先が…。小沢峠は短いからいいとして、軍畑の急坂を越えて梅ヶ谷峠。

体は冷えたまま。登坂中は体温があがって暑くなる筈なのに寒気が…。
ウェアがどうのではなくて、体調がおかしかったんでしょうね。

なんとか完走して帰宅。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 7時間9分22秒
走行距離 136.73km
平均速度 19.1km/h
積算距離 48233km

夜練

18日に白石峠…。それまでに乗っておけば回復するだろうと思っていたらあっというまに15日。
城山湖に登ってみたところ息切れが激しくて、白石峠までたどり着く事すらできそうに無かったのでキャンセルしようと思いました。

すると、くまさんから「厳しいライドになりそうですね 応援してまーす」とコメント。
うぁぁ、こんな状態なのにそれでも誘う気だ((((;゚Д゚))))

夜練

あわてて近所の坂で夜練。

ほんの数十分しか乗っていないのに息があがり。
と、いう事は、たったこれだけ?と思う距離であっても乗り続けていればここまで体力が落ちる事はなかったのかも。

しかしまぁ…ロングライドの3日前になってじたばたしても一ヶ月乗っていなかったつけは…。